長期間放置された車、電話1本で「要らん」

台湾新北市中和区に長期間に渡り放置されてきた1台の自動車がレッカー車で移動させられた。劉と名乗る男(42歳)が有する自動車なのだが、長期間路上駐車場に駐車しており、且つ駐車料金32回分を未納であるため、新北市政府は法的手段を取り、先日レッカー車で移動となった。

劉氏からの電話で、「その車はエンジンがかからず、引き取りに行くつもりもない」と述べた事より、新北政府は旧正月明けに競売にかけ、未納分の税金、駐車場代、レッカー移動費用、罰金などの補填に充てたいと述べた。もし足りない場合は劉氏の財産を差し押さえる予定である。

2022年1月27日 編集(八度妖)

Web管理者感想

放置されていた自動車は2003年製であり、更にはエンジンもかからないということなので、競売にかけても、罰金や未納分の額を補填できるかが気になる所。仮に不足が出たとしても、不足分は差し押さえをするとのことなので、お金の面では問題ないとは思うが、手続きに係る人件費(公務員ですが・・)、レッカーされるまでの間、他の市民が路上駐車場を使えなかったということを考えると、こういう所有者は迷惑でしかない。今はどうなのか不明だが、私が台湾に住んでいた頃は自動車を購入する際には、車庫証明のようなものは不要だと聞いた事がある。車庫が無いのに自動車を買えば違法な路上駐車が増えるのは目に見えている事だが、今はどうなっているのであろうか。時間があれば調べてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。