身分隠し米国へ入国 3名の解放軍人がFBIに逮捕

   米国政府が4名の中国籍の人物が人民解放軍の身分を隠したまま米国へ入国したことが虚偽のビザに当たると非難している。米国連邦捜査局(FBI)は既に3名を逮捕したが、残りの1名は報道によると中国駐サンフランシスコ総領事館に隠れているとされている。

  《BBC》の報道によると、米国司法省は23日に中国人民解放軍が実際の身分を隠した情況で、米国へ入国するための研究者向けビザを申請したとリリースを発布した。その中で「これは中国共産党が我が国の開かれた社会と学術機構を異として利用した実例である」との述べた。FBIも全国25都市で人民解放軍の身分を隠した容疑で審問を行なっている。

  報道の中で、4人は解放軍に従事したことが全くない、あるいは既に退役していると宣言しているが、その中の1人王興(Wang Xin) は6月7日ロサンゼルス国際空港で米国税関・国境警備局の取り調べを受け、彼はその後自分が軍人大学の実験室に従事する解放軍の身分を有していることを認めたが、ビザには2016年に退役していると記されていた。

   残りの宋晨(Song Chen)と趙凱凱(Zhao Kaikai)の両名は7月18日に逮捕された。検察官は、宋晨は既に解放軍を離れていると宣言していたが、解放軍空軍病院に従事しており、趙凱凱は従軍経験が全くないと宣言していたが、実際は解放軍上級研究機構のメンバーであることを指摘している。

※ローマ字からの漢字起こしのため、漢字が異なる可能性があり。Sakaiを酒井とも阪井とも堺とも表記できるのと同じ

2020年7月24日 編集・翻訳(八度 妖)

Webサイト管理者感想

  ふと思ったが、日本でも同じようなことが行なわれていると思っても間違いないであろう。日本の研究機関などで働く外国人も増えてきていると思う(個人的推測で実データ無し)。もし「外国人研究者Welcome」という状態であれば、このニュースにあるように、日本の滞在ビザ申請書類に虚偽が無いかを調べてみるべきだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です