ビル・ゲイツの尋常ではない関係 中国美女通訳が回答

  マイクロソフト創始者ビル・ゲイツ氏と妻のメリンダ・ゲイツ氏が離婚し、27年間の結婚生活が終了し、世界中を驚かせたが、ある外国メディアによると、長期間ビル・ゲイツ氏の中国語通訳であった王喆氏は、ビル・ゲイツ氏と尋常ではない関係を持っているとされていたが、これに対して王喆氏本人がWeibo上で「関係ない、早く休もう」と投稿した。

言語能力が非常に高い王喆氏は、通訳の仕事を9年近く行なっている(Weiboより)

  《フォックス・ビジネス》の報道によると、明確な理由は分からないものの、王喆の名前「Zhe “Shelly” Wang」は最近突然大勢の人の注目を集め始め、検索エンジン内では、ビル・ゲイツ氏と緊密な関係であるとされているが、これは王喆氏がビル・ゲイツ夫妻との間の仕事だけの関係ではない尋常ではない関係である事を暗示しているとの事だ。

  王喆氏の言語能力は非常に高く、通訳の仕事を9年近く任されており、2012年9月にモントレー国際大学院の通訳を行ない、翌年TEDに加入。彼女はチームで中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ロシア語とスペイン語の翻訳活動を率いており現在ビル・ゲイツ基金会の通訳の仕事だけでなく、イエール大学経営大学院とハーバード・ビジネス・スクールの同時通訳も行なっている。

ビル・ゲイツ基金会だけでなく、イエール大学やハーバード大学でも通訳をしている王喆氏(Weiboより)
Foxニュースより

  外界の噂に対して、ネット民がWeibo上で王喆氏に質問した所、王喆氏は「独身女性が全てを都合よく手に入れる事ができると思うの?関係ないでしょ、早く休もう」と回答した。そして、自身のWeiboアカウント上で「本来火のない所に煙は立たぬという噂は自然消滅すると思っていたが、広がれば広がる程酷くなるとは思わなかった」と投稿し、ネット民が根拠のない噂話に無駄な時間を費やす必要はないとの考えを示し、最後に「関係無い、ほっといてちょうだい」と締めくくっていた。

2021年5月6日 編集・翻訳(八度妖)



次回スマホ買い替えの際はこの機種または後継機を購入するつもりです

Web管理者感想

  通訳という職業には確かに美人が多いのは確かだ。特に同時通訳など、言語に関する脳は一般的に女性の方が優れていると言われているためなのか、女性が多いような気がする。また、グローバル企業や世界的な活躍をしている人物には必ずと言って良いほど、専属の通訳がいる。それは、重要人物は機密事項に触れる会話をすることがあり、機密が漏れるリスクを減らすという目的以外にも、重要人物の考え方をある程度把握していた方が正確な通訳、自身に有利になるような通訳を行なうため、どうしても通訳と重要人物の仲が近くなってしまうのである。
  もし重要人物の専属通訳が、その人物の国籍と同じ出身の通訳でなかったら、その重要人物は危機管理が出来ていないということになる可能性が高い。ましてや重要人物が男性で、通訳が若い異国の女性で、それなりの容姿を持っているのであれば、ハニートラップである可能性が非常に高いと考えても良いと思う。
現に日本の総理大臣にもなった某自民党議員もハニートラップにかかったと言われているが、色仕掛けをしたのは異国の若い美人であったと言われているのを思い出してほしい。

  重要人物になればなるほど、通訳は自国民から採用するべきだと思う。通訳の渡航費用をケチるために現地で通訳を雇うような大企業や政治家は脇が甘いと、私個人はそう考えます。

※あくまでもこれは個人の感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です