深田萌絵氏の台湾デマ (1) 蔡総統が青幇に加入

 深田萌絵 氏という著名人が度々台湾に関するデマを流しているので、このブログで指摘していこうと思います。今回は第一段として以下のデマを取り上げます。



蔡英文台湾新総統が、これまで台湾と中華人民共和国は別の国だとしてきたのに対して、総統選挙で勝利を収めてから暫くしてから手の平を返した態度を取り始めたことに台湾民進党支持者は不満を抱えている。しかも、あろうことか国民党の支持母体であり台湾人を虐殺した228事件の犯人である青幇に、蔡英文が加入したらしい様子が台湾人の苛立ちを更に高めたようだ。

「深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ 」2017年4月23日の投稿から引用

http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3798.html

如何でしょうか?台湾のことをよく理解している人であれば、この文章がまったくのデタラメであることが分かるどころか、蔡英文総統(に対する個人的な好き嫌いがあったとしても)へ対する名誉棄損とも言える発言であり、あきれてものが言えないでしょう。

以下は台湾についてあまり詳しくないという方のために深田萌絵 氏のこの発言を指摘していこうと思います。

まず
台湾と中華人民共和国は別の国だとしてきたのに対して、総統選挙で勝利を収めてから暫くしてから手の平を返した態度を取り始めた

とありますが、蔡英文総統は総統就任前から2021年3月現在まで一貫して台湾と中華人民共和国とは別の国だという主張をし続けています。深田氏の言う「手のひらを返した態度」とはいつの発言なのか、説明がほしいものであります。私の記憶には限りがあるので、民進党寄りの自由時報、国民党寄りの聯合報の過去の記事(2016/5~2017/4を対象期間として)を調べたのですが、それらしい記事は一つも出てきませんでした※1。
ただ、民進党支持者が蔡英文総統に対して不満があるのは事実なのですが、その不満は国内政策に対するものであり、決して対中政策に関しての不満ではない事を強調したいと思います。

※1 出典リンク
自由時報→結果0件
聯合報→結果0件
中国時報はデマを垂れ流す親中メディアであり、且つDB検索精度が悪いので除外


次に
>国民党の支持母体であり台湾人を虐殺した228事件の犯人である青幇に、蔡英文が加入したらしい

とありますが、青幇(チンパン)という組織は台湾では既に「中華安清総会」※2というNGOになっており、秘密結社や中華マフィアという位置づけとは程遠いのが現状なのです。一国の首長が、もはや風前の灯となっている「中華安清総会」に加入するでしょうか?もし、仮に加入したのであれば、四六時中蔡英文総統の失点を探している親中メディアの中国時報や親国民党メディアの聯合報がここぞとばかりに報道するでしょうが、それが一切ないということは深田氏のブログにある「青幇に加入した」はデマであると判断できます。
  なお、台湾メディアは、日本のメディアのように各社一斉に報道しない、ということはしません。どのメディアも他社をすっぱ抜いてスクープを出したいと思っているため、「蔡総統に忖度して加入についての報道を控えている」ということはあり得ない事なのです。日本の状況を台湾に当てはめて、台湾事情を語るのはナンセンスであります。

※2 出典 新聞雲

蔡英文総統は反対勢力から博士号詐称しただの、収入が怪しいだの根拠なき批判を受けているがいつも冷静に対応している。

因みに
台湾人の苛立ちを更に高めたようだ

とありますが、そもそも加入したというニュースが無いわけですから、どこの台湾人が苛立ったのか知りたいものであります。恐らく台湾にも陰謀論的なものがあり、それを信じる極々少数(恐らく数人~数十人レベルの話)が苛立ったのかもしれませんが、それをあたかも台湾の輿論として「苛立った」と書くあたり、非常にミスリードな投稿である事は間違いありません。

そして最後に、ブログ後段に
蒋介石銅像は各大学や地方に設置され、通り過ぎる際に敬礼しなければ『不敬罪』で逮捕されることもあり、銅像近くに思想監視員もいる。

とありますが、数十年前はそうだったかもしれませんが、今、思想監視なんてものは一切ありませんし、台湾観光をした人であれば、分かると思いますが、蒋介石が祀られている(祀るよう強制された)中正紀念堂で、不敬罪で捕まっているところをみたことがありますでしょうか?もしそんな逮捕劇があれば、今や1人1台が当たり前になっているスマホで撮影され、YouTubeやSNSなどで拡散されているはずですが、そんな動画は1つもみたことがないですよね?つまり台湾は完全な言論の自由、思想の自由が保障されている民主主義国家になっているわけであります。
但し、不敬罪自体は存在しており、昨年お亡くなりになった李登輝元総統の遺影に赤いペンキをかけた女性タレントが「礼拝所不敬の罪」で捕まったことはニュースにもなったので、記憶にあるかと思います。

万が一、敬礼しないが故に不敬罪で捕まったというニュースがあれば、コメント欄に記入するなど、お知らせいただければと存じます。

なお、この引用した記事が2017年4月であり、この4年間の間で色々と台湾の事を学び、考え方が変わったかもしれないので、あまり過去のことを掘り返すな!過去の粗探しをするのは左翼的手法だからヤメレ!と言われるかもしれません。ただ、一言、言いたい事としては21年3月になっても深田氏の蔡英文総統への根拠なき批判は続いているということですから、恐らく引用した内容も取り消すつもりは彼女にはないでしょう。

では、近いうちに「深田萌絵氏の台湾デマ(2)」を作成します。お楽しみに!

2021年3月22日 編集(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です