ファイザーCEO:数か月内には世界は正常に戻る可能性


2020年初頭から武漢肺炎が世界に広がって以来、世界経済は大きく打撃を受け、個人の生活にも多くな影響をもたらしたが、いつ以前のような生活に戻ることができるのだろうか?ファイザー社CEOのアルバート・ブーラしはイスラエルのテレビ局(Times of Israel)のインタビューを受けた際に、世界は数か月以内に正常な状態に戻る可能性があると予測した。

ファイザーのブーラCEOは、ウイルスを根絶はできず、人類と長年共存しており、オミクロンなどの変異株ウイルスは継続して存在する。だが、感染拡大を抑えられれば、世界は将来数か月以内に正常な生活に戻ることができるだろう、と強調した。

現在世界で蔓延しているオミクロン変異株の予防対策に対して、ブーラCEOは、ファイザーは現在オミクロンのワクチンを研究開発していると述べ、但し「このようなウイルスは新たな変異種を生み出す趨勢」があり、将来更に多くの変異株が出現すると予測されるが、ワクチンを接種することで入院する確率を提言できると述べた。

彼はまた、今後1年に1回ワクチンを接種さえすれば、民衆へのワクチン接種の促進が容易になり、民衆を接種時期を容易に覚えられ、公衆衛生の観点から見ると、これは理想的な方法だと述べた。

2022年1月25日 編集・翻訳(八度妖)

Web管理者の感想

今日本では反ワクチン運動や「コロナはただの風邪」というような主張がだんだん強くなっているような感じがしています。これが良いか悪いかはここでは議論するつもりはありません。また、ワクチン接種を妨害する、ワクチン接種を強要するなどのように、他の人に迷惑をかけない範囲であれば、どんな主張をするのも「言論の自由」で認められているので、目くじらを立てる事ではないと思います。

反ワクチン・コロナはただの風邪と主張する人も、武漢肺炎ウイルスを警戒する人も目指しているのは「以前のような生活に戻る事」であり、同じゴール地点であることは変わらないと思います。

さて、今回なぜこのようなセンシティブな話題を取り上げたかというと、「以前のような生活に戻る」という共通のゴールが見えるような発言が、衛生・健康について影響力がある人物から発せられ、しかも防疫優等生と言われる台湾からニュースとして取り上げられたからです。

科学的な根拠という部分については、私は専門家ではないので、皆様自身で調べていただければと思いますが、22年1月18日に前衛生福利部長(厚労相に相当)の林奏延氏も「楽観的に見れば、今夏には誰もが(自由に)出国できる」と述べたことより、このような希望が出されるのは、少しは苦しんでいる人たちの活力になると思います。

やはり、先が見えない不安よりも、可能性が少しでもあるのであれば、このようなニュースは明るいニュースかと思います。(ワクチンを普及させるのが目的だ、とかいう話はするつもりはありません)
(もちろん、楽観的な予測ですので、これをそのまま信じるのは良くないですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。