蔡英文総統 2021年旧正月前の談話全文和訳

メディアの皆様、国民の皆様、こんにちは。
明日から旧暦の春節連休が始まります。
しかし我々国家安全保障に休みはありません。
それ故に我々は年越しの前夜、国家安全会議ハイレベル会合を開き、台米関係や地域安全保障及び世界の疫病の今後の発展を含む現在展開中の国際的、地域的な情勢に対して意見交換と議論を交わしました。

国家安全保障チームは春節の時も国家を守っていきます。
国民の皆様、安心して充電し、来年も頑張れる力を蓄えておいてください。
今日の会合では4つの主要な結論を国民の皆様に報告します。

1つ目は対米関係は引き続き安定しており、米国の政権交代の影響は受けていないということです。
米国バイデン政府就任以来、対米関係は継続して安定的に発展しております。
皆様はメディアの報道を見て蕭美琴代表が就任式典に招待された事、或いはオースティン国防長官が公聴会で台湾を防衛する能力の確保を約束した事、ブリンケン国務長官の公聴会での発言は言うに及びません。
これらは台米双方の交流と協力が政権交替により変化しないことを現しています。
我々はこの期間中に何度も米軍機、米軍艦による自由航行の任務を行なっているのを見て、米国がインド太平洋地区の安全保障の現状に対して挑戦する時であるという明確な態度を見て取れます。
私は国家安全保障チームに米国新政府と国会、そして与野党、民間の各界と密接な連絡を取り続け、いつでも会話できる状態を維持するよう求めました。
情勢が変動している中、先手を取れば即座に有効な反応ができる以外にも更に各方面で米国との協力関係を深くしていくことができます。特に経済と貿易の戦略上の対話は大切です。

2つ目は台湾海峡の平和的な安定が既に両岸関係の範疇からインド太平洋地区にまで広がっており、全世界が注目するまでになっています。
我々は関連の国家と密接に連絡を取り合っています。国民の皆様、台湾の安全保障に対して自信を持ち続けてください。
過去1年余り、対岸の軍用機、軍艦が台湾周辺の海空域で頻繁に行動を起こしており、特に我が国の防空識別圏に侵入しております。
これらの行動はインド太平洋地域の平和的な安定にマイナスになっています。
地域情勢が変動している中、我々は引き続き自己防衛戦力の向上させ、様々な新たな形態の軍事行為による挑戦に対応していきます。
それと同時に我々は外国との会話と交流、協力を通じ、各国と共同でインド太平洋地区の平和と繁栄を維持する事に
最大限の努力を注いでいきます。
勿論私は重ねて表明致しますが、両岸関係に対して台湾は一貫した立場であります。
それは圧力には屈服せず、がむしゃらに進むこともしません。
疫病が有効的に抑えられた時、我々も両岸の国民が秩序ある交流が正常に復活する事を望みます。
北京当局が対立を解決したいと思いさえすれば、我々も対等な尊厳がマッチする原則の下で有意義な対話が一緒にできることを望みます。
しかし私は次の事も喚起しておきます。
両岸の平和は台湾側だけのことではありません。
重要なカギは中国の手にあるという事です。
歴史的経験では台湾に対して、言葉で攻撃し武力で脅しても、両岸関係には何ら役に立たない事は既に証明されています。
世界の華人が世界で同時に伝統的なお祝いをする時、我々もここで対岸国民の新春の安寧を祝福します。
また両岸の平和的安定が一緒に達成できることを望みます。

3つ目は世界規模の疫病流行が依然として深刻である事です。
しかし我々はワクチンを取得し、着実に進展しています。
皆様、心配し過ぎる必要はありません。
昨日疫病指揮センターは第一段階として20数万個のワクチンを取得しました。
ここ数日政府は各機関と集中して会議を開き、今後のワクチン取得について話し合いました。
我々は様々な所からの輸入、そして国内研究開発の同時並行方式を採用し、満足できる数のワクチン確保を行ないます。
現在の段階では皆様に詳細をお伝えする事ができませんが、ワクチンの数量と接種する順番は、我々は既に計画実行中です。
皆さん、心配しないでください。

4つ目は新たなへニパウイルスのリスクについてです。
我々は既に衛生署福利部と農業委員会(農林水産省に相当)に対して、新たな疫病が広がる可能性を把握し、先手先手の対応をするよう求めました。
過去1年余りの疫病に対抗する経験があれば、適切に臨機応変に対応でき、挑戦を克服できると信じています。
今回の疫病は我々の日常生活と経済に未曽有の脅威をもたらしました。
へニパウイルスの例を見ても、将来我々は新たなウイルスが立て続けに出現するという挑戦に立ち向かわなくてはなりません。
会議の中で私は頼清徳副総統と陳建仁元副総統に共同で計画を立てるようお願いしました。
未来のウイルスと伝染病の広がる情勢に対して、全体的な理解と評価を行ない、並びに中央研究院と国家衛生研究院の協力の下
行政機関が早期対応できるガイドを提供するよう求めました。

最後に、春節連休開始前に、私は持ち場を守っている全ての仲間に特別な感謝を申し上げたいです。

次に国民の皆様に再度お伝えします。
手洗いを良くおこない、マスクを着用し、防疫をしっかりとやりましょう!
我々は台湾が良い一年になるよう一致団結して疫病を抑えこみましょう!
皆様がよき年を迎えられるようお祈りします。
皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です