深田萌絵氏はどこにいるのか?ライブ映像より検証

これはあくまでも個人の推測であるため、推理小説のような「謎解き」だと思ってご覧いただければ幸いである。

2021年4月4日に米国へ行き裁判を行なってくると述べた愛国者の深田萌絵さんだが、一部の人から日本にいるのでは疑惑があったので、私なりに検証してみた。結果としては

全く分からない

となってしまう。


疑問1.本当に空港にいたのか?

これは、4月4日12時54分に空港であろう場所でライブ配信をおこなっていたので、空港にいたのは確実と考える。

背後にBR198便(台北-成田)が映っており、この日は予定時刻13時15分よりも早い12時48分に到着した。ゲートに向かっている所から、12時50分過ぎからライブが始まったと推測される

場所は風景より旧管制塔の並びから第一ターミナルと分かる。また動画冒頭のEVA航空が見えることより、EVA航空は34番ゲート到着の為、第4サテライトにいると断定できる。

成田空港公式Webサイトより

念のため、Google Earthで現場を見ると、SMBCの看板のついたボーディングブリッジが見える事より、47番ゲート付近でのライブ配信と考えられる。

Google Earthより

疑問2.国内線に乗ったのでは?

第1ターミナルから出発する国内線はピーチ航空なのだが、こちらの搭乗ゲートは第5サテライトからなので、第4サテライトで撮影するのは不自然である。もちろん偽装工作をするために、わざわざ第4サテライトにまで足を運び、ライブ配信を行なった可能性も否めない。


疑問3.どの便に乗ったのか?

調べたことは2021年4月4日の第一ターミナルから出発する便である。ライブ配信は日本時間の13時ちょっと前から始まっており、7分ちょっとの長さである。また冒頭にEVA航空が34番ゲートに向かっている様子も映っている事より深田氏が登場する便を13時以降として、3時間もサテライトで待つことは無いと判断し、13時~16時までのフライトを調べてみた。以下が当日の第一ターミナルを出発する便の一覧である。

1便、1便解説を交えながら可能性を探っていこうと思う。

NRT-MMB(成田-女満別) MM593 13時06分発(定刻12:55) Gate A

→ライブ終了が13時前後のようなので、定刻12時55分では、ファイナルコールされているので女満別行ではないようだ


NRT-ICN(成田-仁川) OZ101 13時28分発(定刻13:20) Gate31

→47番ゲート付近にいたことと、搭乗案内開始時刻が恐らく13時00分くらいなのと、ゲートが31番であり、移動時間を考えるとこの便の可能性は低いと考える


NRT-KMI(成田-宮崎) MM553 13時29分(定刻13:15) Gate H

→定刻13時15分であれば、13時ちょっと過ぎには搭乗ゲート Hまで行かなければならないことを考えると、宮崎行ではないと考えるのが自然だと思う。


NRT-ISG(成田-石垣島) ノーコールサインPeach機体 13:49分(定刻13:25)Gate不明

→ノーコールサインであるため、どのゲートから出発なのか分からない。この便の可能性もあるが、13時25分定刻ということを考えるとこの便の可能性は低いと考える。


NRT-VVO(成田-ウラジオ) SU5481 14時07分(定刻14:05) Gate22

→ウラジオストック!ロシア時刻も14時5分出発予定なので余裕があるのだが、北ウイング第2サテライトのGate22であるため、わざわざ真逆の第4サテライトまで来てライブ配信する可能性は低いと考える為、この便の可能性は低いと考える。


NRT-PVG(成田-上海浦東) NH959 14:11分(定刻14:00) Gate37

→時刻、ゲートの場所といって47番ゲートから近いので、この可能性が高いと思われる。37番ゲート付近からの風景は空港に見えないこともあるので、空港が見える近くの47番ゲートに移動した可能性がある

37番ゲート付近からの風景。非常に殺風景であるため、わざわざ47番ゲートに移動してライブ配信した可能性が高い。

NRT-OKA(成田-那覇)MM505 14:33(定刻14:00) Gate A

→既述のように第5サテライトからの搭乗なのだが、時間的にはたっぷりあるのでこの便の可能性もあるが、わざわざ撮影のために第四サテライトへ来るのであろうか。


NRT-TPE(成田-台北) BR197 14時37分(定刻14:15) Gate34

→こちらも時刻、ゲートの場所から考えると可能性があるが、台湾は厳格な入国後の隔離生活があるため、この便に乗る可能性は低いと考えるが、乗り換えで米国へ渡った可能性もある。


NRT-ICN(成田-仁川)KE704 14:49(定刻14:55) Gate24

→時刻も14時55分出発予定なのでかなり余裕があるのだが、北ウイング第2サテライトのGate24であるため、わざわざ真逆の第4サテライトまで来てライブ配信する可能性は低いと考える為、この便の可能性は低いと考える。


NRT-FUK(成田-福岡)MM525 15:11(定刻14:55) GateD
NRT-CTS(成田-千歳)MM579 15:24(定刻15:00) GateF
NRT-KIX(成田-関空)MM316 15:31(定刻15:00) GateB
NRT-OKA(成田-那覇)MM507 15:37(定刻15:30) 不明

→13時過ぎにライブ配信が終わったことを考えると、その後2時間も時間を弄ぶほど、深田さんは暇人ではないだろうから、これらの国内線に乗った可能性は低いと考えるのと、既述の通り出発ゲートは第5サテライトであるため、わざわざ第四サテライトまで来て撮影するのであろうか。ただ、時間と場所を計算しながら配信しているのであれば、関西空港行きが一番乗った可能性が高いと思う。その方が実家にも寄れるし、コストもそれほどかからないためである。


ということで、4月4日13時~16時に第一ターミナルから出発する米国への直行便がないため

1.経由便を利用した

2.国内線に乗った

の2つの可能性が考えられる。

結局は1と2のどちらにのったのか?は分からずじまいだったが、もしライブ配信の場所からだけで便を特定するのであれば、NH959便の上海行かBR197便の台北行に乗った可能性が高い。彼女が経営している会社Revatronは中共企業のテンセントとも戦略的パートナーシップ契約を締結するなど、中国とビジネスをしていることを考えると、もしかしたら中国に向かったのかもしれないが、まったく確証を持てる情報ではないので、推測の域から脱することもできないし、そもそも上海浦東空港で米国行きの便へと乗り換え(トランジット)する可能性もある。

いずれにしても謎の多い女性であり、ファンはもちろん、アンチの人たちをも楽しませる一流のエンターテイナーなのかもしれない。

2021年4月14日 編集(八度 妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です