死傷者を出した中印衝突 仏国防大臣が印度支持

フロランス・パルリ仏国防大臣

  フランスのフロランス・パルリ(Florence Parly)国防大臣が30日印度国防大臣のラージナート・シン(Rajnath Singh)氏へ宛てた手紙の中で、ラダック地区のザ・ギャロワン川で20名の兵士が殉職したことに哀悼の意を表し、並びにインドを訪問し両国が戦略的協力を推進することを願っているの述べていた。

   メディアの報道によるとパルリ大臣は手紙の中で、「ラダックで死傷した兵士とその家族そして国家にとっては、大変重苦しい事件であり、このような難しい局面において、私は仏国軍と揺るぎない友情の下で支持することを表明する。インド軍とその被害に遭われたご家族に対する私の深い慰問の意を伝えてくださるようお願いする」と書かれていた。

  パルリ大臣はまた印度とフランスは戦略的パートナーであり、フランスは印度に対して声援を送り、今後印度を訪問して両国国防関係が深くなるよう会談を行ないたいと述べた。

   フランスと印度は2016年に36機のラファール戦闘機を購入する契約を行ない、その金額は580億ルピー(約830億円)にのぼり、4機のラファール戦闘機が7月27日に印度のアンバラ(Ambala)に初めて納入され、その後インド空軍に就役する予定である。

  国防方面での協力は、フランスの支持によりインドは「ミサイル技術管理レジーム(MTCR)、ワッセナー・アレンジメントに加入することが出来る。1998年、印度は元首相であるアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー(Atal Bihari Vajpayee)政権下で核実験を行なったが、フランスは西側国家で唯一インドを支持する国である。

2020年7月1日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
フランス国防部が印度を支持すること表明したが、それはラファール戦闘機の売却など、印度はフランスにとっての大事なお客様であるからリップサービスだと思ったのだが、調べてみるとフランスは中国へTAVITACと呼ばれる軍艦用戦術情報処理装置を導入していたりするので、フランスにとってはどちらも大切なお客様という感じであろうか。そして、今回の印中衝突で両者ともに死傷者を出している中で、印度支持を表明したということは、やはり中共との決別を覚悟したものであるのかもしれない。ただ、外交の世界は、口先だけということもあるので、あんまり鵜呑みにできないところもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です