中国って意外に快適!?在中邦人の信じられない発言

中国からでもVPN使えばいくらでも
海外の情報に触れることができる

TwitterなどのSNSをやっていると、様々な考え方を知ることができるが、最近見かけた中国在住の日本人のアカウントで見かけた言葉が上記である。

確かに、そうだ。日本から中国へ進出している飲食店やサービスなどもあり、政治や宗教の話をしなければ、公安に目を付けられることもないだろうし、不利益な事も少ないであろう。場合によっては快適に感じる事もあるだろう。日本の情報やネットのサービスだって時々不通になることはあっても、ネットにつなげさえすれば触れることは可能だ。

しかし、米国発のFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、Google検索、一部日本のサービスなど、「自由」を掲げるサービスに関しては”常時”アクセスができないのが中国。しかし世の中には便利なものがある

VPN

と言われる秘密道具のような方法が存在している。技術的なことは省略させていただくが、中国政府はインターネットの情報網を壁のように取り囲み、中国人民が海外にある情報にアクセスできないようにしている。その壁を超える道具(ドラえもんの「通り抜けフープ」みたいなもの)がVPNと言われるもので、無料のものから有料なものまで様々なサービスが存在している。在中邦人の中ではこのサービスは必須であり、これがないとGmailが開けない、LINEでやり取りができない、YouTubeで動画を視聴できない、Twitterで呟けない、など情報の浦島太郎状態になるのである。しかしVPNさえあれば、中国にいても自宅に引きこもりネットサーフィンやSNSでのやり取りが普通に行えるのである。


だが、待ってほしい!

ここで冒頭に戻るが、”VPNを使えば”という条件がなぜあるのか?という点が今回取り上げた理由だし、これこそが中国が危険であるという証であることを伝えたく、記事にしてみた。

そもそも言論の自由の中で生まれ育ってきた我々にはなかなか理解しにくい部分もあるかもしれないが、なぜ中国政府がそこまでして外国の情報に触れさせまいとしているかを考えたことがあるであろうか?恐らく、保守と言われる人たちであれば、「海外の情報に触れると共産党が今まで中国人民に伝えてきたものは殆どが嘘だった」と気が付き、共産党体制を脅かす可能性があるからだ、とすぐに答えられるであろう。ただ世の中には、中国ではGmailやSNSが使えないということを知っていても「なぜ使えないか?」という部分を軽く見ている人が多いようだ。しかし、これからの情報化社会、この「なぜ?」と考える事が大切になってくる。

偉そうな事を言って申し訳ない。しかし近年中共などからの情報戦が日本人に対しても仕掛けられており、その仕掛けにまんまとハマってしまう日本人を多数見てきているので、何とかしたいと思い、居ても立っても居られず筆を執った次第だ。

冒頭の「VPN使えば海外の情報にも自由にアクセスできる」という事象から、中国共産党が情報統制を行なっている。そして情報統制は国民のためではなく、共産党体制維持のためである。そして最終的には「言論の自由」のありがたさを再認識できるはずだ。

ちなみに、某大手企業では「5回の『なぜ』を自問自答する」ということが求められるが、政治の世界・日常生活においても「なぜ」を考える事は大切だと思うし、今回取り上げた「VPN」に関しても「なぜVPNを使わなければ海外の情報やサービスにアクセスできないのか」を考えられるように習慣づけなければならない。(という自分も時々人様の言う事を鵜呑みにしてしまうのですが・・・・)

また「なぜ」を考える癖をつければ、情報戦においてもデマやフェイクニュースに騙されにくくなるという利点もある。


なお、日本でも大手メディアの自社の社員が不祥事を起こした際に「報道しない自由」を発動して、情報を隠蔽しようとするが、でもそれを暴こうとするメディアも存在している。しかし中国にはそれが一切なく、共産党に都合が悪い事はすべて統制しているのである。

ただ、例外はある。それは共産党の内部闘争でライバルを蹴落とすために、相手側の不利になるような情報をリークする場合と、情報が民衆に知れ渡り、隠しようが無くなった時だ。

2022年1月16日 編集(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。