浙江江蘇閥って何?そんなの聞いたことが無い

  どこかのITビジネスアナリストF女史がよく「青幇(チンパン)」という言葉を使って、台湾IT業界も中国と同じように赤く染まっていたり、裏で糸を引いていると本を出版したり、SNSで情報を拡散しておりますが、最近になって、台湾を愛する人たちによって、「青幇(チンパン)」は既に影響力がなくなり、風前の灯火だという事実が知れ渡ってきた影響なのか、F女史の発言から「青幇(チンパン)」という言葉が少なくなってきました。その替わりに「浙江江蘇閥」という言葉を使い始めたことに気づきました。浙江江蘇閥についての知識はそれほどないのですが、さらっと調べてみた限り、浙江省や江蘇省出身の財界人が集まった浙江閥(浙江財閥)が存在したのは確かであり、中国がまだ蒋介石率いる中華民国だった頃に蒋介石は浙江閥(浙江財閥)に苦しめられていたのは歴史にも残っております。

神戸又新日報 1930.5.2 (昭和5)

習近平氏は2002年に浙江省の党委書記に就任していたため、浙江省の党幹部とのつながりが強いと言われています。

  一方江蘇閥とは何か?というと調べた限り、明確な定義が無いようです。江蘇省は上海の北部に位置する省であり、恐らく上海幇(シャンハイバン)と同じであると推測されます。そして江蘇閥(上海幇)の実力者と言えば、江沢民氏、曽慶紅氏などが挙げられます。
  現在中共の最高指導者と言えば習近平氏。つまりは浙江閥も習氏寄りのグループであると考えられますが、一方江蘇閥(上海幇)は権力闘争の相手であります。つまり「浙江江蘇閥」という言葉は水と油が一緒になったような言葉であるという事がお分かりいただけたでしょうか。
  ちなみに中国語の情報も調べたのですが、浙江閥と江蘇閥が仲良く組んでいるというような資料を未だに見つけられないでいるのは、私の探し方がおかしいからなのかもしれません。

結論

  F女史は以前は青幇を使って根拠もなく台湾や台湾人を批判していたのですがが、冒頭にも述べたように青幇が何ら影響を持たない組織であることがバレ始めたので、新たに「浙江江蘇閥」という言葉を作り上げたものと考えます。冒頭にもあるように「浙江財閥」という」単語は存在しておりますが、それは中華民国政府が大陸を統治していた頃の話。現在は既に国民政府の敵対勢力である中国共産党体制が敷かれている大陸においての浙江・江蘇というと

浙江=習近平派、江蘇=江沢民派

となるため、この二つの派閥が仲良くくっついて、更には台湾ともくっついて世の中を回していると思いますか?私はそんなことはないと考えています。

また仮にF女史の言う浙江江蘇閥が国共内戦で敗れて、国民政府軍と一緒に台湾へ亡命してきた外省人が織りなす組織であったとしても、(蒋介石時代の)中華民国の浙江財閥の影響力が大きかった頃から、既に時間も時局も大きく変化しており、また一番の後ろ盾であった蒋介石が亡くなって影響力を失っているため、台湾メディアでは浙江江蘇閥(または浙江閥)の話を取り上げることはない。そして何よりもF女史が言うTSMC(台湾積体電路製造)が浙江江蘇閥であるというのは大きな間違えである。なぜなら、反共産主義であり、台湾を民主化に導いた李登輝元総統の言葉に

TSMCは、私が総統在任中、政府がバックアップをしてできた会社

とあるように、決して中共と一緒になるために設立された会社ではないという事です。いずれにしても

「浙江江蘇閥」という言葉に要注意!!

が必要である。


ちなみに「幇」という漢字にGANGSTAR(ギャングや闇組織)というイメージを持っている人も多いかもしれませんがが、そういう意味は無く「幇助」という意味から「お互いに助け合うグループ」という意味となっております。日本語で分かりやすく例えると「組」が付く組織で真っ先に思いつくのは何でしょうか?私は「山〇組」なんですが、如何でしょうか?しかし闇組織の組以外にも、大手ゼネコン会社にも「組」が付く会社がありますよね?つまり「〇〇幇」というのは「組」のようなもので、闇組織だった「幇」もありますが、そうでない「幇」も存在するのです。例えば「台南幇」が挙げられますが、こちらはセブンイレブン、スタバ、ヤマト運輸など手広く事業を展開する台湾の優良企業「統一企業」を中心として会社の集まりであります。
「台南幇」についてはまた次回ご説明したいと思います。

このように「幇」をGANGSTAR(闇組織)と説明している著名人もいる。「組」は闇組織という意味であると言っているのと同様である

“浙江江蘇閥って何?そんなの聞いたことが無い” への7件の返信

  1. 深田のメルマガや本を買っていた自分を恥ずかしく思っています。調べるとデマだけでなく裁判逃げ回ったりお金を返さなかったりとんでもない人ですね。有料会員になる前にきっちり調べるべきでした。貴重な情報ありがとうございます。

    1. 彼女の発言全てがデマとは言いませんが、台湾に限った情報に関しては、嘘ばかりであります。インターネットはデマが流れやすい環境であるものの、自浄作用もあるので、そのうち信頼を失って消えていくと私は思っております。
      いずれにしても牛肉麺様が気づくことのお役に立ててうれしく思います。

  2. こんにちは。
    YouTubeの【大紀元】と【MOTOYAMA】さんのアカウントをしっかり見れば、中国の内情はおおよそわかりそうなもんですが、深山って
    ( ˙-˙ )<アホゥ!と違いますか!

    腐れインチキジャーナリスト?ですね。

  3. このページは深田女史の社会的信用を潰すのが目的のページなんでしょうか?
    まあ、どっちでもいいですが。

    1. 深田女史の言う「浙江江蘇閥」がTSMCや台湾企業主導の下で、ファーウェイとつるんでいるのであれば、このようなページを作成しません。なぜ事実を伝えることが「社会的信用を潰す」になるのか私には理解できません。

  4. 結局深田萌絵さんの会社はテンセントとパートナーシップ結んでます。これはいいのか?シャープ批判する前に最先端の顔認証の協力しているじゃないかと。 本人そのものが問題なのに、批判ばかり。彼女は中国のスパイじゃないのか?WILLに書き込んできます。

  5. 彼女は注目を集めるため嘘をつくのが当たり前になってると思います。もともと怪しい発言が多い彼女でしたがオードリータンをスパイと言った発言で信用が一気に地に落ちました
    名誉棄損で警察に事情聴取されたり、金絡みで20近い裁判を抱えています
    彼女が容姿に気を遣うのも詮索しないおじさん狙いなんでしょう

すみいん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です