日本がウイグル人権擁護 中国は政治的挑発だと批判

旧暦元日に当たり、また北京冬季五輪開幕がカウントダウンされた時期に、日本の衆議院で1つの決議案が通過した。決議案ではウイグル族と香港などの人権に対して「深刻な懸念」を表明したが、その中では中国を非難することなく、また中国を名指しするにも至っていない。決議文では「人権侵害」の替りに「人権状況」が使われ、明らかに欧米の非難決議に劣っている。しかし、中国はこれに怒り、中国人民に対する政治的な深刻な挑発だと痛烈に日本を批判した。

衆議院が深刻な懸念を表明するも中国を名指しせず

日本経済新聞によると、当該決議案では、近年、新疆ウイグル、チベット、南モンゴル、香港とその他の地区等では、信教の自由への侵害、強制収監をはじめとする深刻な人権侵害が発生している。人権問題は、人権が普遍的価値を有し、国際社会の正当な関心事項であることから、一国の内政問題にとどまるものではない。
(中略)
深刻な人権侵害に象徴される力による現状の変更を国際社会に対する脅威と認識し、日本は世界が受け入れられる立場を獲得することをコミットしなければならない“としている

※赤文字は原文とは大きく離れた文言に翻訳された部分

(中略)
岸田総理は首相官邸で記者に対して、「普遍的な価値観や人権を大事にする政策や外交を進めたい」と述べ、「しっかり(この決議案を)受け止める」と述べた。松野博一内閣官房長官は、「人権をはじめとした普遍的価値が中国において保障されることが重要だ」と述べた。

自民党議員が決議内の自制された単語に不満

しかし、この決議文の中には中国を名指ししておらず、また中国の人権侵害を全く批判しておらず、「人権状況」という言葉を使用し、「人権侵害」という文字が見つける事ができない。与党自民党の一部の議員はこれに対し、フランスでは新疆ウイグル族が種族絶滅と直接表現したように、使用される用語が他の国家が採択した決議案の用語よりもかなり抑えられたものであると不満を露わにした。但し、その他の議員は決議案を通すことが最重要だと考えているようだ。

中国外交部スポークスマンの趙立堅氏は1日、即時反応し、日本の衆議院が事実真相を無視して悪意で中国の人権状況を誹謗中傷しており、また乱暴な内政干渉であると述べ、これは中国人民に対する政治的な深刻な挑発だとし、日本側へ厳正に申し入れたと明らかにした上で、「さらなる措置を取る権利を留保する」と述べた。

2022年2月2日 編集・翻訳(八度妖)

Web管理者感想

自由時報は民進党寄りの立場であり、読者は台湾独立を支持する人が多いのだが、この記事を読み、日本の中国に対する態度が弱いと感じると思います。しかし、対日関係も重視する民進党の政策も鑑みて、「決議案を通すことが最重要課題だ」とか、「香港等」を「その他の地区等」へと翻訳したしたこと、日本へのフォローも加えている所に配慮を感じると思った。
私個人的には、恐らく一部の自民党議員及び皆様と同じ気持ちかと思います。

弱すぎる。名指しもせず、人権侵害という言葉する使っていないことは、本当に人権を重んじているという姿勢が感じられない

と。

当該決議案を中国の新年最初の日に当たる元旦に通過させたことは、非常に重要なことだが、やはり内容が内容だけに納得がいかない。親中側には語気を弱めたから勘弁して、反中側には旧暦元日に決議した事には大きな意味があるから、内容に関しては勘弁して、とどちらからも大きな非難が起きない妥協の産物的な結果となったのは岸田政権の特色かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。