台湾、福島等の5県産食品の輸入を解禁へ

朗報ですね。日本語でもニュースになっておりましたが、2011年から続けられていた福島県など5県産の食品に対する輸入禁止措置が解除されることになりました。まずは台湾国営通信社 中央社の日本語版フォーカス台湾の記事を抜粋しました。

(台北中央社)行政院(内閣)の羅秉成(らへいせい)は7日夜、政府は2011年から続けてきた福島など5県産食品に対する輸入禁止措置を改める方針を示した。各省庁の具体的な施策など詳細は8日に開かれる記者会見で発表する予定。

フォーカス台湾 2022年2月7日
https://japan.focustaiwan.tw/politics/202202070009

詳しくは上のリンクをクリックしてください


フォーカス台湾は国営通信社であるため、過激なタイトルをつけてレビュー数を増やそうとすることはせず、結構手堅い記事を選んで日本語に翻訳している為、順調に解禁されると思います。

では、今回の政策変更について、中国語版では詳しく書かれていたのでもう少し踏み込んだ部分をご紹介いたします。

大きく3つの変更があるのですが、まず、現在、福島、群馬、栃木、茨城、千葉県産の食品が「特定地区からの輸入禁止」と定められているのですが、これを今回「特定製品の輸入禁止」へと改められます。そして、放射性物質検査証明書と産地証明の添付を求める事、そして最後に、5県産の食品については食品到着後にロットごとの検査を行う、ということとなります。

こう見るとかなり厳しい検査体制が敷かれるようですね。ただ、こうでもしないと、輸入解禁に反対してきた中国国民党やその支持者からは重箱の隅をつついたような本当にどうでもいいことを取り上げて政権批判したりしますし、場合によっては、中天新聞や中国時報などの中共傀儡メディアは、捏造に近いような報道をしますからね。

ちなみに、2018年に「福島県産など5県の食品輸入解禁をするべきか否か?」という国民投票が行われ、結局禁輸継続が決まったのですが、これにはからくりがあること、再度お伝えいたします。


まず、1つ目としては、先ほど述べた日台分断工作を行なおうとしている中共傀儡メディアが福島県産の食品は核汚染している、日本人すら食べないものをなぜ台湾へ輸入するんだ!みたいな、デマを国民投票前に流していた、という点が挙げられます。現在では、中共傀儡メディアには気をつけろ!という警戒感を台湾人は持っていますが、この頃はもうちょっとぬるま湯だった感があり、また「食べ物と健康」という身近な関心が高い話題であったため、このようなデマすら信じてしまったという状況がありました。

次に2つ目として、国民投票についてもトリックというか、色々と問題がありまして、まずは国民投票の投票項目を見てみましょう。

こんなに長い長文を読まなくてはならないのですが、すべての有権者がこれをしっかりと読むわけではありません。ほとんどの人が、メディアや周りの人から情報を仕入れて判断するのですが、そういう場合は殆どが簡略化された情報となります。中共傀儡メディアや国民党寄りのメディア、SNSなどでは、「核汚染食品の輸入再開に賛成か反対か?」というような形になっていたため、そうすると核汚染食品は誰だって輸入なんてしてほしくないと思う訳ではないですか。しかし実際には、投票項目を見ると福島など5県の地域からの食品輸入再開に賛成か否か?」と書かれている訳なので、国民党や中共傀儡メディアは福島の食品すべてが核汚染されている食品だ、みたいな主張を大々的に展開していた訳です。

幸いにも2021年年末に米国産豚肉の輸入禁止を問う国民投票が行われましたが、禁止は否決され、外国からの食品輸入に一定の理解が得られたということと、何といってもCPTPP加入という大きな目標があるので、11年越しにやっと輸入再開することができるようになったわけです。

これだけ言うと民進党が真っ白、国民党と中共が真っ黒という感じになるわけですが、民進党も2016年に総統選及び国会議員選挙があった際に、輸入解禁を公約に掲げなかったという部分があったという落ち度というか、説明不足があった、という点は付け加えさせていただきます。

ただ、昨年のパイナップルが中国に禁輸措置を取られて、日本に買ってほしいと、いう動きになった時に「福島の輸入を禁止しておきながらパイナップルを買ってくれとは都合が良すぎる」というような批判が出ていたことがなんだかやるせない思いでした。国民党や中国共産党が如何に妨害をしていたか、日台分断を常日頃から狙っているということを知っていれば、このような批判は出ないと思うはずです。しかも悲しい事に、「台湾は都合が良すぎる」という人は自称「愛国」、自称「保守」と言われる人に多かったのがなんというか皮肉な結果かなぁと思います。

いずれにしても結果オーライ。台湾でも一刻でも早く福島や近隣県の食品を食べたいと望む台湾人が多いようで、SNSでは喜びの声が多く見られました。早ければ今月末には店頭に並ぶとの事なので、月末頃にまた明るいニュースが流れそうですね。
ちなみに、私の経験の範囲で語ると、福島の食品と言って台湾人がすぐ頭に浮かぶものとしては「桃」などの果物が多いですね。

2022年2月8日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。