【ハワイ・マレー沖海戦】をカラー化してみた

1942年(昭和17年)に東宝映画が製作、社団法人映画配給社配給で公開された戦争映画・国策映画をカラー化してみました。情報局国民映画参加作品

監督 山本嘉次郎
脚本 山崎謙太、山本嘉次郎
製作 森田信義
特撮 円谷英二
音楽 鈴木静一
撮影 三村明、三浦光雄、鈴木博
編集 畑房雄
美術 松山祟、渡辺武、北猛夫、尾崎千葉
配給 社団法人映画配給社

配役

伊東薫…友田義一(ともだ よしかず) – 農村で育った飛行機好きの少年。予科練に入り、艦上攻撃機の操縦士となる。
英百合子…つね – 義一の母
原節子…きく子 – 義一の姉
加藤照子…うめ子 – 義一の妹
中村彰…立花忠明(たちばな ただあき) – 義一と同郷の海軍兵学校生徒。義一の海軍入りを応援する。
汐見洋…周右衛門 – 忠明の父
井上千枝子…しづ – 忠明の母
大崎時一郎…周明 – 忠明の兄
音羽久米子…ふみ – 忠明の姉
藤田進…山下宇一郎 – 海軍大尉。予科練時代の義一の分隊長。空母飛行隊でも分隊長となる。
真木順…田代兵曹長 – 空母飛行隊の分隊士。義一の機に搭乗する。
大河内傳次郎…佐竹艦長
小島洋々…徳田副長
河野秋武…斎藤班長
菅井一郎…牛塚航海長
清川荘司… 島田飛行長
瀬川路三郎…末水砲術長
深見泰三…杉本整備長
御橋公…戸沢軍医長
北沢彪…津村主計長
田中春男…伊沢航海士
黒川弥太郎…森部少佐
山川ひろし…佐久間兵曹長
山島秀二…野村兵曹長
武林大八郎…見張長特務少尉
国創典…掌衣糧長
小田原竜次郎…村川一飛兵
田中利男…小村一飛兵
大久保欣四郎…山田一飛兵
進藤英太郎…栗本司令
清水将夫…秋山飛行長
今成平九郎…佐伯整備長
坂内永三郎…大村通信長
二本柳寛…松本飛行隊長
柳谷寛…谷本予備少尉 – 索敵機機長。本職は僧侶。
沼崎勲…谷本二飛兵
木村功…倉田三飛曹
花沢徳衛…森岡二飛曹


上は名場面を抜き取った映像もですが、2時間弱の全編も下に用意してあります。円谷英二氏の特撮は世界を震撼させたと言われています。

戦時中、「ハワイ・マレー沖海戦」で、特殊技術撮影の仕事を受けたはいいが、ハワイのアメリカの軍港の資料が全くない。円谷は新聞に載った、一枚の写真に写っていた民家からアメリカの軍艦の大きさを割り出し、そこから軍港の大きさをさらに推測して設計したという。円谷の想像で作られた真珠湾にもかかわらず、終戦後、そのリアルな特撮映像から、GHQに本物の記録映像と思われ、検閲に引っかかるほど、それはよく出来ていた。

(「円谷英二の言葉―ゴジラとウルトラマンを作った男の173の金言」文春文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です