中国渤海で1億トン以上の大油田発見!100万台の自動車が20年走行可能な量

渤海油田

  中国メディアによると「中国海洋石油(中海油)」集団の本日の発表によると、最近行われた調査で、中国渤海莱州湾(らいしゅうわん)北部にある「墾利(Kenli)6-1油田」の原油埋蔵量が1億トンを超えることが分かった。その量は7億バレル以上で、100万台の自動車が20年間走り続けれることが出来る量である。

  中国メディアの報道では、渤海油田開発は長く行われていたが、莱州湾北部にある「墾利6-1油田」は1970年代末から調査が開始されて以来、少量の原油が散見するだけで、理想的な結果を残すことが出来ていなかった。しかし、中海油が2019年から原油の増産を目標とした「7年行動計画」を開始しており、近年の地質分析を行なった所、1か所で100平方キロメートル(1万ヘクタール)の面積に1億トンを超える原油が埋蔵されている大油田を発見した。

  中国メディアでは、墾利6-1油田の埋蔵量が膨大なだけでなく、原油品質も良く、石油の生産が開始されると、「社会的及び経済的に非常に大きなメリット」をもたらすと言われており、且つ中国の「エネルギー問題」に対しても、そして渤海周辺の経済的発展においても非常に大きな意義があると述べた。

  今回、墾利6-1油田に巨大な埋蔵量の原油が見つかったため、中国の渤海油田の年間生産量は4000万トン(約2.8億バレル以上に相当)が可能となり、且つ10年間は安定的に生産できると保証されると考えられる。

2020年5月27日 編集・翻訳(八度 妖)

サイト管理者感想

  素晴らしい!さすが中華人民共和国!7億バレル以上の良質な原油が見つかって良かったですね!武漢肺炎ウイルスも、収束しろと言えば、収束してくれるし、成果が芳しくない油田を再調査すれば、7億バレル以上が埋蔵されていることが見つかるし、さすがでございます!今や石油の輸入大国となった中国は、この発見で、総消費量のうち、輸入に頼る割合を減らすことができますね。


  しかし総埋蔵量が7.3億バレルということですが、中国は日量800万バレルを海外から輸入しているとの事なので、単純計算では90日くらいしか持たないという形ですね。これを敢えて「100万台の自動車なら20年間分の消費量に相当」と言う風に、膨大な埋蔵量であるかのように報道するあたり何か意図があるのかもしれません。

参考にしたサイト
中国の石油需給 ~原油輸入増、石油製品輸出増、輸送分野の石油代替進展~
https://oilgas-info.jogmec.go.jp/info_reports/1007679/1007776.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です