武漢肺炎×防疫宣伝指導 陳時中指揮官

私は中央感染症指揮センター指揮官の陳時中です。
台湾の先手先手の防疫対策は、武漢肺炎の海外からの流入と社会的感染のリスクを低下させております。
政府と足並みを揃えさえすれば、私たちは自信を持って疫病との戦いに勝てます。
先手先手の対策を通して、感染症流行の監視を強化し、水際での検疫管制を強化して皆様の故郷の安全を守ります。

充実した防疫資源の確保するために同時に医療整備を強化し防疫物資を充実させ並びに社会の防疫対策をしっかりと実施しリスクの高い人の追跡管理を強化します。

それ以外に、継続して民衆とのコミュニケーションを強化します。
デマを根絶しパニックを抑えます。
武漢肺炎予防には皆様が団結し故郷を守ることが必要です。
政府と共同で防疫を行ない苦難を共にしている国民一人一人に感謝いたします。

2020年3月23日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です