台湾の若者に広がる天然独という考え

皆さん、「天然独」または「自然独」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
これは

1980年以降に生まれた人たちで台湾は既に独立していると考える台湾人

の事を指す政治的な要素を含む単語となります。この世代、1980年以降に生まれた人たちと言うと、今ですと大体アラフォーよりも下の世代ということになりますね。この世代の多くは自分自身を台湾人と考えており、台湾は既に独立主権国家であるということを支持しております。いわゆる現状維持派、もっと細かく言うと華独、または独台と言われる勢力に分類されるのですが、真の台湾独立、台湾建国という考えを持っているか?と言われるとそうではない場合があるので、注意が必要です。

ちなみに、華独、独台、台独、建国等の分類については、過去の動画を作っておりますので、そちらをご参照ください。概要欄にURL張り付けておきます。

さて、今日ご紹介した「天然独」という言葉ですが、一般的に言われているのが2014年頃、当時の民進党の主席であった蔡英文さんが発表した談話から生まれたと言われておりますが、2014年3月から中国との貿易協定締結に反対した学生たちが立法院、国会ですね、を占拠した「ひまわり学生運動」の後に広く認知されるようになったと言われております。

ちなみに、この「天然独」の対義語として挙げられるのが「天然統」という言葉となり、これは1970年代よりも前に生まれた「旧世代」の台湾人で、台湾は中国と統一しなければならないと考える台湾人の事であります。この世代というのは、中国国民党の「中華民国こそ正当な中国であり、いつの日か大陸を反撃して祖国統一を果たすんだ」という教育を幼いころから大人になるまでみっちりと洗脳とも言えるような方法で叩きこまれた世代である為、所謂本省人と言われる人たちもこういう考えを持っているのも事実であります。最近は日本人が自虐史観から抜け出せる人が出てきているように、台湾人のこの「天然統」と言われる人たちも、中華民国の洗脳から抜け出せている人もいますし、そもそも政治に興味のある人は、そもそも国民党による洗脳にかからなかった人や、もっと早い時期からすぐに抜け出せた人がいますので、「天然統」はあくまでも一部の人に対する呼び方であります。

ではなぜ、1980年代以降に生まれた人は、台湾は既に独立国家だと考え、それ以前の人、特に政治に興味のない人は台湾は中国、と言っても蒋介石達の考える「中華民国」の一部だと考えるのか?という点を挙げると、教育が主な原因だと言われます。

1970年代よりも前に生まれた人たちは、小中高の間、歴史の授業は秦の始皇帝、三国志、隋、唐、宋、明、清と言ったような中国についての歴史を中心に教え込まれておりましたし、国語の授業においても台湾土着の言語である台湾語の使用を禁止され、徹底的に中国で使われていた中国語、マンダリンを教え、教科書の内容は、「私は中国人、中国を愛している」みたいな文章を小学1年生の時から使わせていましたからね。

それが、李登輝さんが実権を握るようになってから、教育においても台湾について、を中心に教え始めるようになり、徐々に「台湾人である」というアイデンティティを持ち始めるようになりました。

更には、最近は言論の自由が確実に保証されるようになってきており、更には国民党政府が封印していた旧石器時代から近代におけるまでの台湾の歴史研究も自由にできるようになり、今まで隠されていた本当の歴史が明るみになったことからも、1970年代よりも前に生まれた人でも「私は中国人ではなく台湾人だ」と考える人が増えてきているのも事実です。これは、日本人が「先の戦争は日本は近隣諸国に多大なる迷惑をかけて大いに反省すべきで、反論の余地がない」という思想から抜け出せる人が増えてきているのに似ている状況かと思います。イメージ的には

日本→WGIP
台湾→国民党洗脳教育

こんな感じでしょうか

 実際に中共の「統一戦線部」の事務官 辛旗という人物も、李登輝総統が教育内容を中国中心から台湾中心にすることで、台湾は台湾だという意識が芽生えると考えている事を明言しておりますし、その対策として、馬英九総統時代に教科書の内容を変更するよう求めていたことも明らかになっていることから、台湾は台湾、という主張が正しい、これからも推し進めるべきだという事がわかりますね。

 因みに1980年以降の生まれた人たち、つまりはアラフォー世代よりも下の世代は、外省人や本省人という区別はしない方が良いかと思います。というのも、この世代というのは、外省人2世代目、3世代目にあたり、台湾で生まれ育ち、そして、先ほど述べたように教育も台湾を中心にした内容へとシフトしていることも有り、また、中国への旅行、中国への出張、そして海外旅行を自由にできるようになった世代であり、その経験から「中国人と一緒にされるのは嫌だ」と感じているのは事実であるため、所謂外省人と言われる人でも「中国と台湾はそれぞれ別の国、一辺一国」という考え方はもちろん、「台湾独立を支持する人たち」すら一定数存在しております。

 逆に、所謂本省人といわれる人たちでも、札束つかんでしまったのか、ハチミツを食べてしまったのか、はたまた弱みを握られているのか、それともただ単に勉強不足で洗脳されてしまったのか分かりませんが、台湾は中国の一部であると考える人たちもいるのも事実であります。

つまりは、お爺さん・お婆さん世代ならいざ知らず、若い世代においては、外省人、本省人というように区別することはあまり意味のない事なのです。もちろん所謂外省人2世、3世でも、台湾CDCにお供え用の花を贈ったりする、頭の中身が典型的な中華脳、日本人や台湾人が強烈な嫌悪感を起こすような行動をする人物がいるのも事実なんですけどね。

まとめ

  天然独という単語が出てくるくらいアラフォー世代よりも下の世代では、台湾人というアイデンティティを持っている事が読み取れると思います。このことから、台湾では中華民国または中華人民共和国と統一する事を望む勢力は少数派になっているということが分かりますし、何より若い世代が台湾人というアイデンティティを持っている事から、台湾の中華民国体制からの脱却は近いのではないか?と思っております。

最後に、日本の言論界では未だに台湾情勢を語る際に「外省人と本省人」というステレオタイプな考えで論じている人が多いのが現状です。しかし先ほどの述べたように台湾情勢は本当に複雑であり、情勢も日々刻々と変化している事を踏まえると、こういうステレオタイプで台湾情勢を語る言論人の情報は大したことが無い、池上彰レベルだと思って良いですね。意外と多いんですよ、台湾通の顔をして、外省人だから~~~、という有名言論人が。
ちなみに内省人という人がいますが、台湾では内省人という言葉は使わないですし、そもそも台湾では1997年に憲法を改正して、台湾省というものが実質的に廃止されております。つまりは、台湾には既に「省」というものが存在しておりませんので、外省も本省もないんです。
※名称としては存在しているが、何の機能も持たない状態

2021年9月5日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です