台湾 マスク1000万枚を欧米等へ寄付

2020年4月1日総統府敞庁談話

2020年4月1日 台湾総統府で蔡英文総統が行なった演説の内容の日本語訳全文となります。

国民同胞の皆様、ライブ中継をご覧の皆様、そして、この場にいるメディアの皆様、こんにちは!

武漢肺炎の脅威に直面し、国民全員の努力の下で国内の流行は最もうまく抑え込めています。
また国際社会からも注目され、認められました。
我々もまた、過去マスクの輸入国だった台湾が世界第二位のマスク生産国になった事を見てきました。
マスクの生産量も絶えず増加しており、国内への供給は十分となっております。
ですから、我々は来週木曜から国民は14日毎に、成人は9枚のマスクの購入、または子供は10枚の購入が可能になりました。

我々は国外にいる台湾国民に最良の防疫ができるようマスクを国外へ送る規定も制定しました。
我々は国内の防疫能力を継続して向上させております。
しかし我々は全ての国民に呼びかけます。
国際的な感染流行がもし有効的に抑え込めなくなった場合、全体的な流行は永遠に収束しなくなります。
台湾も危険な情況である事には変わりありません。
感染流行は世界規模になっており、各国の感染の流行状況は相互に影響し合います。
我々が国内の防疫をきっちり行なっただけでは、パンデミックを食い止めることができません。
国際社会のそれぞれのメンバーが力を合わせ、共同でこの挑戦を克服しなければなりません。
しばらく前に我々は国家チームを立ち上げました。
この期間に我々は世界的なキャンペーンを立ち上げ、他国と共にゾーンディフェンスを行ない全面的に疫病に対抗しなければなりません。

現在、スクリーニングであろうとワクチン、ワクチン、または薬品の研究開発、それと防疫物資の先手先手の対策は、多くの国家が積極的に台湾との協力を求めています。
我々と米国、EU及びチェコは現在、防疫戦略や目下の研究成果の共有について話し合っています。
我々と豪州及び米国は、防疫物資の相互援助も行なっております。
国交のある国に対しては、我々は役立てられるよう現地の購買方法に合わせて必要な医療物資も提供しています。
この期間、我々は多くの新聞報道を見てきました。
ある国では医療体系が深刻な影響を受け医療従事者が生命の危険を冒して患者を助けようとし、しかし、医療物資が不足しているため助けられず、更には、それにより大量の感染者が出ています。

今日私は国際社会に訴えます。
台湾は積極的に各国との防疫対策の協力を強化します。
各国が感染流行拡大に臨んでいる緊急の強力が必要なこの時、人道的思慮に基づき、台湾は絶対に高みの見物であってはなりません。
我々はマスク、薬品、技術の3項目を国際社会に提供することを惜しみません。

第一に
マスクの支援ですが現在台湾は一日に1300万枚のマスクを生産できます。
並びにその生産量は更に増加しており、もうすぐ1500万枚に達します。
この段階で我々は1000万枚のマスクを寄付します。
それは1日の生産量に迫る枚数です。
感染流行が深刻な国家の医療従事者を支援します。
その後我々は国内生産量を見ながら国際社会へ更に多く支援してまいります。

第二に
薬品の支援ですが、ある国家の臨床研究ではキニーネが軽症患者の治療に役立つと考えられています。
そのため政府は製薬会社にキニーネの増産を要請しています。
必要な国家に対して適宜支援してまいります。

第三に
技術支援ですが、我々は目下国内で利用しているビッグデータ分析「電子検疫システム」を共有し必要な国家に感染者の接触履歴を正確に追跡できるようにし、有効な感染症流行調査が行えるようにし、感染症流行の拡散を防止します。
我々の公私立病院はテレビ会議を通して我々の防疫経験と技術を助けが必要な国家に提供し続けています。

私は強調いたします。
これら協力が成し遂げられるのが前提で台湾には「堅強な実力」があり政府にも「行動あってもまだ余力」があります。
台湾国内の感染流行が抑え込みが出来て、物資の準備も万全であって初めて我々は他の国家と協力して人道的支援が提供できるようになります。
その他の医療物資は国内の需給バランスが取れた後に次々と国際協力をしていきます。
如何なる国家でも医療体系が一旦崩壊すると、その影響は1つの国家が陥落するだけではなく、全世界の感染症流行が悪化することを意味します。
それ故に台湾は国際社会の一員としてこの責任を自他のために、負うことを望みます。
我々は皆さんにお見せしています、Taiwan can helpだけでなく、更には Taiwan is helping であることを。
我々は全世界が感染症流行という挑戦に望んでいる下で、台湾は世界と提携して防疫を行なう不可欠な一員でなければなりません。

(ここから英語によるスピーチ)

数か月前から我々は全世界の無数の勇敢な医療従事者の犠牲の奉献を見てきました。
それは世界の公民として我々は彼らを最大の支持する責任を負っています。
我々は協力を強化しなければなりません。
それはつまり我々は経験と物資の共有と共同で治療とワクチンの研究開発を意味します。一国だけでパンデミックを食い止めることはできません。
そして台湾は我々の役割を果たす準備ができています。
将来、我々は武漢肺炎で最も大きな被害を受けた盟友と国家に、余剰マスクと物資を寄付します。
これらの物資は、生命を救うために日夜働いている最前線の医療従事者に提供します。

(英語によるスピーチ終わり)

危急に臨んでいるこの時、世界の各国が団結して相互支援的な面で力を合わせてウイルスに対抗すべきです。
この防疫作戦という場において台湾は重要な影響力を発揮し、国際社会と手を取り難関を乗り越えることを望みます。
皆さん、ありがとうございました。

2020年4月2日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です