売国奴? そもそも洪秀柱 氏は台湾人じゃないしね

洪秀柱

と聞いて、中国国民党の元主席だ!とパッと頭に浮かぶ人はなかなかの台湾通かもしれない。(台湾=タピオカ、ショーロンポーを想像する人と比べると、ですが・・・)

国民党の元主席だった洪秀柱氏

国民党の元主席だった彼女の行動が今台湾で注目されている。

というのも自由と民主主義を掲げる国々が外交ボイコットで政府関係者を北京冬季五輪に派遣しないという意思表明を行なわれた中で催された2月4日の北京冬季五輪開会式に、この洪氏が参加したからだ。

中国国民党と言えば、戦後国共内戦に敗れて、蒋介石・蒋経国時代には「反攻大陸」というスローガンの下、反共産主義を打ち出す政党であったのだが、現在は第三次国共合作とも言われるくらい中国国民党と中国共産党の関係は緊密になっている。私個人的には「中共には勝てないと悟り、せめて台湾での政権奪還を狙おうと、中共合作を行なっているが、中共の傀儡政権に成り下がってしまった老いぼれ政党」というイメージしかない。

いずれにしても、多くの台湾人が反共の気持ちがあり、且ついわくつきの五輪でもあるにも関わらずノコノコと飛んで行って、開会式に参加するという神経はある意味「すごい」としか言いようがない。その開会式では

中華民族の強靭性と団結力を世界に見せつけた

とも述べた。

また、開会式翌日にはチャイナ7と言われる中国共産党中央政治局常務委員会の1人である汪洋氏と対談している。その際、汪氏は「両岸統一の歴史的大勢に如何なる勢力も阻止できない」と語った事に対して、洪氏は

中国の夢は台湾が欠ける事はあり得ない、台湾は民族復興の波に乗り遅れてはならない

と述べた後に「台湾独立反対、中国との統一促進」を目標とすると答え、共同で「両岸の平和的統一という偉業」を加速させようとしている事を述べていた。

まず説明しておきたいのだが、「中国統一」なんて台湾独立派の私からしたら「中国による台湾侵略」にしか聞こえない。しかも「平和的な」統一というととげとげしくないマイルドな表現であるので、私はなるべく使わないようにしている。

中国共産党が主張する

「中台統一」=「中国による台湾侵略」

であること、覚えていた頂きたい。

さて洪氏だが、中華民国台湾の総統にも行政院長にもなったことのない人物であるし、現在は野党の国民党所属の国会議員であるため、国際的に見て大きな影響力は無いと考えられる。
なお、名前に「柱」がついているが、某漫画・アニメに出てくる柱のように大きな力を持っている訳ではない(笑)

それに所謂「外省人」と言われる戦後中国から台湾に渡ってきた中国人の子孫であるから、彼女の事を「台湾人」と呼ぶのは誤りである。正しくは在台シナ人とでも呼ぶのが正しい。

※所謂外省人の2代目、3代目において「台湾独立」を掲げる人もいるので、ステレオタイプに「外省人=中台統一を目指す」「本省人=台湾独立を目指す」と色分けする事は出来なこと付け加えておく。

一方日本には「友愛」を掲げる変な「元首相」がいるので、日本の方が結構ヤヴァい状況なのかもしれない。


台湾独立派に関する考え方・私の考え方のおさらい

・台湾は中華民国に戦後不当に統治されている
・中華民国が台湾を統治しているのは「一般命令第一号」という命令に基づいているものであり、GHQが戦後日本を統治していたように、中華民国が台湾を統治しているだけであり、主権が中華民国へ移ったわけではない
・台湾人は中華民族や漢民族ではない
・台湾は中華圏ではなく、あくまでも中国語圏である
・台湾の言葉は中国語(台湾華語)ではなく「台湾語」である
・「台湾語」は中国語の方言ではない
・「台湾語」のことを「閩南語」と呼ぶ人がいるが、台湾語と呼ぶ方が正しいと思っている
・青天白日満地紅旗🇹🇼は台湾の「国旗」ではない
などなど

2022年2月6日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。