独占:昭和史の謎が解明 A級戦犯の遺骨を太平洋に撒く

  極東国際軍事裁判(東京裁判)で東條英機元首相ら7名がA級戦犯として裁かれたが、その遺骨の行方に関する文書が近日見つかった。文書の内容には、米軍将校(少佐)が「私が太平洋上で散骨した」と記載されていた。これは初めて米軍がA級戦犯の遺骨の処理について具体的な方法を知り得る文書である。それ以外に、外界は遺骨は遺族に返還されていない事から太平洋又は東京湾で散骨されたと推測されていたが、実際は昭和史の謎の1つであった。

  文書は、占領期に横浜市に司令部を置いた米第8軍が作成。日本大生産工学部の高澤弘明専任講師(法学)が米国立公文書館で入手した。詳細が記載されていたのは、7人が処刑された1948年12月23日付と1949年1月4日付の2種類の極秘文書。少佐の盧瑟・弗瑞森(ルーサー・フロイセンと推測)が現場責任者であり、彼はこれを「戦争犯罪の処断と死体の最終処理に関連する詳細報告書」に記録した。

  文書には、1948年12月23日零時を過ぎた後に、東京巣鴨プリズンで7名の死刑が執行され、当該少佐も現場にいた。死体を載せたトラックは深夜2時10分に巣鴨プリズンを出発し約1時間半後に横浜市内の米軍第108墓地(現横浜緑ケ丘高等学校)に小部隊に登録された。早朝7時25分に小部隊を離れ、同30分後に横浜市の火葬場(現久保山火葬場)に到着。死体は午前8時05分よりも前にトラックから直接火がついている炉の中に入れられた。

  文章の記載によると、火葬後、7名の遺骨は別々に骨壺に入れられ、米第8軍によって運ばれ、当該少佐は「連絡機に搭乗して横浜から東へ約30マイル(48km)飛んだ太平洋上空で、私は広い範囲に渡り散骨した」と語っている。

  横浜市は、滑走路は火葬場から約2キロ程離れた現在の中区若葉町にあると述べた。文章の内容を見る限り、散骨された遺灰は当日判断されたと読めるが、「約30マイルの場所」が太平洋のどの場所、どの時刻であるかの記載はない。

  東條のひ孫である英利氏(48歳)はインタビューに対して「遺骨がどこかに廃棄されるより、海への散骨で自然に返されたのはましだ」と冷静に答えた

  処断の時刻と場所については連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)のシーボルド外交局長は著書の中で「指導者の墓が将来神聖化されないために、散骨という方法を取った」と書かれており、今まで散骨した場所に関して太平洋なのか東京湾なのかという噂や憶測があったが、この文書が見つかるまで明らかにする事ができなかった。

2021年6月7日 編集・翻訳(八度妖)

記事アーカイブ
https://archive.vn/aqNBJ

編集者感想
  共同通信日本語版の有料記事には詳細が載っているのかもしれないが、現在無料で読める記事には冒頭の2段落くらいの内容しかない模様。しかしながら、中文版の記事においてはこのようにもう少し詳細まで書かれている。太平洋上で散骨したことが日本国内に知られてはマズいのであろうか?それとも、今まで噂されていたことに近い内容であるから、特に詳細に伝える必要がないと判断したのか?

いずれにしても共同通信はこのように日本語記事と中文記事にの内容に大きな差があることがあるので、その意図が知りたい。特に中文の記事が詳細に書かれているのは、状況の説明を含んでいるとかそういうことではないのであるから、何か意図があるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です