永世中立国のスイスでさえ台湾寄りの議案が圧倒的多数で可決される

スイスは永世中立国であるヨーロッパの国として有名ですが、今日はそのスイスが15日「台湾との関係改善」に関する議案を圧倒的多数で可決したというニュースの冒頭を紹介し、その後でヨーロッパでの台湾に関する動きを簡単にまとめてみました。

一言でいうと、ヨーロッパで中国寄りから台湾寄り、または台湾とも関係を持とうとする国が出て来た、ということですね。

では早速参ります。

「台湾との関係改善」案、圧倒的多数で可決=スイス下院 外交部が謝意

(台北中央社)外交部(外務省)の欧江安(おうこうあん)報道官は15日、スイス国民議会(下院)、つまりは我が国の衆議院に相当する優位性のある議会の事ですね、その国民議会が台湾との関係改善を求める議案を圧倒的多数で可決したことについて、歓迎と感謝を表明し、共に努力しながら持続可能な開発目標の達成に向けた双方の強固な基礎がより一層固められるだろうとの考えを示した。

続きは以下をご覧ください。

https://japan.cna.com.tw/news/apol/202109150010.aspx

はい、以上が記事のご紹介でした。


では、なぜ永世中立国のスイスが台湾寄りの議案を通したのか?というと、スイス国会議員であるNicolas Walderさんが議会で「台湾はスイスと民主、人権と自由経済についての価値を共有できるパートナーだ」と発言したことから、その理由を読み取れると思いますし、この発言は、これに相対する国が存在する事の表れでもあります。

しかもスイスは記事内にあったように2007年に台湾に関する議案を可決して以来、14年ほど、台湾と中国の2か国の関係に対して非常に保守的、静観していることが多かったのですが、これはスイスという中立国家もが台湾という存在の重要性を重視し始めたのか、はたまた中国の傍若無人ぶりに嫌気をさしたのか、スイスメディアに目を通したわけではないので分かりませんが、いずれにしても台湾にとってはよいニュースであるには違いありません。ちなみに、台湾メディアは自国のことなので、「スイスが台湾の存在を重視して台湾寄りの議案を通した」みたいな論調が多かったのは当然の事かと思います。

このスイスのニュースの他にも我々から距離的に遠い存在のヨーロッパでは、欧州議会外交委員が9月1日に「欧州連合(EU)と台湾との政治関係と協力」報告書及び関連の修正案を圧倒的多数で可決させたりするなど、「一つの中国の原則」に従う※としたEUの方針が転換しつつあるようにも感じられます。

※Katinka Barysch. EMBRACING THE DRAGON The EU’s partnership with Chinaより

この報告書では中国の台湾に対する軍事的脅威を懸念して中国に台湾海峡の安定を破壊するあらゆる活動を停止するよう促すとともに、台湾海峡両岸関係のいかなる変化も台湾の人々の意向に反することがあってはならないとの立場を堅持することを盛り込んでいます。つまりは、極端な話、台湾が「独立」と主張すれば、EUはそれを受け入れる立場にある、ということですね。

そして修正案は、現在EUが台湾に設けているカウンター機関「欧洲経貿弁事処」(European Economic and Trade Office in Taipei)の名称を「欧盟駐台弁事処」(EU Office in Taiwan)に変更して、EUと台湾が緊密に連携する実質的な関係を反映させ、またリトアニアが台湾の代表機関設置に同意したことを歓迎と支持をし、中国によるリトアニアへの経済制裁を非難することが盛り込まれました。

ちなみにEUと台湾との関係で政治について触れられた報告書は初めてであり、EUの動きが永世中立国であったスイスにも影響を及ぼし、今回の「台湾との関係改善」議案可決につながったとみられております。

他にも、イギリスが中国駐英大使の議会への立ち入りを禁止したり、ロンドンタワーのあるロンドン市タワーハムレッツ自治区においては、再開発地区に移る議会の近くの地名を「香港広場、ウイグル法廷、チベット議会などへ変更しようとする動きもみられており、英中関係の冷え込みは更に進むものと考えられております。

いずれにしても、習近平体制になって世界が気づいたこととは、中国様は他国が何をしても中国が気に食わなければ、大声で抗議したり、経済制裁をちらつかせたり、場合によっては制裁を実行したりと、一方通行の外交をしているのに、愛想をつかせたということでしょうかね。日本は総裁選に注目が集まっておりますが、次の総裁には、対中国において強い態度を示すとともに、台湾との関係を更に強めてほしいものです。

最後に、頭の悪い私なのですが、海外のニュースを聞くときに、上院と下院ってどちらが優位性があるのか?とこんがらがってしまうのですが、最近その由来を聞いてやっと分かるようになりました。英語で言うと上院がUpper House、下院がLower Houseと呼ばれており、当時の議会で使用した建物が2階建てで、議員の多い議会を1階で、議員の少ない議会を2階で行っていたため、こう呼ばれるようになったようです。通常、大事なことを決定する場合は大勢の人数で決めるのが良いとされるため、1階での議会に優位性がある、と覚えておくとよいかと思います。

2021年9月17日 編集・翻訳(八度妖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です