中国疫病収まらない中、ペスト流行。感染鼠を食し、人から人へ感染の恐れ

台湾大手メディアの自由時報を中心にいくつかのメディアの記事をまとめてみました。

可愛い顔をしているシベリアマーモットだがペスト菌を有している可能性があるので、迂闊に触ってはいけない

  武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19)の流行が収まらない中、中国内モンゴルでは最近ペスト感染が拡大している。もし患者がすぐに適切な治療を受けられなければ肺炎性ペスト(肺ペスト)へと悪化する恐れがあり、当局は既に入ペストは人から人へと感染する特性があり、疫病が拡大し大規模感染する可能性があるという専門家の指摘を警告として公表した。

  《CNN》の報道では、内モンゴルのバヤンノール市ウラド中旗(旗は行政単位)で最近ペストに感染した症例が確認され、当局は当該地区に対してペスト感染レベル3を発布し、今年年末まで警戒するとした。ペストが発生した当該地区では今に至るまでペストを根絶したことがなく、その原因は現地に大量のシベリアマーモットが生息しており、民衆はこれらを卓上のおかずと見なし、感染源であるマーモットに日常的に触れる為であると言われている。

  報道では、今回の感染拡大している感染者は3種類あるペストのうちの腺ペストであり、治療が行われなければ死亡率が30~90%にも上る。もし適切な治療を受ければ、死亡率は10%ほどへ下がる。中世ヨーロッパにおいて人口の半分がペストによって亡くなったが、それは腺ペストによるものである。

  しかしながら、もしペストに罹った患者の症状が肺炎性ペストになった場合、死亡率は急激に高まるだけでなく、人から人への感染の恐れもある事から、我が国(台湾)衛生福利部(厚労省に相当)疾病管理署では最新の「ペスト予防手引き(鼠疫防治手冊)」を作成し、もし肺ペスト感染数が増加し、抑え込みが出来ないようであれば、局部的に感染が急拡大するかパンデミック的大流行になる恐れがあると書かれている。

  世界保健機関(WHO)の統計データによると、毎年約1000~2000人がペストに感染しているが、報告に上がってこない症例が大量にあると推測されるため、このWHOのデータは現実とは異なるのと同時に、中共における武漢肺炎感染拡大が急拡大している期間の信用できないデータとペストが内モンゴルで絶滅したと思われたものが再燃している情勢とを鑑みると各国の衛生部門が重視しなければならない事象である。

2020年7月7日 編集・翻訳(八度妖)

YouTubeでも配信中

武漢肺炎》一か月も経たず北京当局が感染者ゼロ?8名は海外から入国

今日から正式に始まった大学入試。外で順番待ちをする受験生たち

  中国北京では6月11日から武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19)の第二波が広がっており、多くの感染者は大型農畜水産市場「新発地卸売市場」と関連しているが、1か月も経たずに北京市内での感染者がゼロとなった。中国当局公式発表では、北京は昨日(7/6)の新規感染者をゼロと発表し、中国全土では6日の感染者8名はすべて海外からの入国した件数であるとした。今日(7/7)は中国の進学試験「高考」の初日である1000万人を超える受験生が試験を受けるが、これが感染症状況にどのような影響を与えるかが注目されている。

   中国国家及び北京市衛生健康委員会の統計データによると、中国では6日の新規の死亡者はゼロで、新規感染者が8名だがすべて海外から入国した事例である。その内訳は遼寧2名、上海2名、四川2名、内モンゴルと広東で1名となっている。北京では、新規感染者、死亡、そして感染の疑いがすべてゼロであるが、「無症状感染者」が1名となっている。

  北京衛生健康委員会は昨日当地域内の感染者数は1名で、北京での6月28日から連続8日間新規感染者が一桁となっていたが、今日感染者ゼロであることを強調した。現地では6月11日0時から7月6日24時まで、累計感染者が335名となっており、最新統計によると15名が退院し、320名が現在も入院中、31名の「無症状感染者」が観察中である。

   元々6月に予定されていた「高考」(大学進学試験)は、疫病蔓延の為延期されていたが、今日7/7正式に開始され、1000万人以上の受験生が試験を受けることになる。疫病流行後に実施される大型のイベントであるため、中国政府は関連の防疫対策を取るよう求めており、今後これによる疫病情況にどのような影響を与えるかが注目される。

  中国衛生健康委員会によると、中国では60日以上連続で新規死亡者を出しておらず、最新統計では累計死亡者は4634名、累計感染者は8万3565名となっている。

2020年7月7日 編集・翻訳(八度 妖)


Web管理者感想

  あれ?感染者ゼロと謳っているけど「無症状感染者」は1名となっているということは、「無症状感染者」はカウントしないという事なのかな。日本や台湾とは数値の出し方が異なることが分かった。つまりは、数次だけを見て、単純比較するのは非常に危険である。これは、GDPやその他の指標も同様と言えるであろう。やはり中共発表の数値にはいろいろと小細工があるという点に気を付けなければならない。

台湾振興三倍券を巡る外国人への対応について

実際に使われるであろう振興三倍券のサンプル

  武漢肺炎による経済的危機を救うために台湾行政院が打ち出した振興三倍券。これは何かというと、国民が1000元(3500円)払えば、その三倍の3000元(約1万円ちょい)の振興券がもらえるという政策。日本は現金を配ったので、国内需要を回すという意味では、海外旅行に使う、というように抜け穴が発生するが、この振興券は国内でしか使用できないので、私は高く評価したい。(一時期日本でも肉クーポンだの海鮮クーポンだのにするという案もあったようですが、噂であってほしいレベル)

  だが、ここで噛みついたのが外国人。日本の場合は確か在留資格を有していれば、10万円が支給されると記憶しているが、台湾はそうではなかった。
今回振興券を購入できるのは

台湾人と「台湾人の配偶者の外国人」のみ

この発表にまず声を上げたのが台湾にある欧州商工会理事長。

  このように配偶者以外の外国人もこの振興三倍券を購入できる権利を与えるべきだと訴えている。まぁ、よくばりな外国人だなぁと思っていたら、ある台湾在住日本人、しかも「永久居留証」を取得している人も同じようなことを訴えていた。ただ、訴え方が

「わたしゃ、お金のために不満を述べてるのではなくて、一緒に経済を回そう、祭りじゃ!という雰囲気に参加できない、ハブられたような気がした」

というちょっと遠回しな言い方であった。更には「台湾は観光客には門戸を大きく開いているのに、居留証を取得した観光客でもない、自国民でもない外国人には冷たすぎる」と仰っている。

  いやいや、今回の経済対策は国内での消費を刺激するものであり、また基本的にはそういう福利というのは自国民のためにある。例え永久居留証を保持しようが、高い税金を払っていようが、自国民が優先されるのは当たり前の事である。それに振興三倍券が無くたって、武漢肺炎による不景気を台湾人と一緒に打開する方法はあるはず。それをやって盛り上がればいいのではないだろうか?


  しかもよくよく台湾での就労ビザ取得条件を調べたところ、台湾で外国人就労ビザを発行するには基本的に月給が47,971元(17万円)を下回ってはいけないと規定されている※1。また台湾人の平均収入は平均で5万元(約17.5万円)なのだが、これは鴻海創始者の郭台銘氏やTSMC会長のモリス・チャン氏を含む全体の平均値であるので、一般市民に当てはめるのはふさわしくない。そこで用いられるのが中央値というもので、山のようになっているグラフの一番数字の大きい部分のことである。その中央値は月収入29,000元(約10万円)である。また最低賃金は19,047元(約6.6万円)であり、外国人労働者は台湾人の最低賃金の少なくても2.5倍は最低でも貰っていることにあり、これを考えると台湾人の配偶者でない外国人が対象にならないのは納得であろう。

そんな事情も知らずに、対象から外されて、「なんだかやるせない思いだ」なんて言うのは、ちょいと野暮ではなかろうか。私は台湾人の配偶者ということで、今回の振興三倍券の対象になるわけだが、仮に配偶者も対象外となっても不満を言う気は全くない。それが嫌なら永久居留証ではなく帰化申請をしたらいかがだろうか?台湾人は勿論、配偶者だって(基本的には)一生台湾と付き合っていかなければならないわけだし、仕事で47,971元が保証される仕事に就けるわけでもない(意味としては3万元や2.5万元の仕事をせざるを得ない)のだから、振興三倍券が購入できるわけだ。
ちなみに台湾での永久居留証の申請にも収入に関する項目もある。1年間に554,400元(約190万円)、つまりは月に4.6万元(約16万円)以上の収入がなければ、永久居留証の申請が出来ない訳である※2。それだけの収入(台湾人の最低賃金の2.5倍)がありながら、「振興三倍券を台湾人の配偶者以外の外国人に支給しない台湾政府の対応は酷い!」なんておっしゃっている。
あまりにもお金に執着してみっともなく映るが、まぁ、日本人はこのへん大人しいので、声を上げるという点では評価するべきなのかもしれない。

2020年7月6日 編集 (八度 妖)

※1 労働部労働力発展署
※2 内政部移民署Webサイト

武漢肺炎ウイルスに限りなく類似 英メディア7年前に武漢実験室に存在していた事を発見

  武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19)が世界中で蔓延している中、このウイルスがどこから発生したかは未だに究明されていない。英国メディアは4日中国が2013年頃から新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と96%似ているウイルスを見つけており、それから長い間このウイルスが武漢の実験室で保存されていたという一つの調査を公表したが、中国側は全く誠意を見せようとしていない。

  英国メディア《サンデー・タイムズ》の報道によると2012年中国雲南省の使われなくなった鉱坑で蝙蝠の糞便を処理していた6名の男性従業員が、その後全員重度の肺炎に罹っており、そのうち3名が死亡したと報じた。患者の血液内にはSARSに類似した未知のウイルスが存在しており、このウイルスはRaBtCoV/4991と命名され、研究の結果武漢肺炎の原因である新型コロナウイルスと96.2%も類似していることが分かった。

  報道では、RaBtCoV/4991ウイルスのサンプルは長年の間武漢にある実験室に保管されていたが、武漢ウイルス研究所の研究報告にはこの鉱坑で感染し死亡した事件については全く触れられておらず、また3名の死亡についてもの新聞記事も見つけることが出来なかったとしている。

  報道内で、過去に武漢ウイルス研究所に対し書簡でRaBtCoV/4991ウイルスについて何故後悔しないのか?と尋ねたが、未だに回答を得られていない。報道では、新しいウイルスを発見してから今に至るまで何が起きたのか?なぜこのような新種のウイルスの記録が曖昧なのか、中国はまたこのようなウイルスの3名の死者との関連性に口をつぐんでいるのか?と疑いを持っている。

2020年7月6日 編集・翻訳(八度 妖)

北京で新たに9名感染 10日間で236名、全員入院

北京での感染第二波の発生源と言われる「新発地農産品卸売市場」

  中国の首都北京で武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19とも言う)の第2波が広がっている。昨日(21日)新たに9名の感染を確認し、そのうち5名が無症状感染者であり、9名以外に更に2名が感染の疑いがある状態である。11日から始まった感染拡大は10日間で236名の「国内」感染であり、現在236名全員が病院に入院し観察状態である。またこれとは別に22名の無症状感染者も隔離されてる。

  北京市衛生健康委員の今日の報告では、北京で昨日新たに9名の感染、2名の感染の疑い、5名が無症状感染者で、すべてが国内感染(市中感染)であると述べた。感染地である「新発地卸売市場」のある豊台区、「玉泉東市場」のある海淀は新たな感染者が最も多い地区で、豊台が5名、海淀が2名であり、それ以外は西城区、朝陽区が各一名である。感染拡大の第二波が始まってから北京では10日間で市中感染が合計236名となり、全員が入院している。

  これ以外に、河北省も昨日2名の新規感染者があると発表し、2名とも北京と関係があると述べている。現在河北省は18名を感染者としてカウントされており、北京での感染拡大以降、最も(北京から)影響を受けている省である。

2020年6月22日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
第二波の発生源である「新発地卸売市場」では、前にもブログに書きましたが、輸入物のサーモンにウイルスが付着していたことから、サーモンが感染源だと北京当局は発表しましたが、流石にこれは「責任転嫁」に無理があったのか中国海関総署衛生検疫司副司長の宋月謙氏が6月19日、感染源がサーモンであることを否定する会見を行なっておりました。
いずれにしても驚きなのが、政治の中枢である北京での感染を隠蔽せずに公表したことに驚き。ただ、公表したという事は恐らく隠蔽できないくらい武漢ウイルスが拡大しているという事の表れであり、10日間で236名とあるが、恐らくそれ以上の感染者が出ていると私は考えています。(あくまでも素人の見解)

奇妙!中国駐イスラエル 杜偉大使 公邸内で死亡

イスラエルメディア《ハアレツ》(Haaretz)及び《Ynetnews》は17日、中国駐イスラエルの杜偉 大使が、当日朝大使公邸で死亡しているのが見つかったと報道した。享年58歳。

駐イスラエル大使の杜偉

報道によると、杜偉大使は3月23日 武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19)が大流行している中、駐ウクライナからイスラエルに異動となったが、2か月も経たず17日ヘルツリーヤ市にある公邸で死亡しているのが確認された。現地警察は死因を調べている。杜 大使には妻と1人の子供がいるが、2人ともイスラエルにはいなかった。

杜大使は4月にイスラエルの新聞《Makor Rishon》に寄稿した内容には、杜大使が中国を出発しイスラエルに入国した際に、14日間の自主隔離を行なっていたと述べていた。

2020年5月18日 編集・翻訳(八度 妖)


サイト管理者の感想
特段、陰謀めいた情報がなかったので、これ以上踏み込んだことを語ることはできない。しかし、先日の米国でのウイルス学者の劉兵氏殺害及び容疑者の自殺の件もあるとおり、不穏な出来事も発生しているのも事実。それ以上に感じたことは、日本の大手メディアが報じていないこと。私が確認したのはCNN日本語版、産経ニュース、SPUTNIK日本語版、AFP通信、韓国中央日報日本語版だけである※。

※Google検索でキーワードを入れて検索する方法

追記
  CNNなどの記事を読むと、この大使が死亡した数日前には米国務省のポンペオ長官がエルサレムを訪問しており、武漢肺炎の大流行に関連した中共を批判するなどしたり、イスラエル企業などへ中国企業との大型インフラ案件や通信案件に関しての契約締結を中止するように求めていたと報じている。CNNは親中的なメディアとも言われているので、米中双方で情報戦があるとも読み取れると思う。

武漢肺炎が収まらない中、中国でまたアフリカ豚熱が大流行

  武漢肺炎流行がまだ収まらない中、中国でアフリカ豚熱流行が再度拡大している。今年に入って6度目のアフリカ豚熱が発生しているが、3月に集中して発生している。その中で内モンゴル自治区のオルドス市では、養豚場を検査した所、省外から運ばれた豚200匹を発見し、そのうち92等がアフリカ豚熱に感染し死亡していることが分かった。

  中国農業農村部が30日に出した公告では、内モンゴル自治区の動物疫病予防制御センターにより、オルドス市オクト旗にある某養豚所で200匹の子豚が外部の省から運び込まれて、そのうちの92匹がアフリカ豚熱に感染されていることを確認されたことを発表している。

  それ以外に、3月12日、13日、28日にも、四川省で4件で発生し、河南省でも1件発生しているが、いずれも省外から違法に運び込まれた豚からアフリカ豚熱の感染を確認している。

感染症流行発生後、農業農村部から現地に派遣された人員は流行対策監督と流行病学調査を行い、現在緊急体制を発動し、封鎖、撲殺、無害化処理、消毒などの措置を取っている。

2020年3月31日 編集・翻訳(八度 妖)

米国武漢ウイルス学者が暗殺 華僑犯人の身分明かされる

米国ペンシルバニア州で華僑医学研究者の劉兵(Bing Liu)氏は、武漢肺炎のウイルス研究に関する「非常に重大な発見をした」とされている。(ピッツバーグ大学公式サイト写真使用)
米国ペンシルバニア州で華僑医学研究者の劉兵(Bing Liu)氏は、武漢肺炎のウイルス研究に関する「非常に重大な発見をした」とされている。(ピッツバーグ大学公式サイト写真使用)

米国ペンシルバニア州の華僑医学研究員 劉兵(Bing Liu)氏が、武漢肺炎(新型コロナウイルス疾病、COVID-19とも言う)に関するウイルス研究にて「非常に重大な発見をした」とされたが、その後すぐに殺害されてしまった。現地警察の発表によると殺害に及んだとされる華僑の男 顧浩(Hao Gu, ローマ字から漢字を当てる)容疑者(46歳)は、銃を発砲して劉兵氏を殺害し、その後車内で自殺を図ったとされている。

総合メディアの報道によると、37歳の劉兵氏はペンシルバニア州ロス・タウンシップ(Ross Township)の自宅で、東部、頸部と体に致命傷となる銃を撃たれた。それ以外に、華僑男性 顧浩 の死体が近くの車の中で見つかった。

警察は初動の調査で、顧浩が劉兵氏に銃を発砲した後に、車内で頭部を撃ち死亡したことを発見した。2人はお互いに面識があり、詳しく調べた結果これは暗殺と自殺であり、その他に容疑者が逃走した形跡がないとされている。警察は今回の殺人事件の動機について発表することを拒んでいるが、劉兵氏が住んでいた別荘には荒らされた形跡がなく、また強引に侵入した形跡もなかった。当時劉兵氏の妻は家にいなかった。

ピッツバーグ大学医学院の計算生物学部のイベット・バハール(Ivet Bahar)主任は、劉兵氏は非常に優秀な華僑で、非常に努力して研究しており、最近武漢肺炎に関する面白い実験結果を得られ、疫病と関係するものであると述べた。また実験室の研究員たちは在宅で研究をしており、毎日劉兵氏と連絡を取り合っていたが、劉兵氏は常日頃電子メールへの返信は非常に迅速なのだが、先週末何通かの電子メールを送ったが返事がなかった。

バハール主任は、彼女が先週末劉兵氏の妻と電話で話したが、すでに劉兵氏が殺害に遭ったことを聞いた。バハール主任は劉兵氏から身の回りの危険を感じているとの報告を受けていなかった。劉兵氏は一人っ子で両親は中国に住んでおり、また子供はいなかった。

現在劉兵氏がどのような研究計画を行なっていたかは明らかになっていないが、ピッツバーグ大学医学院研究員は4月EbioMedicine誌で発表される論文の審査を行なっており、武漢肺炎ウイルスワクチンがマウス実験で有効性が証明された可能性があると指摘している。米国連邦政府の認可を得られると、彼らはこのワクチンを PittCoVacc と命名し人体実験を開始しようと計画している。

劉兵氏は2012年シンガポール大学で博士号を取得した後に、米国カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の計算機科学科で著名なエドムンド・クラーク教授の下で研究を行なっていた。劉兵氏はその後、ピッツバーグへ引っ越し、研究者の身分でバハール実験室に参加し、最近は助教授へと昇格していた。また2018年には中国で講演も行ったことがある。

2020年5月12日 編集・翻訳(八度 妖)

考察

時間があればこの事件についての考察を書くつもり。Twitterで更新をお知らせしますので、フォローお願いします。

台湾と聞いて知らんぷりしたWHO幹部がカナダ国会に呼び出される

まずはこの動画をご覧いただきたい。

今回お話しするのは香港メディアの記者とSkype通話をしていたWHO幹部についてである。

2分9秒あたりからご覧ください

  武漢肺炎が蔓延している中、台湾だけが防疫に成功しおり、多くの国から世界保健機構(以下WHO)及びその他の国際舞台への参加支持を得ている。ブルース・エイルワード(Bruce Aylward)WHO事務局長補が以前インタビュー中に台湾の話題が上がると、知らんぷりした様子が公開され、ネットで大きな議論を巻き起こしたが、今回ブルース・エイルワード事務局長補がカナダ国会に召喚された。召喚の目的は、防疫の始終を説明することであるが、カナダ国会による召喚は非常にまれである。

ブルース・エイルワードWHO事務局長補

  外国メディアによるとカナダ国会は各項法律、政治議題においてその専門家または利害関係のある人を常設委員会の証人とするが、通常まずは「招待」という形で呼び出し、大半の人はこれに応ずるが、エイルワード事務事務局長補は2度もカナダ国会の招待を拒否しており、WHOも代理人を派遣するなどもしなかったために、今回カナダ国会はより強制力の強い「召喚」という形でエイルワード氏を呼び出したが、これは非常に珍しいケースである。国会が前回「召喚」をしたのは、Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグ氏であり、彼もまた2018年同様に出席を拒否したが、最終的にFacebook社カナダ部門の上長を代理で出席することを落としどころとした。

  エイルワード氏自身はカナダ人であり、ニューファンドランドメモリアル大学を卒業後、学内で働いた後、WHOで組織の重要メンバーとして働いている。今回の武漢肺炎流行においての役割は非常に重要であり、更には中国での疫病対策についての専門チームを率いている立場である。

  WHOはカナダ国会に対して返信した内容として、WHOは現在全身全霊を込めて各国の防疫対策に力を注いでおり、他の国家もWHOメンバーを召喚しているが、WHOは通常、人を派遣することは無いとしている。それは規則にも定められているため、WHOはこのような召喚に応ずる必要がないとしている。

2020年5月2日 編集・翻訳(八度 妖)

中国粗悪品続く!英国購入の300台の人工呼吸器 医師が「深刻な警告」を発す

  武漢肺炎の感染が世界的に拡大・蔓延している中、多くの国家が中国から防疫物資を購入し、品質の問題が出ている。外国メディアによると、英国は中国から300台の人工呼吸器を購入したが、医師界の人物は、もしこの人工呼吸器を使用すると、患者に対して重大な傷害を負わせる可能性があり、最悪の場合は市に至るとが深刻な警告を発した。
※敢えて誤った字を記載しております

 《NBC》の報道では先月4日(2020/4/4)、英国は中国から300台の人工呼吸器を購入し当時の役人は中国に対して感謝の意を伝えたが、図らずも9日後、医師グループと医療管理者たちが深刻な警告を発した。彼らは政府役人に送った手紙の中に、受け取った250台の人工呼吸器は中国の主要メーカーの一つ北京Aeonmed有限公司が製造したシャングリラ510型であると伝えた。

北京Aeonmed有限公司製 シャングリラ510型

  医師界の人物は手紙の中で、もしこれらの人工呼吸器を使用するともしこの人工呼吸器を使用すると、患者に対して重大な傷害を負わせる可能性があり、最悪の場合は市に至るため、重症患者に守るために返品するか交換するしてほしいと書かれていた。
※敢えて誤った字を記載しております


  医師たちはまた人工呼吸器の酸素提供は「不安定且つ頼れるものではない」、基本的な部分ですらまともに製造されておらず、また正常に洗浄もできず、酸素チューブもEU規格に符合しないと批判している。中国製の人工呼吸器の品質に大きな問題がある事以外にも、彼らは英国の医療従事者がこれら(中国製の)設備に不慣れなこともあり、現状危機の中にあっても使用するのはふさわしくないと述べている。

2020年5月2日 編集・翻訳(八度 妖)

これらニュースを読むと、食糧はもちろん、医療物資、生活必需品などは輸入に頼らず自国で生産するような体制を取らなければならないと感じました。昔から米国は日本に対して「コメ」の市場開放を求めていたと記憶しておりますが、これは「安さ」に釣られて開放してはいけない分野であると思います。

現在世界中が武漢ウイルスの感染拡大に躍起になっておりますが、中国が1、2月に世界中で医療物資を買い占め、現在世界中で医療物資の不足しております。そして現在中国は世界中の食糧を買い占め始めているというニュースが出ているので、恐らく食糧争奪戦が始まるのかもしれません。すべてのモノを自国で生産するのは、難しい事と効率が悪いので、外国から輸入する必要がありますが、今回の武漢肺炎によって、少なくとも「中国共産党政権下の中国」での製造はやめる事を検討すべきだと思います。