【歴史トリビア】毛沢東、我々は台湾独立に賛成する

毛沢東ってどのようなイメージがありますか?恐らく私のこのサイトをチェックして下さっている方の中に「いやぁ、中国を建国した素晴らしき指導者だ!」なんて思う人はいないと思います。共産主義という思想が実際の社会には向かないということが分かった現在、彼の思想及び過去の行ないを振り返ると、トンデモナイ人物だという事はご存じかと思います。ただ、今日は彼の思想の中で揚げ足取りになってしまうかもしれませんが、面白いとでもいうのでしょうか、ご紹介したいものがありましたので、ブログにしてみました。


中国の対台湾窓口にあたる国台弁の主鳳蓮 報道官は7月28日、台湾立法院(国会に相当) 游錫堃 院長を「台湾独立」言論を広めたとして名指しで批判した。游院長は同日夜、国立台北教育大学文化研究所の李筱峰(りしょうほう)教授の研究を引用して、中共は以前台湾独立に賛成したことがあり、また皮肉を込めながら、国台弁は公平になるべきで、「毛沢東を捨てるべきではない」と反論した。これはいったい何を言っているのであろうか。

  李筱峰教授は曾て2015年5月6日の蘋果日報(アップルデイリー)台湾版の記事に於いて、「中共が以前台湾独立に賛成していた」という題名で投稿していた。この記事では、1928年、中共の指導の下、謝雪紅、林木順ら台湾籍の左翼勢力が台湾共産党を企画立案し、4月15日に台湾共産党は上海フランス租界地に於いて設立された。政治大綱の第2条と3条には「台湾人民独立万歳」、「台湾共和国建国」と明確にされている。当時の中共はこの考えに反対するのではなく、台湾共産党設立大会には中共代表として彭榮氏を参加させた。

  またアメリカの学者エドガー・スノー氏の著書《中国の赤い星(Red Star over China)》の中に、1936年7月16日、スノー氏が延安を訪問し毛沢東に「中国人民は日本帝国主義者の手中から失った土地を取り返すべきか?」と質問したのに対して、毛沢東は当時「万里の長城以南の主権を守るだけでなく、我が国が失った全ての土地を取り返すべきだ。それは満州は必ず取り返すべき土地であるという事である。但し我々は以前の中国の植民地であった朝鮮をこの中には含めない。我々は中国が失った土地を取り返し、独立出来た後に、もし朝鮮人民が日本帝国主義者の枷と鎖から脱却を望むのであれば、我々は彼らの独立闘争に対して熱烈に支持をする。これについては台湾に対しても同じである」と回答している。

  李筱峰教授は、1941年6月に、周恩来は《民族至上と国家至上》という文中で、中国は自らが自主独立を追求する以外にも、其の他民族国家の独立解放運動を支持すると表明している。これら運動には、朝鮮、台湾の反日運動も含まれている。

  また、1945年5月1日付の《解放日報》では、第二次大戦終結前に中国共産党は1945年4月23日から6月12日の間、第七回全国代表大会を開催したが、その中には《台湾等の国にいる党員による中共7回全国代表大会祝辞》という台湾と名する資料があり、公表された祝辞には「台湾等の国」には台湾、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、オランダ領インドネシア、ミャンマーが含まれている。祝辞の中には明確に中共が長期的に「東方の各民族(台湾を含む)」の独立運動を支持していくことがはっきりと書かれている。

  李教授は更に、戦後国民政府が台湾を接収管理し、1947年に台湾で「二二八事件」が発生した時に、中共の3月8日に《解放日報》で「台湾独立を支持」する言論を発表している。毛沢東は延安のラジオで「我々中国共産党が率いる武装部隊は、台湾人民が蒋介石と国民党に反対して戦っている事を完全に支援する。我々は台湾独立に賛成し、我々は台湾が自らが求める国家を成立させることに賛成する」と述べている。


はい、以上が毛沢東が台湾独立を支持していたことを証明する文章の和訳でした。

  歴史的背景と、中共というか、中国という国と政治の特徴、そして国民性というものを知っていれば、この記事を読んで、あっ、いつものが始まった、と思う事でしょう。ただ、なんとなく中共の事を分かっている人は、注意しなければならない事がございます。それは大前提として中国共産党、そして中国国民党のような国家は、

常に自分の都合の良いように発言を変更したり、物事を解釈したりする

という点です。このことは、絶対に忘れてはいけません。先程紹介した台湾独立を支持していた、という発言は戦前に行われており、その当時の台湾は日本に属していた訳で、特に周恩来の考え方からわかる通り、自国の敵とみなす国には、その国にいる反対勢力を支援するという考え方があるから、台湾独立を口にしているという点であって、決して台湾人の自決を望んでとか、台湾人の幸せをもたらすためとかそういうことでは決してないという事ですね。つまりは現在中共が沖縄は独立すべきだ、という主張と変わらないということです。将来、世界情勢で大きな変化があり、状況が大きく変われば、そのうち、沖縄独立反対、なぜなら沖縄は既に中国の領土だ、沖縄独立には反対だと言う可能性だってあるわけなのであります。

  ただ、ネット上の所謂五毛党と言われるような一般人に対しては、「あれ~、1940年代に毛沢東は台湾独立支持してたんだけどなぁ。党の大綱にもそう書いてあるしなぁ」みたいに言う事は出来るかもしれませんが、「その頃とは世界情勢が変化しているから、その発言は今の情勢にはそぐわない」と反論されてしまうかもしれませんが。

2021年8月3日 編集・翻訳(八度 妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です