両岸経済文化交流協力の更なる促進に関する措置(台湾優遇措置26項目) – 全項和訳

新華社電によると、中国政府は4日、台湾の企業や個人に対する優遇策を発表した。来年1月の総統選をにらみ、台湾で親中国的な雰囲気を醸成する狙いとみられる。高速大容量の第5世代移動通信システムの整備や、テーマパークなどの分野で台湾企業の中国進出を促す。同日から施行した。
—2019年11月4日付 産経新聞より

というニュースが流れたがその中にある「關於進一步促進兩岸經濟文化交流合作的若干措施(両岸経済文化交流協力の更なる促進に関するいくつかの措置)」について全文を和訳したのでご覧いただければと存じます。


一、为台湾企业提供同等待遇
一、台湾企業の為に提供する同等待遇

1.台资企业可同等参与重大技术装备研发创新、检测评定、示范应用体系建设,可同等参与产业创新中心、工程研究中心、企业技术中心和工业设计中心建设。

1.台湾企業は重要技術設備の研究開発・イノベーションや検査評価、モデルとなる建設に参与でき、また産業イノベーションセンタ、工程研究センター、企業技術センターと工業設計センターの建設にも参与できる。

台湾企業は国家重要プロジェクトに参加できるということです。

2.台资企业可按市场化原则参与大陆第五代移动通信(5G)技术研发、标准制定、产品测试和网络建设。

2.台湾企業は市場化の原則に則り、中国5Gの研究開発、基準の制定、製品試験とネットワーク構築に参与できる。

5G関連の整備に参加できるということです

3.台资企业可同等参与大陆城市建筑垃圾资源化利用、园林废弃物资源化利用、城镇污泥无害化处置与资源化利用、再生资源和大宗工业固废综合利用等循环经济项目。

3.台湾企業は中国都市のごみの資源利用の建設、庭園廃棄物の資源利用、都市の汚泥無害化処理と資源利用、再生資源と大口固形廃棄物の総合利用等のリサイクル経済項目に参与できる。

リサイクルなどの分野に参加できるということです。

4.符合条件的台资企业可与大陆企业同等投资航空客货运输、通用航空服务,参与符合相关规划的民航运输机场和通用机场建设,开展咨询、设计、运营维护等业务。

4.条件に合致した台湾企業は中国企業と同様に航空旅客輸送、航空貨物輸送、一般航空サービスに参与でき、関連規定に合致した民間航空輸送空港と一般空港の建設、情報展開、設計、運営、メンテナンスなどの業務にも参与できる。

航空産業にも参加できるということです。

5.台资企业可投资主题公园,可以特许经营方式参与旅游基础设施和配套服务建设。

5.台湾企業はテーマパークへの投資が行なえ、特別許可を得た経営方式で旅行インフラ施設とそれに適したサービスの建設に参与できる。

テーマパーク関連事業に参加できるということです。

6.支持符合条件的台湾金融机构和企业在台资企业集中地区发起或参与设立小额贷款公司、融资租赁公司和融资担保公司等新型金融组织。

6.台湾企業が集中している地区で少額貸付企業の設立または参与、融資リース会社と融資担保会社などの新型金融組織を発足または設立させようとする条件に合致した台湾金融機関と企業を支援する。

つまり金融関係の法人を設立・運営できるようになるということです。

7.鼓励各地根据地方实际,为台资企业增加投资提供政策支持。

7.地方の実際の状況に応じて、台湾企業の投資を増加させる政策を奨励する。

台湾企業が中国に更に投資することを支援するということです。

8.符合条件的台资企业可向地方各级政府性融资担保基金申请担保融资等服务,可通过股权托管交易机构进行融资。允许台资企业在银行间债券市场发行债务融资工具。

8.条件に合致した台湾企業は地方の各政府の融資担保基金に対して担保融資等の申請を行うことができ、株式取引所を通して融資を行なえる。台湾企業は銀行間債券市場で債務融資の発行ができる。

台湾企業が融資や債券発行が行なえるということです。

9.台资企业可与大陆企业同等依法享受贸易救济和贸易保障措施。

9.台湾企業は中国企業と同等に貿易救済と貿易保障措置を受けることができる。

台湾企業も貿易に関して保護が受けられるということです。

10.符合条件的台资企业可与大陆企业同等依法利用出口信用保险等工具,保障出口收汇和降低对外投资风险。

10.条件に合致した台湾企業は中国企業と同等に輸出信用保険などの手段を利用することができ、輸出為替の回収の保障と対外投資リスクの低減を受けられる。

台湾企業は貿易のリスクを低減できるということです。

11.对从台湾输入大陆的商品采取快速验放模式,建立有利于规范和发展第三方检验鉴定机构的管理制度,在风险分析的基础上,科学、稳妥、有序推进台湾输入大陆商品第三方检测结果采信。对来自台湾的符合要求的产品实施风险评估、预检考察、企业注册等管理,推动两岸食品、农产品、消费品安全监管合作。

11.台湾が輸入する中国の商品採取スピード検査方式に対して、ルールと協力会社の試験検査機構の管理制度を有利にする。リスク分析を基礎として、台湾向け中国商品について科学的に、着実に、ルールどおりに進める協力会社の検査結果を採用、信頼する。台湾から合致を要求された製品に対しては、リスク評価、事前検査の考察、企業党旗などの管理を実施し、両岸の食品、農産物、消費商品の安全監視監督の合作を推し進める。

台湾向け中国製商品は素早く検査を通すということです。

12.台资企业可与大陆企业同等参与行业标准的制订和修订,共同促进两岸标准互联互通。

12.台湾企業は中国企業と同等に業界基準の制定と修正に参与でき、両岸の基準がお互いに通用できるよう推進する。

業界基準の策定に関われるということです。

13.符合条件的海峡两岸青年就业创业基地和示范点可以申报国家级科技企业孵化器、大学科技园和国家备案众创空间。

13.条件に合致した海峡両岸青年就業企業基地とデモサイトは国家レベルの科学技術企業インキュベーター、大学サイエンスパークと国家登録のワーキングスペースに申し込みができる。

起業援助があるということです。

二、为台湾同胞提供同等待遇
二、台湾同胞に提供する同等待遇

14.台湾同胞可在中华人民共和国驻外使领馆寻求领事保护与协助,申请旅行证件。

14.台湾同胞は中華人民共和国駐外国大使館、領事館に領事保護と協力を求めるができ、渡航文書を申請できる。

台湾人も海外でも中国大使館を使っていいよ、ということです。

15.台湾同胞可申请成为农民专业合作社成员,可申请符合条件的农业基本建设项目和财政项目。

15.台湾同胞は農民専業合作社のメンバーになる申請を行なえ、条件に合致した農業基本建設プロジェクトと財政プロジェクトの申請ができる。

台湾人は農業分野にも参加できるということです。

16.台湾同胞可同等使用交通运输新业态企业提供的交通出行等产品。

16.台湾同胞は交通運輸の新業態企業が提供する交通手段などと同様の製品サービスを提供できる。

UberやGrabのようなサービスにも参加できるということです。

17.试点在福建对持台湾居民居住证的台胞使用大陆移动电话业务给予资费优惠。

17.福建において台湾住民居留証を持っている台湾同胞に対し、大陸の携帯電話サービスの費用優待付与を試す。

台湾住民居留証とは、台湾人が中国で長期滞在するための在留カードのようなものです。
福建省においては、携帯電話代が安くなるということです。

18.持台湾居民居住证的台湾同胞在购房资格方面与大陆居民享受同等待遇。

18.台湾住民居留証を持っている台湾同胞が住宅を購入する資格において、中国住民と同等の待遇にする。

住宅購入が中国人と同じ条件になるということです。土地は相変わらず国家のものですが。

19.台湾文创机构、单位或个人可参与大陆文创园区建设营运、参加大陆各类文创赛事、文艺展演展示活动。台湾文艺工作者可进入大陆文艺院团、研究机构工作或研学。

19.台湾のクリエイティブ機構、単位または個人は、中国のクリエイティブパークの建設運営に参与でき、中国の各種クリエイティブのイベント、文芸、演芸などの活動に参加できる。台湾文芸に従事する者は中国文芸院チーム、研究機構の仕事または研究にかかわることができる。

芸能関係も自由に活動できるということです。

20.在大陆工作的台湾同胞可申报中国文化艺术政府奖动漫奖。

20.中国で仕事する台湾同胞は中国文化芸術政府が推奨する動画漫画賞への参加ができる。

文化芸術系のコンテストに参加できるということです。

21.在大陆高校、科研机构、公立医院、高科技企业从事专业技术工作的台湾同胞,符合条件的可同等参加相应系列、级别职称评审,其在台湾地区参与的项目、取得的成果等同等视为专业工作业绩,在台湾地区从事技术工作的年限同等视为专业技术工作年限。

21.中国の高校、科学研究機構、公立病院、ハイテク企業に従事する専門技術職の台湾同胞は、条件に合致すれば、規定に沿って関連系列、レベルに応じた役職の評議審査に参加できる。台湾地区にて参与したプロジェクト、取得した成果などは専門的仕事の業績と見なし、台湾地区で技術職に従事している年数も専門技術職の年数と同等と見なす。

台湾での得た実績は中国で得たものと同じにするということです。

22.台商子女高中毕业后,在大陆获得高中、中等职业学校毕业证书可以在大陆参加相关高职院校分类招考。

22.台湾企業従業員の子女は高校卒業後、中国で高校、中等職業学校の卒業証書を以って、高職院校(大学相当)分類試験に参加できる。

台湾の学校を出ても、中国の学校を出たものと見なすということです。

23.进一步扩大招收台湾学生的院校范围,提高中西部院校和非部属院校比例。

23.台湾学生の募集採用をする学校範囲の拡大させるために、中西部の学校の比率を高める。

中国全土で勉強できるということです。中西部とありますが、東トルキスタン(所謂新疆)やチベットなども含むという意味かと思われます。

24.台湾学生可持台湾居民居住证按照有关规定向所在大陆高校同等申请享受各类资助政策。在大陆高校任教、就读的台湾教师和学生可持台湾居民居住证同等申请公派留学资格。

24.台湾学生は台湾住民居留証を持っていれば、関連の規定に倣い、中国の高校に各種支援政策を申請できる。中国の高校で教職に就いているまたは学んでいる台湾教師と学生は台湾住民居留証を以って、国費留学資格申請を行なえる。

就学援助や国費留学としてお金を出してくれるということです。

25.欢迎台湾运动员来大陆参加全国性体育比赛和职业联赛,积极为台湾运动员、教练员、专业人员来大陆考察、训练、参赛、工作、交流等提供便利条件,为台湾运动员备战2022年北京冬奥会和杭州亚运会提供协助。

25.台湾スポーツ選手が中国の全国スポーツ大会とプロの試合に参加することを歓迎し、台湾スポーツ選手、コーチ、プロ選手が中国での視察、練習、試合、仕事、交流などに積極的にできるよう好条件を提供し、台湾スポーツ選手が2022年北京冬季オリンピックと杭州アジア競技大会に参加できるよう協力していく。

スポーツ選手に対しても優遇するということです。

26.台湾运动员可以内援身份参加大陆足球、篮球、乒乓球、围棋等职业联赛,符合条件的台湾体育团队、俱乐部亦可参与大陆相关职业联赛。大陆单项体育运动协会可向台湾同胞授予运动技术等级证书。欢迎台湾运动员报考大陆体育院校。

26.台湾スポーツ選手は中国国内選手として中国サッカー、バスケットボール、卓球、囲碁などのプロリーグに参加できる。条件に合致した台湾スポーツチーム、クラブもまた、中国の関連プロリーグに参加できる。中国の体育運動協会は台湾同胞に対して運動技術レベル証書を与えることができる。台湾スポーツ選手が中国スポーツ学校を受験することを歓迎する。

台湾人選手は外国人枠ではなく国内選手と同じ身分でリーグに参加できるということです。

以上が台湾に対する優遇政策26項目でした。

2019年11月4日 翻訳、2020年7月8日修正 (八度 妖)
※小生は法律の専門家でもなければ、専門の翻訳家でもないため、誤りがあると思います。

総統府の丁允恭報道官。この優遇策は台湾の人々に真の利益をもたらさないと反発

Web管理者感想

  文面だけ見ると、台湾人を中国人に同化させる政策で、中国投資を計画している台湾人であれば、非常に良い条件ですが、ちゃんと文面通りに約束を守る国ではないですから、これを鵜呑みにするのは大変危険なことだと考えます。まぁ、香港が今、大変大きな問題になっており、台湾人が注目し、中共は嘘つきで、とても危険な国家であることを既にしってしまった台湾人にとっては、この政策を打ち出したことは、時すでに遅しといった感じでしょうか。
  ただ、心配なのはお金に目がくらみ、国民党を支持する台湾人が増えてしまうことでしょうか。現在、総統選は対立候補のダメっぷりがさく裂し、蔡英文総統の続投の可能性が高くなっておりますが、このように中国が飴と鞭の飴も出してき始めたことによって、また支持率が変わってくる可能性もあるということですね。

  民進党支持の購読者の多い自由時報は、この優遇策を打ち出した後の最初の記事のタイトルが、「台湾企業撤退の流れに対抗策、台湾人引き込み、中国新たに26条措置を打ち出す」でした。ということは、台湾企業の撤退が始まっているということなのでしょうかね。自由時報Webサイトのコメント内に中国経済が崩壊するとありましたが、お金にシビアな台湾人や台湾商人が中国市場から撤退し始めているということは、本当に経済状態がよろしくないのだと思います。


———————-
という昨年11月時点の感想でしたが、武漢肺炎もあったのも理由の一つですが、中国経済の崩壊及びそれを察知している台湾企業の先見の明には感服いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です