習近平を客観的に評価する 下(4万字、閲覧注意)

習近平の危機1:壊れたウィッチヘーゼル

人々の生活も経済も、習近平のリスクテイクを続けることを支持できないことが次第に明らかになってきている。彼の戦略はあまりよく考えられていないが、過激で間違いが許されない。これはおそらく彼が政権を取る前には見られなかったことであり、彼は当初ある意図を党内に隠し、政権を取ってから中央集権化によってそれを追及したのである。 権威主義的な社会であっても、チェックアンドバランスのない権力は、政権を後戻りできない道へと導く最大の変数だからだ。

しかし、習近平は状況が変わることを確信しており、ただ時間が必要だという。 しかし、多くの人々が江沢民の時代を漠然と懐かしみ、習近平が政権を維持すればするほど、その懐かしさは強くなり、習近平が2期目に入ると、人々は目にするほとんどの指導者を思い出し、過去は現在ほど良くないという感情を表すことに気づいていないのではないだろうか。

習近平は、欠点が多すぎる、指導者としての能力とスタイルに欠けている、他の指導者ならもっと強いはずだ、と思われているのだ。

かつて中国が混沌とした野蛮な政権に支配されていた頃、国民は習近平よりも過去に戻りたがっていたのですから、これは非常に不思議な現象です。 それは、前の時代が良かったからではなく、まだ希望があったからで、人々は良いことから悪いことへ変化するよりも、悪いことから良いことへ変化することを好んだのです。 そして、習近平政権はますます息苦しい環境を作り出してきた。そのため、2018年にメディアが「憲法を改正して任期を廃止した」と発表すると、多くの人がすぐに先行きの暗さを感じたという。

決定的なのは、習近平に対する国民の態度が微妙なことだ。–中国の指導者の多くが国民から叱られてきたことはよく知られているが、この叱り方は体制に対する抵抗というより、習近平の場合は個人的なものだった。 国際的に彼のブックリストを読んだ時から、外界の彼に対する認識は急転し、彼に対する侮蔑が生まれ始めた。-習近平の肖像に墨を塗る者、彼の金元外交に扮する者、文化人を気取る彼を揶揄する者、ネットの論客を使って自分を誇大宣伝する彼を揶揄する者、様々である。 中国の指導者の中で、習近平が人格から政策まで、これほどまでに拒絶された例はあまりない。 江沢民が法輪功の憎しみを集めたとすれば、習近平は全階級の恨みを集めている。

これは彼にとって極めて危険な兆候である。 政治家は非難を恐れないが、軽蔑を恐れる。 支配者を嘲笑することは、剣よりも有害であり、それは支配者の個人的な資質が認められていないことを意味します。

人々の発言が習近平の耳に届くかどうかは定かではないが、習近平が敏感になったことは確かで、「重要演説」を頻繁に行い、目標設定や指示の仕方を工夫して、権力を握りしめようとしている。 そして、自分を証明するために、「あらゆる面で中等度の豊かな社会の建設が歴史的に大きな成果を上げた」「国家の発展が歴史的に飛躍した」と主張し、架空の成果をたくさん作り上げるようになったのである。 政治公約、特に貧困撲滅の勝利を果たしたと主張し、中国にはまだ多くの恵まれない家庭があるにもかかわらず「歴史上の奇跡」を起こしたと宣言し(貧困撲滅の祝賀会)、中国が悪化しているにもかかわらず、官憲やマスコミは次のように主張した。 : “中華民族は、歴史上のどの時期よりも、偉大なる若返りという目標に近づいている!”

この言葉は、習近平の政治的な根幹が崩れ、自分の立場を維持するためにスローガンを作らざるを得ない状況にあることを表している。 その一方で、外部からの批判には異常に神経質で、レトリックを省略するほど抑えている。口先だけの言葉が多く、他の指導者なら軽く笑われそうな言葉でも、習近平の耳には不快に響くのである。 就任以来、スラング、映画、アニメ、ブランド、人名……といった多くの言葉をブロックしてきたが、このブロックは政権が変わるたびに増え、無関係な言葉も多く含まれるようになるだろう。

その感性が社会の正常なコミュニケーションに影響を与え、習近平は中国で史上最多の皇室の名前を作り上げたのです。 なぜなら、彼は自分がすべきパフォーマンスをしていないことを知っているからだ。政権を握って10年足らずの彼は、これまでのどのリーダーよりも多くの否定的なコメントを受けてきた。そのため、彼はますます不屈の精神で、自分の間違いや不名誉を認めることに抵抗するようになったのである。 –軍事パレードで左手で敬礼するなどの目に余るミスも、口先だけで「左はまだ幸運、右はまだ悪」と論破され、度重なる外交的失敗も、王毅は「特色ある大国外交の新しい状況を作り出した」と絶賛している。 “.

彼の政権を合理化するために、数え切れないほどの泡を吹かされてきた。 しかし、これらの自慢は彼の悲惨な記録とは比べものにならない。注目すべき現象は、習近平のプロパガンダがますます誇張され、非道になっているのに、人々は彼をますます見下していることだ。彼は共産党と国に対する自分の重要性を必死に強調し、意識的または無意識的に先人を軽蔑して自分を高くしているが、これは彼を非常に自己中心的に見せ、スタイルを欠いているのである。 習近平は世界に冠たる黄金の魔女コートに身を包み、水商売や大衆俳優の喧騒の中でそれを維持しようと必死になるが、それが自己満足の茶番劇に過ぎないことは誰もが理解している。彼の基盤は依然として脆弱で、彼を売り込む者は投機家であり、彼を抱きたいと思うエリートは決していないのである。

このため、習近平は北朝鮮やイランのような環境にますます傾き、批判や疑念を排除するために、一刻も早く閉鎖的で無知な社会を構築しようとする。しかし、この無謀な政治理想が現在の時勢と全くかけ離れていることも、彼の思考の致命的な盲点であった。 — 中国人は習近平の高圧的な態度のもとで反乱を起こし、非暴力・非協力の態度をとるだろう。習近平は、中国人があえて政治的思想を持たず、否定的に自分を空っぽにするのを止められないと計算しているのだ。 インターネット時代の人々は、情報閉鎖社会で人間嫌いになりがちで、習近平の思い通りになるには、インターネットを使う習慣を脱却するのに一世代かかるかもしれませんね。 だから、彼の政策が実行されたとしても、中国人が完全に家畜化される日はなかなか来ないだろう。

習近平の危機2:崩れ落ちる蟻地獄

習近平は、その性格上、非常に狭い道を歩む運命にある。 この道は、闘争と対立を伴い、彼の政治的基盤を解体することになるが、またしても選択の余地はないようだ。

世論の失敗には、実は、習近平の考え方や思想が古いこと、政治的成果で自らの正当性を作り出せないこと、そのため、挑戦を受けると、自分の立場を維持するために鄧小平のやり方より毛沢東のやり方を選ぶ傾向があること、その時々の経済的苦境を解決できないと、階級闘争の行き詰まりに入り込み、政変で人々を威圧しようとするしかないことという、習近平の根本的不利な点が反映されています。 現在の経済的ジレンマを解決できないでいると、政治的混乱で人々を威嚇しようと、階級闘争の行き詰まりを歩まざるを得なかったのである。 まるで、「私を支持してくれないと、この国を平和に暮らせない」と国民に宣言しているようだった。

毛沢東が中央文化大革命グループのトップであったように、習近平もまた多くのグループのトップなのである。 また、企業や大学、市民が互いに報告し合うこと、学生は教師について、社員は上司について、部下は上司について報告することを奨励した。 国民が互いに監視し合い、自己批判することで、自分の権力が脅かされにくくなることを望んでいるのだ。

毛沢東と同じ強迫観念に陥り、権力を維持するためには、損得勘定が無茶苦茶でなければならないと考えたのだ。 しかし、これでは毛沢東のような威信を築けないというジレンマに直面した。 –毛沢東は優れた理論家であり、強い民衆的魅力を備えていたが、習近平には確固たる民衆的基盤がなく、政治運動を支える体系的なイデオロギーを構築するための理論的知識にも欠けている。

彼があおったナショナリズムは、毛沢東の政治的な権力闘争をやせ我慢しただけのもので、思想的なバックボーンはない。 例えば、彼がよく口にする「世界は未曾有の変革期を迎えている」「中国は偉大な若返りの正念場を迎えている」という言葉は、例外的に時代の現実からかけ離れており、むしろ突飛に思えた。 このような言葉は、まさに武侠小説のプロローグのように、人々に驚愕の背景を紹介するものである。 –しかし、世界は混乱していないし、「未曾有の変化」もない。中国は衰退しているわけでも、外国の隷属下にあるわけでもなく、人々に復活を求めるわけでもないのである。

習近平は、中国人に国家興隆の強壮剤を与え、民衆の狂喜を鼓舞しようとしているが、彼が紡ぎ出す国難はあまりにも漠然としていて、民衆の心に響くことはない。 彼のスローガンは、疎外された人々、低学歴を示す人々、若い年齢層で一本気な人々しか動員できず、社会の有力者の多くは、この雰囲気をより嫌うのです。

しかし、習近平の場合、政治的な利害が大きく、ほぼ最初から自らの退路を断っているため、簡単に退路を断つことができない。 危機が高まっている今、彼はポピュリズムの東風に頼って政治的粛清を強めるしかないのである。 党内の『風格づくり』を絶対にやめてはいけない」「党内の悪しき風習を正さなければならない」と繰り返し強調した。 –彼は1930年代の「是正運動」を引き合いに出して官僚を一掃した。彼が就任して以来、少なくとも「膨張した野心」「中央委員会を傲慢に論じた」「中央委員会とグルになっている」といった恣意的な政治責任で、多くの官僚が倒れていった。 “暴力団 “であるとか。

しかし、どんなに思い切った政治的粛清をしても、党内には敵対する勢力が生まれ続ける。最終的には、集団的利益を損ない、自分の政治的エスコートのために国の将来を犠牲にしているのは自分自身だからである。 成功は難しく、失敗は簡単という言葉があるように、中国が何十年もかけて蓄積してきた資本が、彼の在任中に急速に失われているのです。 このままでは、習近平は中国の空洞化を招き、政権が内部から崩壊することになる。

パニックに陥った中国の高官たちは、国が破綻する前に資産を移動させたいと考えている。 このため、習近平は、党内の一部が自分を中核とせず、国の重要な時期に自由に使えるはずの資源を奪っていると考え、政治的に空洞化させようとしているのである。

習近平はこれに対して厳しい為替政策をとり、逃げ惑う資本と綱引きをしている。 — 当初、銀行は大規模な外貨両替を制限し、購入限度額を低く設定していた。しかし、民間人が頭を集め、複数の送金を使って国外に資金を流出させた。銀行は入出金口座を整理し始めたが、人々は再び海外で使って現金化した。政府は銀行カードで海外で使える金額を制限したが、海外取引口座を使っていた人々を発見した。 このため、習近平は香港の金融部門を取り締まり、資金の海外流出を防ごうとしたが、資金は香港から離れ、海外上場に集中した。企業の海外資金調達を制限する規制を導入し、資産の差し押さえを図ったが、多くの企業が管財人になり国内株式はほとんど残っていなかった。 は、まだ海外に進出していない企業の株式を買い取ったが、すでに対内・対外貸付を行っており、中国への債務だけが残っていることがわかった。

マカオのカジノを浄化し、第三者決済ライセンスを停止し、両替商や外国銀行を取り締まり、同時に口座移動に使われる個人の外国貿易口座や影の金融システムとしてのブロックチェーンも一掃したのです。 彼はあらゆる戦術を使ってそれを阻止したが、その穴は決してふさがらないことがわかった。欧米は常に、高官や裕福なビジネスマンが金をもって立ち去るためのルートを提供する方法を見出していたのである。

そのため、習近平は、資本が逃げ出し、やがて中国が空っぽになることを恐れ、政府が財政難に陥ると自分の立場が危うくなることを心配した。しかし、習近平の反対派は逆に、彼の闘争路線が環境の悪化を加速させ、官民連携の計画が不安を招いていると考えたのだ。 彼の政権時代の10年間は、改革開放以来、内政も外交も最も低迷している。習近平に資源が与えられても、彼の政策は底なし沼で、真っ先に中国を空にするのではないかとの疑念がある。

習近平の危機3:絶対的な不誠実さ

習近平の資本との戦いは、実は官僚全体との対決を意味する。 国家という概念も、政党という概念もない。 彼は頑固なだけでなく、過剰なまでに利己的で、権力にしがみつくために国家を傷つけようとすることが見て取れる。 政治の大タブーは自己の利益のために国家を軽視することだが、国益と自己の権力が相反する場合、習近平は間違いなく前者を犠牲にする。権力の喪失よりも中国の崩壊を受け入れようとする。

そのため、政治闘争にやや無茶をするようになった。ちょうど、個人の権威のために、国が何十年も運営してきた国際関係を犠牲にしたように。中国の世界との対決の初期に、アメリカは中国に対して、関係がゼロサムゲームに向かっていると言った。西側諸国は共産党に対して、経済のもつれを政治レベルにまで高めるなと言っている。これは、共産党上層部に、対立主義に早く抑制するようにとの思いからである。 . しかし、習近平はこれを利用して相手を追い込み、最終的には政治的な対応を迫った。-欧米は国家と人権の再導入、中国当局者の財産亡命を中止し、米国は人権侵害をした当局者の入国を禁止する法案を提出した。

これは官僚の最も中心的な利益を損なうもので、彼らが欧米の国境に入れないということは、彼らの財産を隔離することに等しい。独裁者がどれだけ受け入れられるかは、彼がどれだけ共通の利益を生み出せるかに尽きる。だからこそ、人々は鄧小平のラインを覆すことに消極的なのだ。 しかし、習近平は自意識過剰で、国全体、ひいては自分の党を自分の専売特許とみなしている。 自分の周りにいる犬や馬以外のほとんどすべての人を傷つけてきた。

そして、何事も何が何でもコアを受け入れなければならないという被害妄想があったのです。 みんなが協力してくれれば、自分の意志を貫くのに十分な力がある。 しかし、官僚たちはこの姿勢を共有することができず、習近平の目立った失敗を応援しに行くことができなかったのだ。 そのため習近平は、分裂し続ける政治基盤を維持するために、強引な態度で官僚全体を抑え込み、まるで糸を引く人形のように、国を従わせるようになった。

習近平が即位して以来、中国の官界は極めて抑圧的になっている。官僚は仕事に消極的で、多くの人が明日の苦労と引き換えになることを望んでいる。 しかし、習近平が憲法を改正し、長く王座にとどまるつもりであることを知ったとき、彼らは永遠に続く悪い事態を感じたのだ。

そして、この膠着状態は持続不可能であり、必ず破綻する日が来るのです。 習近平はますます孤立し、習近平の支持者でさえも、彼が我が道を行くのを見て、自分たちの将来がそれに続くのではないかと心を揺さぶられることになるだろう。 しかも、習近平は強情で狭量な性格のため、部下にするのは非常に難しい。 手柄のために部下とよく口論をし、自分のミスを他人のせいにする癖がある。自分の政策は現実的でないものが多いが、それをきちんと実行しないのはいつも部下のせいにしている。

そのため、習近平の官僚との関係は不安定であり、習近平の就任以来、多くの官僚が色あせたり、人気がなくなったりしている。 –かつて側近だった王岐山は次第に疎外され、かつて側近だった孫立軍や傅政華は相次いで調査を受け、就任3年で中国一の富豪となり習一族に万達への出資をさせた王健林は資本の海外流出問題で結局清算、その他にも……。 習近平に憧れていたネット上の先輩論客たちも、疫病の発生時には無気力になり、袂を分かったという。

習近平は、政治の波乱と人心の不安定さを感じ、また、前任の家長の足軽が多く、忠誠心を示したものの、二度裏切られることを恐れて、人事にかなり気を遣ったのであろう。 習近平は「二枚舌の人間を嫌う」と公言し、「絶対忠誠」を繰り返し打ち出し、「『似非忠誠』には明確に反対する」と強調している。彼は「絶対的な忠誠心」を繰り返し呼びかけ、「『疑似忠誠心』には明確に反対する」と強調しています。 蘇秦のような謀略に長けた人物が現れることを懸念しており、この人物が誰なのか分からないので、常に周囲の人間の共謀や陰謀に目を光らせているのだ。

そのため、周囲に頼らざるを得なくなり、その結果、危険回避のために臆病になる。 香港は1万人の警察官で警戒態勢に入り、地元住民はこんな驚異的な光景は見たことがないというほどだ。 同様に、習近平も疫病の影響で延期を繰り返してようやく武漢を訪問した。警備員が水際で取り囲み、武漢全体が一歩一歩歩哨と不協和音に包まれるような状況であった。

しかし、この危機感は空しいものではない。習近平を苛立たせる外の声があり、情報源不明の噂が頻繁に流れ、体調が悪いとか、後継者がいるとか、党が指名した後継者を逮捕したにもかかわらず交代するとか、-こうしたゴシップから、誰かが中国全体の反応を試していることがわかるのである。

習近平は、誰が自分に忠誠を誓っているかわからず、何度も周囲の人間を粛清し、自分を陥れようとする試みをすべて排除しようとし、胡耀邦や趙紫陽のように権力を失うことが許せない。

概要:潮流に逆らって泳いだ皇帝

10年前、習近平は中国をどこに連れて行くのだろうと人々は考えていた。 しかし、10年後、彼自身がどこへ行くのかを考えることの方が重要だ。

彼は準備不足のリーダーで、変化の激しい時代に対応するためにやや急ぎ足になっている。 しかも、在任中に不運にも景気後退に見舞われ、人口ボーナス、不動産という2本柱の経済が転換期を迎えつつあったのだ。 これは、中国の製造業が弱体化し、土地金融が維持できなくなることを意味した。 そして、中国の経済活力は低すぎて、もう一つの柱である人口の内需を活性化させることができない。 その一方で、国内の資産価格は高止まりし、実体部門は衰退し、労働者の抗議行動、農民の賃金要求、金融難民の借金取りなど、習近平の前時代とは比べものにならないほど多くの問題が発生している。 そして、中米の緊張が貿易戦争を引き起こし、輸出が危機に瀕している時、また、突然の伝染病をきっかけに、習近平は内部の対立を国際対立に拡大し、新しい軍事競争の台頭を招いた。

実は、これらの問題は必ずしも習近平個人によるものではないかもしれないが、権威主義体制の特徴として、代表制のような長期的なメカニズムがないため、循環性が高いということがある。 だから、権力者にとっては、タイミングが重要である。リーダーは、正しい世界(家系)に生まれるだけでなく、正しい時代に生まれなければならないのだ。 そして、習近平は、中国の経済的な配当がすでに弱くなっていたものの、レガシー問題が顕在化し始めた時期に政権を握ったのである。 そして、習近平の個人的なスタイルは、さらなる負のフィードバックをもたらした。つまり、一連の過激なやり方は、すでに政治的なサイクルが習近平に不利になっている状況を悪化させたのだ。

中国の伝統的な考え方は、皇帝は天から授かったものであり、必ず天から恩恵を受けるというものである。 しかし、習近平が政権をとってから、国の内政と外交は度々後退し、経済は本格的な不況に陥り、しかもこの10年間は天災と人災が頻発し、2016年には心を守るフラックスなどの珍しい凶兆さえあった。これではどんな皇帝も慌てるが、習近平はまた、百年後の中国でしばしば王朝の崩壊を告げる規模の流行病に襲われ、最後に大きな流行病が指導者に襲ったのは慈禧である。 の時は慈禧、前回は崇禎がリーダーでした。

皇帝にとって、これだけ不吉な兆候が重なると、自分が選ばれた子ではなく、天から追放された者であることを暗示しているようなものである。

そのため、習近平は政権の傷を癒すことを極度に望み、自分を証明するために何かを作り出すことに必死になった。そのため、習近平の政策は常に風当たりが強く、激しい。例えば、街をきれいにしようと思うと、北京は低所得者の排除を始め、技術の飛躍をしようと思うと、チップで大躍進を始め、省エネと排出削減をしようと思うと、工場は電力制限と生産停止を行う。

中国の政治がこれほど混沌としているのは、改革開放以来のことだ。 習近平の目標達成のために、幹部はしばしば頭を悩ませることになる。 習近平は財政配分の改善、余剰人員の排除、公共プロセスの合理化など有効な改革を行ったが、体制内の抵抗が大きい、公共サービスが集団的に不活発で政府が圧力を下に広げている、国民は行政システムがあまり改善されたと感じておらず、まだ物事を進めるのが難しいなどの理由であまり評判が良くない。

習近平はすべてをコントロールしたかったが、その代わりにすべてを狂わせた。彼は、すべてが自分に敵対し、天までもが自分に敵対していると感じている。 そんな中、彼は政治的な圧力で事態を好転させることを期待しているのだ。 習近平の支配下で、国内は烽火と十字軍に満ちている。彼は宗教、民主化運動、少数民族、弁護士、国外勢力を取り締まったが、その後は焦土と化したままである。 彼は多くのものを打倒したがっているが、より望ましいものにすることができない。 また、技術開発やサプライチェーンの高度化も重要視している。 しかし、彼の権力意識は、どんな資源を生み出しても、それを消費してしまう渦のようなものなのです。

この自己中心性が習近平の把握力を制限している。彼の世界観は幻想的で、集団指導のメカニズムでガードできたはずの思考に盲点が多すぎるが、かえってそれを弱めている。 彼は再選されることで自分自身を証明したいのだが、その代わりに自分のコントロールできない状況を広げている。彼は中国の社会構造を変えたいし、第三世界を支配したいし、欧米に自分の政治的地位を認めさせたいのである。 しかし、時代は変わり、技術の流れは閉ざされた中国と世界とのギャップを広げ、やがて扉は押し開かれることになる。

習近平は、究極的には自分の哲学と相反する時代に直面している。時代の潮流に逆らって泳いでいるが、全国民が自分を護衛してくれることを望んでいる。これは変態の前の暗夜に過ぎないと心の中で信じている。自分の運でいずれ救うことができる。飛躍的なマイルストーンをもたらして歴史から残されたすべての問題を解決すると宣言するだろう。 しかし、彼が取り返しのつかない歴史的な過ちを犯し、何世代にもわたって返済を迫られる可能性が高いことは、誰もが知っている。

概要:習近平と薄熙来 1 世代を超えて受け継がれるもの

習近平は間違いなく非常に厄介な立場にある皇帝であり、高い台座から出発したことで反発を招くことになった。 彼の過ちは、彼のプロパガンダの重みに耐えなければならないからだ。 そして、彼が一歩ずつ下降していけばいくほど、人々は「中国は彼によって道を誤らせられた」と悔やむようになった。

そんな中、特に中国政界から姿を消した薄熙来に対するノスタルジーが高まっている。 習近平と同じ世代に属し、かつては指導者として期待された。 彼の楽観的で前向きな性格はよく知られており、もし彼がまだこの世にいたら、中国はこんなに悲惨な状態にはなっていなかっただろうと考えられている。 何らかの見落としで習近平に地位を奪われた不運を信じる人は多く、考えるたびに哀愁が深まっていく。

習近平を通じて坊守雷を思い浮かべるのは、共通点が多いからだが、そのイメージは大きく異なる。 かつては政界のスターであり、精力的で雄弁で、言葉に詰まる習近平を凌駕する存在であった亥西来。 薄熙来さんは威勢がよく、自然体で、人と直接会うことを好みました。一方、習さんは最高指導者になる前から、社会に出ていくことを恐れていませんでした。 薄熙来さんは、生き生きとした明るい西側の政治家という印象で、習さんは、むしろ体制に過度に洗脳された鈍重でステレオタイプな人間という印象です。

しかし、この違いにもかかわらず、両者の間には世代を超えた遺産がある。習近平はある意味で、薄熙来のマントを受け継ぎ、今日までその政治的影響力を広げてきた。 習近平は、根底から渤海を尊敬していた。 猪西来は、彼の政治的アイデアの多くにインスピレーションを与え、それを政策に生かすことを許した。

まず、二人とも権力工作に相当な破壊力を持ち、政党内のバランスをあえて崩すタイプの人間であった。 薄熙来の最も有名な政治的遺産は、政治的地位を得るために重慶で紅旗を賛美する熱狂的な行為である。 また、習近平は中央集権化の流れの中で、赤色文化の復活を自らの政治的有権者づくりに利用した。 同時に、重慶では、薄熙来の文化浄化運動が習近平に受け継がれ、薄のスローガンが「黒と戦い悪を排除する、特別行動」であるのに対し、習近平のスローガンは「黒と戦い悪を排除する、特別闘争」であった。

また、薄熙来は拷問や投獄による反体制派の取り締まりを好み、トライアドとの戦いの中で弁護人や民営企業家を逮捕していたが、習近平もそれに負けじと弁護士や人権活動家の大量逮捕を開始し、薄熙来とは比べ物にならない規模で世界に衝撃を与えている。

一時期、薄熙来は社会の監視を強化しようとしていた。当時、王立軍は安全な重慶を作るために、市内に数百万台のカメラを設置することを計画していた。 このコンセプトを実現したのが習近平である。習近平は政権獲得後、中国がこの分野のリーダーとなるまで監視を劇的に拡大し、国民一人当たりの電子監視の数で世界のトップ5にランクインするまでになった。

近年の習近平の「共同繁栄」構想は、実は重慶時代の薄熙来が提唱した「共同繁栄十二則」を模倣したものである。 たとえ、薄れたとしても、習近平の政策には、彼の思想が息づいていることがわかる。 いろいろな意味で、習近平は彼の個人的な弟子といえるかもしれない。

しかし、この現象は、習近平と波濤が一心同体であり、どちらが政権を取っても中国に災いをもたらすという露骨な結論を導き出した。しかし、厳密に言えば、両者は体制を守るという点でのみ共通し、政治認識や個人の資質には根本的な違いがあるのである。

例えば、習近平は政権を取った当初、意識的か無意識的かはともかくとして、薄熙来のカリスマ性を模倣し、東洋と西洋を融合させたスタイルを提示しようとしたが、適切な中身を持っていなかったため失敗した。 習近平は誇大広告に頼りすぎていて、訪問先で必ずビバを叫ぶ人がいる、これは皮肉にしか見えません。 彼は毎日泳いでいると言っているが、誰も彼が水に入っているところを見たことがない。一方、薄熙来は、素っ裸で水泳帽をかぶって活動している写真を残している。

明らかに伯珪は自己完結した気楽さがあり、習近平は無言でスタイルも不明確である。そのため、二人ともネット上の論客を確保しているが、伯珪はネット軍を攻撃に、習近平は防御に使っている。 呉のプロパガンダが自分のスタイルを加えるためのものだったのに対し、習のそれはスキャンダルを隠蔽するためのものだった。呉の時代の論客はある程度の文体を持ち、客観性を装う術を知っていたが、現代の論客は著しく質が低く、罵倒や侮辱の言葉があふれ、外務省でさえ下手に出る傾向がある。 このように、沸西来の対外宣伝は彼のオーラを高めることができたが、習近平の一騎当千の外交は世界中の人々の嫌悪感を引き起こした。

江沢民のように、文人墨客を惹きつける風格があるのだ。 習近平はこの資質を持っていないので、国際的に自分の著作リストを読むと、一番馬鹿にするのは知識人であり、そのために習近平は彼らを醜い老人と批判する傾向が強くなるのである。

習近平が無個性な官僚のサンプルであるのに対して、辛亥は相対的に生き生きとした人間であり、習近平は無個性な官僚のサンプルである。 そのため、今では多くの人が、龍の椅子に座る習近平よりも、刑務所にいる薄煕来を支持するようになった。

特集:習近平と坊守雷 2 大きく変わった中国

個人的な成り立ちから言えば、習近平よりも坊小蕾の方が圧倒的に強い。何をするにも主導権を握れる特異な存在だが、権威主義体制で最も許容しがたいのはこのような人物である。 その意味で、習近平はより幸運であり、その幸運は彼の家族のおかげでもある。 –文化大革命で習仲勲と伯逸邦の二人が殴られ、伯逸邦は1978年に、習仲勲は1980年に更生している。 両者とも中央政府に復帰したが、呉は大小の案件で鄧小平を支持した。 習仲勲はより率直で官僚的でない。89年の学歴の波で批判された胡耀邦の立場に立ち、鄧小平の意に沿わず両家の権力分立を生んだ。亥亥坊は常に党の意思決定の中心人物だったが、習仲勲の業績はむしろ経済建設であった。

習仲勲が亡くなったのは2002年で、習近平は浙江省長代理、伯西来は遼寧省長代理だったが、この頃には伯は光り輝き、家族は昇進の機運を高めていた、伯逸邦は2007年に死ぬまで息子の政治の将来に取り組んでいた、伯西来が勇気を持って行動したのはほとんど彼の家族の後援のおかげであった。

この点で、彼は習近平よりも父親の影が濃く、伯家の方が攻撃的で、習家の方がずっと控えめで、習近平の方が伯西来よりも引っ込み思案だったことは明らかである。 坊は派手すぎて「隠蔽統治」が苦手という点で、習近平よりかなり不利である。 これは習近平の方が得意とするところである。習近平は通常、政治的な意図を明確な政策に結びつけず、兆候を見せないまま統治する傾向があるからだ。 赤狩りの声が大きいのと同じで、選挙戦や政策と銘打たないので、攻撃が集まりにくいのです。

習近平は伝統的で保守的であるが、薄熙来は前衛的で西欧的な官僚である。これは彼の意識が西欧化したと言うことではなく、西欧社会の成熟度を見ているのであり、公式の場でも閉鎖的で堅苦しいことは好まず、活気のある雰囲気を好む。

そのため、政策立案に開放的で、発想が大胆で、地域事情に合わせるのが上手な伯思来は、大連や重慶で成功したが、習近平がことごとく雄安新区を作ろうとしているのとは比べものにならない。 彼は、薄熙来からの信頼がなく、過度の自由化は彼を不安にさせる。彼は、政治的な優先順位を好むので、簡単に権力を委譲する勇気はない。 だから、たとえ伯錫来の政策を真似たとしても、何度も泥沼にはまることになる。同じ政策を違う目的のために進化させるのだから。 坊珪の場合と同様、両者にとってステップアップであり、坊珪はその価値を認め、習近平はそれを政治の規範とするつもりであった。 三合院との闘いについて、薄熙来は社会生態の改善に大きく関わっており、習近平は支持の核を作ること、つまり三合院は宗教、民主主義者などと変わらない、すべて異端者であるということだ。

経済思想の面では、両者はさらに根本的に異なる。薄熙来・シライが経済を重視するのは、それが統治の基本であることを明確にしているからだ。 この点については、政治的なスタンスを一部脇に置き、現実的なアプローチをとることができた。 しかし、習近平の場合、経済は自分の権力の延長線上にある。多くの概念において、彼は伯西来を手本にしているが、それらはすべて一種の目隠しである。-彼は人々の生活を改善し不動産価格を抑制したいと宣言しているが、就任後、最も荒っぽい不動産投機を開始した。バーチャルからリアルへ移行すると唱えながら、ねずみ講と資本ゲームに熱心である。バブルを圧迫すると主張しながら、GDPに対する債務額を拡大させた。 バブルの収束を目指すと言いながら、政権発足から10年でGDP成長率の2倍まで債務を拡大し、通貨発行量を2倍に増やしたのである。

何よりも、習近平は生まれながらの吸血体質である。高額の支出を伴う統治モデルを採用し、国家を血液供給装置のように気まぐれに扱い、必要とあらば社会に血液を送り込んでいるのだ。 彼は、自分の創造力のすべてを駆使して、富を偽装して収穫するためだけの政策を考案したのである。習近平はこの点を理解するのが難しいのだ。

習近平は政治闘争をエスカレートさせることはなかったが、習近平はそのリスクを負っていた。 また、薄熙来は下層階級の生活を重視しており、彼の政策は多かれ少なかれ社会のパレードを雨あられのように降らせる。 体制擁護の立場でもあるが、習近平のように上から下まで息苦しくかき回すのではなく、社会の活力を保持していくのである。

習近平の場合、スターリンがトロツキーにしたように坊守を扱い、彼を賞賛すると同時にその影響力を恐れた。一時は坊守の人気が国のトップリーダーを凌駕し、広く受け入れられていたのだ。 民衆の間でも、官僚の間でも、彼の影響力は消えてはいない。 そして、今日の状況を見ると、ますます多くの人が彼を恋しがるのは必然であり、それだけに習近平は気をもんでいるのだろう。

薄熙来が倒れた後、習近平が紅文化を大々的に宣伝したのは、多かれ少なかれ、彼の紅い遺産をめぐる競争だった。ちょうど、疫病の流行期に闘争司令官の座をめぐって争ったように。 同時に、大連の華僑を解体し、婦警を廃止し、重慶の交通巡視台を撤去するなど、亥の支配の痕跡を消すことに尽力してきたが、最も除去が困難なのは、彼自身の亥の影である。

総集編:習近平の民主化への道

最近の指導者の中では、習近平は、恐らく伯思来に次いで型破りな官僚であろう。 Boの開放的な性格が思考の原因だとすれば、習近平の政治的後退は理解不能の原因である。 このことについては、重大な分析がなされており、その結果の一つとして、習近平はおそらく民主化を目指している、-この姿勢は、整然とした皮肉なものではなく、政権に就いてからある種の異常さを示している、その異常さは彼の政治姿勢にそぐわない、独裁者のように振る舞っているが、その独裁ぶりはあまりにも異常である、-というものがある。 と、中国の現状では平和的進化は望めず、一時は民主化の展望に絶望感を抱いたこともあった。 しかし、習近平が政権をとってから、もう一つの事実が明らかになった。それは、ブレーク・アンド・ビルドの環境では、民主主義が生まれやすいということである。

この見解は、習近平の軌跡を現象学的に分析したものである。▽習近平は党の最高指導者としての10年間、一見すると権力強化に見えるが、既存の体制を弱体化させる形で数々の過激な政策を行った▽この弱体化は習近平の統治初期から国家のあらゆるレベルに浸透し続け、共産党統治の基盤を一層ずつ蝕んでいる。

それを裏付ける一つの論拠として、習近平の決断の多くは一見無秩序に見えるが、政権の生命線をことごとく正確に攻撃していることが挙げられる。 ほとんど外科的な方法で、彼は常にこの中央集権的な政府を解体している。 経済、生活、外交のいずれのレベルでも、深刻なジレンマを生み出し、その問題を取り返しのつかないところまで追い込むまで、無謀ともいえる政策を行っているようにみえるのだ。

習近平が多くの点で党の背中を切っていることは明らかである。このことは、習近平は父親の影響力を保持しているかもしれない、結局、習仲勲は賢明であったという推測につながる。しかし、この賢明な人物は、党内に多くの抵抗があり、与えられた条件の下で改革を達成することは不可能であることを見抜いているのだ。 また、習近平が戦術を切り替えて政治的に逆行するアプローチを取れば、かえって体制を破壊する可能性が高くなる。

政治家にとって、一族の遺産は大きな意味を持つものであり、薄一波の影響は、例えば薄熙来に見ることができる。 習近平は、中央集権的な権力を使って変化を起こすという父親の遺志を継いでいるのかどうか、疑問視されている。 彼は決して民主化への傾倒を示してはいないが、彼のイニシアティブは民主化のための条件を整えつつあり、こうした行動は中国の政治構造を熟知していなければ、有能とは言えない。 習近平は権威主義的な外見の下に何らかの民主的な意図を持っているのではないか、見れば見るほど政権転覆を狙う人物ではないかと、多くの人が終始疑っているのである。

しかし、そのような考えを持つ人の多くは、このことを否定してきた。なぜなら、習近平の気質はあまりにも場違いであり、習近平は明らかに段違いの独裁者であると言えるからである。 しかし、実はこの問題は、テレロジーの観点から考えることで、別の見方ができるのです。 — 習近平自身の意志はともかくとして、習近平の行動は変化の引き金になっている。 現在の中国の民主主義の考え方は、ほとんどがまだ非現実的な段階にあり、指導者が覚醒して、意識的に民主化を進めると想像されがちだが、これは明の支配者の考え方の別バージョンである。 しかし、独裁的な指導者が自らを転覆させることを期待すること自体が不条理である。 独裁国家では、政治の転換はむしろ時代の流れである。 だから、誰かが民主的な改革を行うことを期待するよりも、誰が民主主義の条件を促進することができるかを考えるべきである。

例えば、人々は亥西来の政治改革に期待していたが、亥は人々を麻痺させるソフト独裁をもたらす可能性が高い。これに対し、習は独裁の墓穴を掘る可能性が高い。思想的盲点が多く、より頑固なので、容易に社会の破滅と危機を察知できず、したがって政策を抑制することはないのである。 毛沢東の文化大革命が国を破滅に追い込んだように、鄧小平がいなかったらこの危難はどのような方向に向かったかわからない。習近平も同様で、政治的熱狂を極端に推し進めると、必然的に政権の崩壊に至る。

結局、中国のハンディは封建制の残滓にあり、従来の国家で民主的改革が行われたとしても、認識や妨害により逆戻りする可能性がある。 だから、たとえ人々が習近平を嫌いでも、彼がこの権威主義的な道を歩めば歩むほど、そのダメージは深くなっていくだろう。 この道は中国に苦痛をもたらす一方で、より急激な変化をもたらすだろう。

だから、たとえ彼がプロセスを失敗していても、結果には関係ないのです。 彼の行動が独裁政治の崩壊につながるのであれば、それはポジティブなことだ。 中国は何千年もの間、全体主義体制に埋もれてきたが、習近平は、すべての民主主義者ができなかったことをできるかもしれない。 昔から言われているように、”兵隊はトリックスター “です。 政治は本来、一般人には理解できないものであり、歴史を見ても、大きな変化は、一般人が期待する形ではなく、突然やってくるのが普通である。

習近平の終焉

習近平は、権威主義体制の循環的な苦境をビーコンのように示す、近年の中国を代表する指導者である。 そして、インサイダーである彼にとって、それを政治的なスタンス以外で認識することは困難である。 だから、歴史の潮流が来た時に、時代に逆らう力を作って踏ん張ろうとした。しかし、これでは困難の海に座礁してしまう。 少しでも時間を稼ごうと、歴史に名を残すことを事前に宣言したのだ。 — 中国を3つの時代に分け、前の時代を毛沢東と鄧小平の時代と定義し、自分は新しい時代の創造者であるとしたのである。

毛沢東や鄧小平は自分とは比較にならない存在であり、習近平はこの二人の共産党の巨人に縋るために自分を限りなく高めて宣伝し、まるで独白するように自分の重要性を訴え、後者にしかできないキャプションをつけたのである。

共産党には前例がない。習近平は政治的に限界に達していることは明らかで、それを諦めている。結局、彼は転向者ではなく、中国と共産党の双方にとって過渡期の指導者に過ぎないのであろう。 そして、彼は、本来あるべき姿をさらに超えて、行き過ぎてしまったのです。 それだけに、なぜ党がこれほどまでに彼を容認し、この国を今日のような状況に追い込んだのか、不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

実はそれは、習近平が中国の行政機構を最大限に活用し、中央安全保障局などを使って党内階層をコントロールし、強い支配欲と危機感を抱いているからである。 しかし、より根本的な要因は、共産党が政権確立後の安定期にあり、強い反対勢力が生まれにくいこと、通常権力闘争を行う世代が与党の立場から遠く離れていないため、権力闘争をより高みへと押し上げやすいことであろう。 既得権益を享受してきた人たちは、祖父母と違って戦争に正面から向き合わず、殺人的な気質を持っている。安定と安楽の生活で長い間萎縮し、損得勘定に走りがちだ。

この時、強力でパワフルな個性が現れると、グループを圧倒する効果が期待できる。 そして、習近平は性格的に他の人よりも十字架を背負っていることも事実です。 つまり、習近平の強みは、党が弱いからこそ、習近平が力を発揮できることにある。 20年、30年前の政治環境であれば、このような統治は中止され、彼自身も家長によって退陣させられたことでしょう。

党が習近平を抑制することが難しくなったのは確かだが、習近平自身の手による敗北は避けられない。彼の統治方法は持続不可能で、ますます破綻した状況を生み出すだけだから、今日まで彼を支えているのは頑固な性格と後戻りできなくなる無力さである。 心を一つにする信念を得ることができず、権力本能のままに実行に移してきた。 このような気質に対して、党内の一部の者は、彼を励ますためにゴーイングマイウェイ的な態度をとり、彼の言葉を封じ、彼の過ちを正当化し、さらに彼を追い込んですべての憎悪を彼に向け、そして、共産党の循環する困難の責任を彼に押し付けるのである。

そして、習近平は、現時点では、この状況から踏み出すことができず、理想的な全体主義を追い求め、現実にはさまざまな権力闘争に利用されてしまっているのです。 –党は政治的機会を作るために彼を極端に扇動し、欧州はより多くの市場を獲得するために米中間の争いを利用し、一方で新興国は中国が産業チェーンを追い出すために西洋から身を切るように奨励し、米国は習近平の攻撃性を利用してアジアを刺激し、さらには民主主義者たちは 民主党だって、習近平の再選で共産党を倒せると期待している。

習近平はずっと世界を変えられると思っていたのだろう。しかし、既成の利害関係の前に、彼は全面的に打倒されるに違いない。 –共産党は習近平自身の利益のために世界と冷戦状態になることはない。共益を損ねることにこだわれば、結局は皆を怒らせることになる。 そうすると、誰もが反共ではなく反習の戦略を取り、双方のトップが協力関係を築き、習近平を共産党から切り離す政変に舵を切り、その結果、壁が崩れ、政治的妥協の生贄となる状況に置かれ、彼にとって危険である。

おそらく、習近平はこのような結果を予想していなかっただろうが、前途に戸惑いを覚えたはずだ。 実際、過去に彼は明晰で開放的な瞬間があった。彼の過去は初期の映像に記録されている。 – 当時のインタビューでは流暢で明晰に見え、珍しい種類の信頼性を醸し出していた。さらに、ホームビデオの中で彼は皆に向かって「A」と言ったのだ。 男は自分に忠実である方がいい”

しかし、やがて本来の姿を失い、今とは別人のようになった。初期のころは目が輝いていて、穏やかで謙虚な印象だったが、中国の指導者になってからは衰えた。 顔もオーラも激変し、目で見るのとほぼ同じ速さで老化し、オーラ全体が朽ち果てている。

最高指導者になったことで、家族、結婚、友人関係といった、かつて持っていたシンプルなものを含めて、多くのものを失ったのだろう。 政治的な駆け引きで勝ち取った勝利は維持したものの、舞台の勝者であり、自律性はかなり失われていた。

このままでは、持続可能な政治路線とは言い難い。2022年が最大のターニングポイントとなり、何らかのマジックで再選を果たしたとしても、2027年までに茨の道と本格的な破たんを迎えるだろう。 袁世凱は、自己陶酔のあまり、政治を過大評価し、ある種、対照的な時空の中で治世の全期間を過ごしたといえる。 内心では時代の帝王と自負していたかもしれないが、やがてそれが夢であったことに気づく。 そして、この理想と現実の乖離は、しばしば支配者の致命傷となり得る。

習近平は落胆したまま最期を迎えるだろう。彼にとっては、来るものは拒まず、人々は彼の没落に従うという非現実的な幻想にしがみつくことはないだろう。 支持者も離れていくだろう。 そして、皆がいなくなり、彼一人が王座についたとき、彼の政治生命は終わるのである。

※機械翻訳のため、正確性はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。