台湾って何語が話されているの?

表題にあるように、台湾では何語が話されているか?について政治的な要素を極力避けて説明しようと思います。

一番多く話されているのが、いわゆる「中国語」
とは言ってもこの「中国語」も台湾では「台湾華語」と言われたり「国語」「中文」とも言われており、様々な名称が存在しております。
日本でも「北京語」と言ったりしますよね。様々な名称があるため、こんがらがりそうですが、「中国語」のことであり、こちらが第一公用語となっており、殆どの台湾人が話すことができます。

https://twitter.com/asianews_ch2/status/1478915833955254274

次に多く話されているのが「台湾語」となります。ただ、こちらも「閩南語」とか「ホーロー語(福佬語/河洛語)」、「台湾福建語」とも言われており、様々な名称が存在しております。台湾外交部の公式文書では「ホーロー語」となっていますが、覚えにくいので「台湾語」で良いと思います。なぜなら日本統治時代も「台湾語」と呼ばれていたからです。
人口の75%が話せると言われております。

次に多く話されるのが「客家語」となります。人口の10~15%ほどが話せると言われております。苗栗県の一部の地域などは客家語話者が多いと言われております。

あとは原住民が話す言葉が多数ありますが、それぞれの言葉を話せる割合は1%にも満たないと言われております。また日本統治時代には、異なる原住民が会話をする際には日本語が共通言語となっていたと言われております。

台湾で「先住民」は既に滅んだ民族という意味になるので現地の呼び方を使用

歴史的な観点から述べると、台湾語は日本統治以前から話されていた土着の言葉であり、いわゆる中国語は戦後中華民国が台湾を統治し始めてから使われた比較的新しい言葉となります。しかしながら、政府が第一公用語として定め、且つ台湾語などの土着の言語を禁止したために、台湾語を話せる若者が徐々に減ってきているという状況もあります。これには色々と言いたい事はあるのですが、冒頭で述べたように政治的な要素は入れないようにするため、これ以上は述べません。気になる方は「台湾語 禁止」というキーワードで検索してみてください。

以上のような状況であるが故に、台湾人は中国語と台湾語のバイリンガルが当たり前であり、中には台中日/台中英のトリリンガル(3か国語可)、台中日英のマルチリンガル(多言語可)も数多くいます。
日本人には想像しがたいことなのかもしれませんが、「台湾で話されている言葉は?」という質問に対して、シンプルに「中国語」と回答できない状況なのが台湾という国なのであります。

ただ、傾向として、北部、特に台北市や新北市では中国語を使う人が多く、コミュニケーションも中国語がメインで使われますが、台南や高雄においては、台湾語での会話が多いです。中国語も台湾語も分からない、という人であっても、北部と南部の言葉が違うということをいしきすれば、その違いや雰囲気が分かるかもしれません。

質問やご指摘があれば、コメント欄とかTwitterで書き込みしてくださいね

2022年1月6日 編集(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です