帰国か自殺か!FBIが習近平の「キツネ狩り作戦」を暴露。中國報道官も認める。

  米国連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官は7日、中国指導者の習近平が主導する「キツネ狩り(Fox Hunt)」と呼ばれる、反汚職という名目で海外にいる脅威となる中国人を捕まえる作戦がある事を述べ、それに関わった人物は、「即帰国または自殺」を迫られたという。中国外交部スポークスマンの趙立堅氏は今日(8日)、確実にこのような作戦が存在することを認めた。

  レイ長官は7日ワシントンのシンクタンクであるハドソン研究所で、「キツネ狩り作戦」は2014年から反汚職運動名義で世界各国にいる中国人を捕まえるものであり、これらに関わった人物はすべて中共が持つ政治の考えとは異なっているか、中国の人権侵害を批判している人物であり、その被害者の数は現在アメリカだけで数百人にものぼり、その大多数が米国籍を有しているかグリーンカード保持者であるとしている。

  レイ長官は、中国政府は彼らに対し即中国に帰国することを迫っていると述べている。例えば、中共当局がスパイを米国へ派遣し、米国に居住する中国人家族を訪れ、「『キツネ狩り作戦」の対象になった人物には2つの選択肢しかない。『即帰国か自殺か』だ」と伝えるなどだ。レイ長官は、FBIが現在進行している5000件以上のスパイ案件でおよそ半分が中国と関係していることにも触れた。

  中国外交部スポークスマンの趙立堅氏は今日(8日)、定例記者会見の中で、「キツネ狩り作戦」が確実に存在していることを認め、中共当局は積極的に「海外に逃亡した犯人」を捕まえているのだが、それは「法律の尊厳と社会主義」を守るためであり、多くの国家も海外で類似の活動を執行していることを強調した。そして「米国の官僚がこのような態度を出すという事は、それは米国が犯罪者たちの逃亡できる天国になりたいことを意味するのか?」と述べた。

  FBIが抱えている案件の多くが中国スパイ関連であるという事に対し、趙立堅報道官は「彼ら(米国)は中国安全保障部門が負けるなんて勘違いするな。」とけん制。趙報道官はレイ長官の述べている事は事実無根であり、十分な政治的嘘であり、中国当局は米国政府に対して、米中相互の信頼と協力関係を壊さないよう、即刻誤りを正し、中国に関する誤った情報を発表することを止め、毎日連続して嘘を拡散しないことを求めた。

2020年7月9日 編集・翻訳(八度 妖)


以下、Web管理者感想

  スパイ防止法等が存在する米国でさえ、FBIが抱える5000件のスパイ案件のうち、およそ半分が中国絡みだということですので、日本はどうなんだ、という話になりますよね。日本国を愛している人たちであればもはや常識的なことですが、スパイ防止法がない日本はスパイ天国と揶揄されておりますので、恐らく2500件では済まないような気がします。実際に警察白書にも、中露朝は様々な形で対日有害活動を行なっていると書いてありますからね。最近ではSNS上にも「こりゃ日本人と分からないなぁ」と思うような人もいれば、コイツは五毛党だな、と思われる拙い情報発信をしたりするのを目にします。私のような一般市民ですら有害活動を目にすることができるのですから、立法機関、行政機関、軍関係、有名企業などにもたくさん入っているんだろうなと想像しております。司法機関はどうなんでしょうかね。時々変な判例を見るのですが、あれは世間離れした生活を送っている裁判官だからかと思うのですが、法曹界も中国ではないですが、あまり良くない噂も聞くので、想像するだけでも恐ろしいものです。

  さて、この「キツネ狩り作戦」ですが、ちょっとだけ調べた見たのですが、2015年くらいにNewsweekやロイターも汚職撲滅のためにインターポールと協力しながら、キンペーちゃんは海外に逃げた幹部たちを徹底的に捕まえてやる、キンペーちゃん凄い的な書き方でしたが、今考えると多くのメディアが中共のプロパガンダに乗せられていたという事が分かります。しかも今回スポークスマンのあのあんちゃんも「キツネ狩り作戦」を公式に認めたという事で、今囁かれている中共の噂も、本当なのでは?と思い始めました。

  ただですね、濱 嘉之さんという作家の「国家簒奪 警視庁公安部・青山望」という小説?の中でも「キツネ狩り作戦」が出ておりましたので、警察や公安関係の人には常識の作戦なのかもしれませんね。

  ところで、日本のマスコミはこれを発表しているか?と調べてみたいのですが、やはり報道はされておりませんでした。私が見たのはBBCとBloomberだけでした。
  しかし、テレビ朝日の小松靖アナウンサーが生放送で「ウイグル(新疆)問題を扱うと中国当局のチェックが入る」と内部告発のような爆弾発言をしていましたよね。あのテレビ朝日ですら中共のやり方に不満があることに気が付いたのかもしれませんね。もしかしたら小松靖さんだけが気づいたのかもしれませんが、ちょっとでも良いからこういう風に中共の恐ろしさ、ずるさに気づく人が増えれば良いなぁと思った次第でございます。

※NHKが2020年7月8日早朝にWebで記事を配信していました。

YouTubeでも配信しております。

“帰国か自殺か!FBIが習近平の「キツネ狩り作戦」を暴露。中國報道官も認める。” への3件の返信

  1. 共産党を、完全に潰しましょう。
    習近平を投獄しましょう。
    アイツは何人を殺せば気が済むのだ‼️
    生きる悪魔だったら‼️

  2. 私が昔、洗脳されていたときに関係した九条の会で播磨靖国控訴団団長の尺一顕正師にお会いしたが、お酒の席で『神戸のチャイナタウンにいる大陸との窓口係りがわしらのスポンサーじゃ』と口を滑らせていました。もう15年も昔のことです。

    孫の尺一順大師は『チベット難民は変な仏像でも拝んでろ、台湾人も天安門事件も法輪功も知るかぼけあいつらも変な仏像でも拝んでろ、ウイグル人?変な神様拝んでろ、内モンゴル?きたねー泥の上で変な馬でも拝んでろ!香港?黄色い全身タイツのキモイやつでも拝んでろ!ネトウヨざまあ!ろんぱっぱ!従軍慰安婦様と南京様が唯一の正義だ!日本人は謝罪汁!』

    とまあ左翼のヘイトかき集めたのをしらふで龍谷大学の親中国共産党団体『核と平和の会』の護憲派集会で叫んでました。

    きっとこの男たちは人間ドックで頭に異常が見つかってるはず!

    今は私は、この集まりからは卒業しました。
    尺一師の同志だった設楽師は後年「顕正くんは殊の外、中国政府のウイグル・ホロコーストを『でっち上げだ、私は敦煌とか良く知ってるがみんな中国共産党の下でニコニコ暮らしていた!』といきりたって話していた。毛沢東はスターリンよりえらいとか、私が今回、チベット虐殺に抗議するためにチベット虐殺の供養法要とデモ行進をやるのも亡くなった尺一くんがいた時はしづらかったチベットの為の集まりを今こそやるとき!と思ったからです。』と2008年の北京五輪反対チベット虐殺供養法要で話されていました。

fuziiii へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です