ダイソー?ユニクロ?中国のパクリ企業が日本進出するも撤退?!

ネットで噂になったダイソーのような商品ラインナップで、お店のロゴと雰囲気がユニクロのような雑貨屋「メイソウ MINISO」という店舗が中国や東南アジアで人気を呼んでいると言われておりますが、その店舗を先日私用で東京の高田馬場へ寄った際に見かけました。

これが噂の「メイソウ MINISO」

残念ながら?!2021年末で営業を終了してしまったようです。

中国企業でありながら、日本語を使って日本企業のように見せかけるマーケティングは「ずるがしこい」とも思いますが、日本にも「欧米風の雰囲気を出して商売するブランド」もあるわけで、感情的にはあまり良い気はしないけど、だからと言って批判する程のものではないのかなぁと思います。それを言ってしまったら、昭和時代に日本企業も欧米製品を真似た商品を出しておりましたし。

この「メイソウ MINISO」という店舗ですが、Webサイトを見ると高田馬場以外にも日本全国多くの場所に出店しておりましたが、すべて2021年末を以って閉店している事がわかりました。オフィス自体は東京銀座に登記しており、解散はしていないとは思うのですが、Webサイトには閉店のお知らせもないことから、以下のようなことを狙っているのでは?と推測しています。

日本で実際に店舗を運営し、Webサイトに載せることにより、既成事実として中国や東南アジアの消費者に対して「本当に日本のブランドなの?」という疑問に対してWebサイトを見る事により「日本から来た」「日本でも大人気」というイメージを植え付ける事ができる。

賢い消費者は、更に、Googleマップの情報や口コミを見て、現状どうなっているかを確かめ、日本での知名度は無い、既に閉業していると分かると思うが、そこまで調べる消費者はそれほど多くないので、このような既成事実とWebサイトを用意するだけで自社ブランドのイメージアップができると考えて、今なおWebサイトが更新されていないと推測します。

※メイソウさんのWebサイトが更新されていたらコメント欄で教えてください。

2022年1月17日 編集(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。