台湾の感染状況に赤信号!《ブルームバーグ》が「世界防疫優等生」が抱える最大の悩みを伝える

  武漢肺炎(新型コロナウイルス,COVID-19)が世界で猛威を振るう中、中央感染症指揮センターの陳時中指揮官は、既に市中感染が始まっていると指摘した。外国メディアは、これは台湾が昨年から防疫対策を緩和した以降で、初めての制限強化となると言及。また台湾が世界に先駆けて防疫に成功したために、国民にワクチン接種することを説得できずにおり、現在ワクチン接種率は1%にも満たないことにも言及している。

  ブルームバーグは、台湾とシンガポールは世界で数少ない新型コロナをほぼ完全に消滅させたに等しい国家の一つであるが、現在その防疫対策を強化し始め、過去数か月間普通の生活を送ることができたこの2か国の状況を破壊するかもしれないと報道。台湾は現在、今後4週間、室内での活動は100人以下、屋外での活動は500人以下にしなければならない。これは昨年制限を緩和した以降で、初めての制限措置の強化である。

  報道では、台湾は感染症拡大し始めた初期段階で既に感染症を抑え込む事が出来ており、ウイルスが8か月あまり排除出来ている状態を持続でき、そしてまた台湾は世界で疫病が広がる中、国内で厳格な制限を一切実施しておらず、企業、政府機関、学校等、通常どおりであった。これは感染症をきちんと抑え込む事に成功したが故に、台湾は現在民衆にワクチンを接種するよう説得しなければならない状況になっている。現在まで、台湾のワクチン接種率は1%にも満たないが、こちらに関して、シンガポールは進んでおり、ワクチン接種率は19%である。

  報道では、政府は新たな制限を実施することにより、民衆が経済成長に対する不安を持つであろうと指摘し、台湾、シンガポールの株式市場は下落の状況が出始めている。両国のワクチン接種率は低いこともまた社会的不安を起こしている。もし、今回のウイルスが伝染の速い変異ウイルスであれば、防疫措置に脆弱性が更に出るであろうと述べた。

※注意
これはブルームバーグの記事をベースとした自由時報の記事を和訳・編集したものです。
接種率1%=国民が望んでいない、というわけではありません。拡大解釈はしないようお願いいたします。


はい、以上が台湾最大の新聞社「自由時報」の記事の和訳でした。

  台湾は昨年から感染者ゼロが続いており、友人から聞くところ海外出張と海外旅行が出来ないことを除くと至っていつもどおりの生活を送ることができているとのことでしたが、ここ数日でそんな生活に大きな変化をもたらしかねない状況になっているようです。

  恐らくこのチャンネルの視聴者様は非常に知能の高い方ばかりですので、ご存じかと思いますが、台湾は島国であり水際対策をきっちりと取ってきたため、感染者数が1200人ちょっと。そのうちの殆どが海外から帰国・入国した人たちであるため、ほぼ完ぺきに抑え込めている状態でしたが、先日出国履歴も無い人が5人市内のゲームセンターで集団感染するという状況になりました。しかも感染経路が不明という事で、今や台湾では蜂の巣をつついたような大騒ぎとなっております。関東に住んでいると、え?たった五人で大騒ぎなんて大袈裟だなぁと思うかもしれませんが、日本だって2020年1月にはこれくらいの人数で大騒ぎでしたので、慣れって恐ろしいなぁと思った次第でございます。

  ワクチン接種に関しては、私自身がまったく知見が無いので、この動画では触れないことに致します。なんか視聴者様から教えて頂いたのですが、ワクチン接種を巡り色々と物騒な議論があるみたいですし。

ちなみに台湾が取った厳しい防疫手段は次のとおりです。

1.マスク着用、密を避ける
2.イベントでは「実聯制(実際に連絡取れる個人情報を記録する方式)」等を実施
3.原則屋外500人以上、室内100人以上のイベントの中止
4.商業施設及び公共の場ではソーシャルディスタンスを保ち、防疫対策をしっかり行う
5.飲食業は「飲食向け実聯制」等の実施
6.台湾鉄道、台湾新幹線、バス等での公共交通機関での飲食禁止

となっております。特に不要不急の外出の自粛などは積極的には求められておりませんが、私の友人なんかは、これから保存食を買い込んでなるべく外出を控えます、と自分の為、他人のために自粛をするつもりだと教えてくれました。そしてコストコでは大行列という情報も友人のFacebookの投稿から知りました。こういう心理的な部分で台湾経済に悪影響が無ければ良いんですけどね。




さて、このニュースを見てから、色々と日台分断工作をしているであろうSNS上のアカウントをチェックした所、やはりありましたね。こんなものが。

もう一つ、

これは玉山富士子さんという、日本人なのか台湾人なのか、はたまた別の国の人なのか分かりませんが、こんな投稿をしていました。

まず一つ目、感染者数がゼロだったことは隠蔽ではないのか?ということを匂わすような投稿。そして北朝鮮の体制を持ち出して、暗に蔡英文政権を批判している点が玉山さんウォッチャーの私としては、わざわざ日本語で投稿するあたり日本人に台湾政府は中共と同じように隠蔽体質の国である、政府であるという印象を持たすための投稿だと推測しております。もし、隠蔽しているのであれば、その根拠となるような情報を出すべきなのにそれをしていない点が怪しいですね。

次に、先ほどの隠蔽体質を匂わすような投稿の理由付けとでも言いますでしょうか、検査数が少ない事を挙げております。かなり前の投稿では、実際の検査数を上げて疑問を呈しています。

累計検査数を比べてみよう
日本:12,446,615 (1億2000万件)
台湾: 539,626 (54万件)

これは五月上旬のデータのようなのですが、いやいや、5月上旬で日本は町中いたるところに武漢肺炎のリスクがあったわけで、検査数が多くなるのは当たり前です。しかし台湾は空港などできっちりと水際対策をしており、まちなかでは武漢肺炎のリスクがほぼゼロで、一般市民が検査なんて不要でありますから、検査数がけた違いに少ないのは当たり前の話です。ただ、情報弱者と言われる人たちは、具体的な数字や名前を出されると、思考停止して、〇〇さんがこう主張しているからそうなのかもしれない、とトンデモナイ情報でも信じてしまう傾向にあります。そうした弱みと言うか特徴を狙って玉山さんはこんなトンデモナイ主張をわざわざ日本語で投稿しているように思えます。

  過去の彼女の発言を見ていると、どうも蔡英文政権が倒れて欲しい、台湾は想像以上に悪い国だ、金美齢先生は悪態をつく酷い人間だ、みたいな発言を日本語と中国語でやっているあたり、とても日台友好のために動いているとは思えません。そしてこの玉山富士子氏の投稿を数多く引用する人物もいるので、非常に厄介だと感じております。その人物は一部の保守と言われる人たちから支持を集めているITビジネスアナリストの女性なのですが、最近の彼女の言動を見ると、本当に日本の国益のために動いているのか?と感じる事がありますが、これ以上誤りを指摘、批判じゃないですよ、誤りを指摘すると、コメント欄が知性のないコメントで溢れてしまうので、これ以上は述べませんが、日台分断に故意なのか知らずになのか分かりませんが、こういう分断工作にかかわるものは随時情報更新をしていきたいなぁと思います。動画はすぐにアップロードできるわけではないので、最新の情報を知りたい方はぜひTwitterをフォローしていただけると幸いです。そちらでブログや動画更新のお知らせ、そして台湾の情報についても挙げておりますので、よろしくお願いいたします。


  あともう一つ、気になる点として、この武漢肺炎が生物兵器だという説ですが、以前の私であれば、それはあり得る、本当に中共は倒れるべきだ!なんて動画を作っていたかもしれませんが、今はそういう事を言うYouTuberが増えてきたので、しないつもりです。ただ、気になる点としては、今回台湾での市中感染では、感染経路不明のケースが多いという点です。水際対策をきっちり行なってきたのに、突然経路が分からない感染者が出たということは、中共の便衣兵とかが兵器を台湾国内に持ち込み、街中ではなったのではないか?というような陰謀論的な話が出てくるのではないか?ということです。可能性はゼロではないと思うのですが、一つの推理を以ってあたかも事実であるように伝えるのは良くないと思うので、やりません。ただ、こういう内容は視聴回数が稼げるので非常に魅力的なんですよね。

最後に、台湾に関して色々と思う所があると思います。昔、台湾人に騙されて大金をうしなったとか、台湾女性に振られて悲しい思い出があるとか。ただ、そんな個人的な感情及びネットに出回る情報を信じて、客観的な根拠もなく台湾を疑うのは、中共と言う大きな敵を目の前にしている今、良くない事だと思います。
これを言うと、盲目的に台湾を信じるのは良くない!とコメントする人がいますが、そんな当たり前の事はこのブログの読者さんは百も承知ですので書かないでくださいね。そしてもし反論するなら客観的な資料を添えてくださいね。

2021年5月13日 編集・翻訳(八度妖)

tsmcに関する3の疑問に答えてみた

tsmcに対する疑問について、企業や政府機関の公式サイトや台湾のニュースメディアを参考にして半導体に詳しくない人でも分かりやすいようにまとめてみました。

では早速参ります。


1、 血税を投入して日本に誘致

これは先日投稿したように、この噂は2月9日のtsmcの公式発表で100%自己資本でやりますというリリースが出ていたので、フェイクである可能性が高いです。また、経済産業省の助成金の対象となる企業は全て日本企業となることが決定されていますので、血税投入という情報を信じている人は、トーンを下げるべきだと思います。本当は信じるなと言いたいところなのですが、過去の自分自身の判断の否定にもつながることなので、なかなかできないという心理も理解できますので、まずはトーンダウンしてくださいという口調にさせていただきます。

※2021/5/31 経産省がtsmcジャパンと20社・機関とともに共同で研究開発することに基金を出すことを決定しましたので、「血税を使うはフェイク」は誤りです。しかし、基金の使いみちがどのようになっているかはまだ不明なので注目していく必要があると思います。

TSMCへ900億円プレゼント?は「嘘」


2、 tsmcは人民解放軍にチップを提供

そもそもこの情報はどこから来たのか?という点ですが、殆どの人が、ワシントンポストや大物YouTuberなどの情報をソースとしております。しかしながら、4月上旬に台湾経済部(経産省に相当する機関)の王美花大臣が、「tsmcは台湾、米国のどちらの輸出規制のルールに則って輸出されている」と声明を出しております。これだけでは恐らく「台湾政府は嘘をついているかもしれない」という人が出るかと思います。確かにこの声明だけでは、ミサイルに使われたことを100%否定するコメントではありませんよね。その点は認めます。確かにルールに則って輸出しても使われる可能性はあります。
では、そもそも論としてtsmcってどんなことをしているか?を理解しなければなりませんが、非常に難しい分野ですので、分かりやすく説明する必要があります。

tsmcがやっていることは、受託製造、つまりは下請けの製造会社ということです。
金属製の乗り物の模型を例にあげると、
この模型を作りたいと思った会社はPCと専門のソフトウェアを使って実際の自動車飛行機などから縮小された模型のデザインをすると思います。しかし、デザイン会社はこのデザインしたものを型を作って、そこに金属を流し込みパーツを作るという製造工程を行なう事が出来ません。こんな時どうするか?というと、この模型のデータを鋳造工場に持って行き、型を取って金属を流し込むという製造工程を外注するわけです。で、今回注目されているtsmcですが、この部分を担っている訳であります。で、金属を型に流し込んで、金属パーツが出来上がっても、製品と呼べるものでしょうか?ただの金属片の集まりだけですので、これを組み立てる工程が必要かと思います。しかしtsmcはこの工程を行なう事ができないので、別の会社へ完成した金属片を渡し、受け取った会社がパーツと説明書を加えて箱詰めしたり、組み立ててから箱詰めしたりするわけであります。

つまり何が言いたいか?というと、半導体というものは、tsmcのような1社だけで、どうこうできる分野の話ではないということです。それを理解しないで、解放軍のミサイルにtsmc製のチップが使われているから、tsmcは国防上大きな問題になりえる!と主張するのは、非常に危ないということです。
(tsmc製チップを解放軍が使う=tsmcを完全悪玉会社と考えるのは危険、という意味)

この理論が通じるのであれば、多くの日本人が持っているアップル製品のiPhoneやiPad、そして最近のアップルのパソコンのCPUはすべてtsmc製となり、tsmcを助けている人間ということになります。tsmcはケシカラン、と思っている人でiPhone使っている人いないですか?そんなにtsmc社が嫌いであれば即iPhoneを使うのをやめるべきです。

※2021年5月12日追記

  2021年4月13日に米共和党の2議員は半導体製造機器の輸出規制を強化するよう求める書簡を米商務省長官へ出したというニュースがあり、この書簡をベースに「米国はTSMCに疑いをもっている」と主張する人がいますが、これはあくまでもマイケル・マコール下院外交委員会筆頭理事とトム・コットン上院議員に対して求めたことであり、決してアメリカ政府の見解ではない事、補足いたします。

ソース
https://gop-foreignaffairs.house.gov/wp-content/uploads/2021/04/edaletter.pdf

※2021年5月27日追記

 そもそもこの書簡すら、tsmcを名指しで批判しているものではないことが以下動画で解説されていました。ちょっとでも疑問を感じたら八洲子さんのようにきちんと第三者の資料を用いた動画や情報もチェックする方がよろしいかと思います。

3、 tsmcは中国企業

これは確かに創業者のモリス・チャン氏は中国浙江省出身の人物ですが、tsmcはワンマンカリスマ社長でここまで大きくなったのか?という点とモリス・チャン氏の経歴も見なければなりません。まずtsmcはITRIという台湾政府の技術研究開発機関からスピンアウトして出来た会社で、スピンアウト後も李登輝元総統も半導体で台湾の将来がかかっている産業だと認識しており、且つ中共からの機密情報を盗もうと画策している事も知っている上で、政府がバックアップをして大きくなった会社であります。
そしてモリス・チャン氏も若い頃にアメリカに渡り、米国籍を取得しており、考え方は米国人的なものもあるので、中国人だというのはいささか乱暴すぎる言い方であります。
ちなみにモリス・チャン氏の発言は台湾経済界に大きな影響力をもっているものの、実は2018年にtsmcの経営から完全に引退しております。また、現在tsmcの幹部は皆さんが言う所謂本省人も、そして外国人もいるし、そして何より株主の構成を見ても米国系と台湾政府が主要株主であることを考慮すると、中国企業というのはいささかミスリードな主張かと思います。
この理論が通るのであれば、日清食品を創業した安藤百福さんはもともと日本人で、戦後台湾人になってしまい、日本国籍を取得したものの、創業当時は台湾国籍でしたので、日清食品は台湾企業と言えるのでしょうか?出自だけでどこどこの国の企業だと考えるのは非常に短絡的であると私は考えます。



品切れが続いていますが時々在庫があるみたいです

いずれにしても、tsmcを敵視して得をするのは誰なのか?を考えるべきですし、様々な意見を見る事が大切かと思います。私も2年くらいYouTube活動をしており、どのようなトレンドが再生回数を稼げて、広告収入が多くなるかを何となくつかめております。昔から変わらないものとしては、不安を煽るような内容は非常に再生数を稼ぎやすいという事ですね。今であれば、tsmcは危ない、中共の台湾侵攻は何月だ、とかそういうような情報ですね。以前の私であれば、そういう話題をテーマにしておりましたが、それでは行かんということで、最近は爆発的な再生回数という衝動にかられるものの、なるべく事実を淡々と述べるクソ真面目な動画/ブログをアップしております。本業があるので、お小遣い程度の広告収益があればいいものですから。

ちなみに、このブログに反論コメントが来ると思いますが、その際はきちんと論拠となる資料を添えてくださいね。あと、私に対しては構いませんが、コメントした人に対しての誹謗中傷は許しませんので、コメント送信前にもう一度コメントを読み返してくださいね

2021年5月12日 編集(八度妖)

なんと、国政政治学者の藤井厳喜先生に、動画がよくまとまっているという有難いお言葉を頂きました!!

https://twitter.com/GemkiFujii/status/1391556873682264067
YouTubeではイラストを用いた解説もしております。

インテリジェンスを語る柏原竜一氏の塩対応

個人名を出した反論はあまりしたくのは無いのですが、インテリジェンスを研究している柏原竜一さんという方が、私のTwitterのツイートを引用して「アンチを斬る!」という動画を出していた方がいたので、今日はそれについて反論させていただきます。
(ちなみに動画では、私をメインに斬っているわけではありません。私を斬っているのは、ほんの数十秒だけです)

まず、柏原氏の動画で何が焦点か?ということですが、タイトルどおり某著名人のアンチを斬るという内容ですので、その著名人に対して反論していたのですが、その反論にまた反論するという形のないようでした。その中でほんの数十秒なのですが、私のTwitterのツイートが挙げられていました。

その話題というのは、TSMCが日本に拠点を置く事に関して、某著名人が

血税900億円をプレゼント

というような主張をしていて、愛国と言われる人たちの愛国心に油を注いで、tsmc誘致反対の声を大きくしていました。しかし、半導体の専門家の服部毅先生など、多くの人が「tsmcに血税が投入されるのはフェイク」と断言するなど、それが嘘だということがバレているのに、それでも、「血税投入」を擁護する人が出てきました。その擁護する人の1人がインテリジェンスを語る柏原竜一氏であって、彼のYouTubeチャンネルでそれについて触れていました。4月29日に動画をアップしてその動画の15分43秒あたりから私のTwitterのツイートを引用して説明しております。

動画は非公開となってしまったので、替わりにサムネイルを貼っておきます。

流れをさっと説明すると、

ネット上でtsmcに血税投入がされるという噂が広がり、それはフェイクだという声とフェイクじゃないという声が出始めておりました。そして私がフェイクじゃないという主張する人に対して、「tsmcが100%自己資金で研究センター作りますよ、という公式見解を出してますよ。血税投入はデマでしょ」というツイートをしたところ、柏原氏は

2021年1月5日の日本語版Bloombergの記事では、TSMCが折半出資で日本で合弁事業を行う予定だと報道しており、ブルームバーグも台湾メディアも報道しているのだから、デマだと言い切るのはおかしいでしょう、

と動画内でという主張をしていました。

ちなみにブルームバーグの記事は、tsmc関係者→台湾メディア聯合報、つまりは中国語→ブルームバーグ英語版→ブルームバーグ日本語版となりますので、1次情報ではなく4次情報となります。しかも、言語も台湾での言葉、英語、日本語と翻訳が複数回入っている点にも注目ですね。このような情報を元にインテリジェンスするのはどうなんでしょうかね。せめて英語の情報を読んでいただきたいなぁと思った次第でございます。

ブルームバーグ記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-05/QMG9POT1UM0Y01

さて、動画内では、tsmcに血税投入はフェイクだという発する人をばっさばっさと斬っているつもりのインテリジェンスの専門家の柏原氏でしたが、素人の私がなぜ、彼の動画が滑稽というか浅いと感じたかを簡単に整理してみます。

1月5日 ブルームバーグが折半で合弁会社を設立と報道

2月9日 tsmcが公式で完全自己資金で支社を設立とリリース

3月上旬 SNS上で某著名人が「血税投入を阻止せよ」と騒ぎたてる

4月中旬 半導体の専門家や一般人でさえも「血税投入はフェイク」と発言し始める

4月29日 柏原氏が「フェイクと言う奴らを斬る」という動画を配信

時系列おかしくないですか?

1月時点でTSMCの日本拠点が折半出資であるという情報を以ってあれこれ語るのは、全く問題ありません。

しかし2月9日にTSMCが役員会議ですべて自社のみで出資することが決定して、この決定事項が公表されました。

そして3月上旬から4月上旬くらいまででSNSでは「TSMCに血税投入するのは間違っている!」というような論調が出て来たわけであります。まぁ、この時点で、2月9日のTSMCの公式見解を知らなかったという前提であれば、騒がれるのも仕方ないと思います。実際私もこの公式見解を見落としていた訳でありますから。

4月中旬頃から、「あれ?経産省ってtsmcに血税投入するなんて一言も言っていないぞ」という声が上がり始め、私も血税投入してないんじゃないの?とツイートしたところに、4月29日、柏原竜一氏が「アンチを斬る」というタイトルの動画をあげて、ブルームバーグ日本語版ではそう報道していた。だから、血税投入はデマともフェイクとも言えない、と主張している訳です。

もう一度おさらいしましょう、ブルームバーグの記事、先ほど説明したように1月5日の4次資料となるニュースをベースに血税投入はデマとは言い切れない、と言っておりますが、2月9日にはtsmcの公式リリースを見てください、という投稿をしたのに、それを見ることなく、いや、見たのかもしれませんが、まったくそこには触れず、ただ単純にブールムバーグが~!と主張するのはインテリジェンスと言えるのでしょうか?時系列で考えると、如何に滑稽なのかがお分かりになったかと思います。


しかも、この後の柏原竜一氏の対応が

非常に塩対応

その動画や彼のTwitterに対して、私を含めたいくつかの反論があったものの、その反論する人をブロックしたり、コメントを削除(正確には第三者には見えないような形にすること)を行ない、挙句の果てには、反論者を「工作員だ」と言い切り、そんな工作員は相手にしない、忘却が最善の策です、と仰る始末でございます。私なんかは「今後の書き込みはご遠慮ください」と、私の名前を出しておきながら、議論もさせてもらえない状態。

更には、柏原氏は「某著名人のビジネスパートナーが人民解放軍と繋がっていることを見せるために、写真をあげているけど、ソースが無いので信用できない。こういうやり方は工作員のやり口だ」と動画内で名指しで批判されていた八洲子さんという人なのですが、コメント欄にその写真の出所となるURLリンクや情報を書き込んだ所、そのコメントを消すという、インテリジェンスを研究している人として情報を消す、人々に伝えないというあり得ない対応をしております。


また私の動画にも

「柏原さんの某著名人の応援動画にコメントしたら、消されてしまいました。賛否両論から討論の企画をお願いしつつ、検証主義派の人達は、資料にもとにしてファクト・チェックしているだけでは?、顔出ししないのは内部告発しているのでは?という趣旨を書きましたが駄目でした。以下省略」

というコメントがありましたが、柏原竜一氏はコメントを消す行為は結構行なっているようですね。まるで言論統制を行なう某国の手口ですね。


ちなみに私は、コメント欄のコメントを削除することはあまりしませんが、YouTubeが自動的に非表示、つまりは別アカウントから見えなくするようにすることがあるので、時々チェックして非表示状態を表示状態にすることをしております。

削除するコメントは、個人への誹謗中傷、連続した同じ書き込み(宣伝行為ですね)、差別的な発言、など、基本的にはYouTubeのコミュニティガイドラインに違反したコメント、違反しそうなコメント、そして「台湾は中国の一部だ」という中華プロパガンダに関しては削除しております。

最後に、話はちょっとずれてしまいますが、私のようなチャンネルのコメント欄にも「台湾人は所詮中国人だ、漢民族だ」というようなコメントを頂きます。現在中共憎しの輿論が広まりつつある中で、一点忘れている事があります。それは、「台湾人=漢民族」というのは中国プロパガンダだという事ですね。中国は台湾をどうしても自分のものにしたいがために、血液のDNA的にも歴史的背景を見ても、漢民族の血は入っているものの台湾人は「オーストロネシア系民族だ」という事実を隠そうとしているわけであります。台湾人の先祖は所詮は漢民族と認識していたら、その考えをぜひ捨ててください。その考えをして得をするのは中国、中国共産党と中国国民党の連中なのですから。

ちなみに、台湾の中国国民党や中華統一促進党のようなチャイニーズであることを主張する連中の中には、所謂外省人がいるのはもちろんのこと、所謂本省人と言われる人たちも一定数いますので、現代台湾を語る上で、外省人・本省人というステレオタイプの考えで判断する事は、誤った判断を下すことにもつながりますので、ご注意ください。

例えば、tsmcは浙江省出身のモリス・チャンという外省人が創業した会社だから、tsmcは中国企業だ、というような話や、オードリー・タンIT大臣は外省人で、マルクス主義者で、左翼で共産主義者ではないか?というような話ですね。細かい話は長くなるので止めておきましたが、お時間あるときに下の動画をご覧いただけると幸いです。

2021年5月7日 編集 (八度妖)

YouTubeでも同じ内容を話しております。

TSMCへ900億円プレゼント?は「嘘」

まず一言

「900億円をプレゼント」は嘘です。

うっかり間違えたのか、わざと900億円プレゼントと言ったのかは不明ですが、実際にはそんなことはありません。

まず、どこからこんな情報が出て来たか?というと、私の知る限り、深田萌絵さんだと思いますし、他にはいないと思います。(もしいたら、教えてください)


連続して深田萌絵さんのツイートを引用して申し訳ないですが、これはほんの一部の発言です。他にもあったのですが、あまりにも量が多かったため省略いたしました。


ではなぜ、この情報が嘘だというか?というと、経産省の公式Webサイトを見れば分かるとおり、補正予算900億円は「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」という枠組みで編成されており、その詳細を見ると、助成金として1件につき上限250億円となっているからです。

先端半導体製造技術の開発(助成)

提案1件当たりの助成費は、原則として250億円以下とする。

ソース
https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200415001/20200415001-1.pdf

しかもこの助成金は、折半であるため、実際の投資額の半分になるわけなのですが、Bloombergの予想では茨城県つくばに作られるTSMCの工場への投資は200億円と推測されており、つまりはこの数字すべてが助成金の対象になるのであったとしても100億円が助成金となるのであります。

ただ、100億円も巨額だと言えるので、この使い道が正しいかどうかを見極める必要があるのですが、才女の深田萌絵さんが凡ミスをするわけがありません。何か理由があって上限250億円の予算を「900億円プレゼント」と嘘までついて発言したか、裏を考える必要があると思います。それはどうしてもTSMCを日本に誘致したくない理由があるんだと思います。嘘までついて、愛国精神あふれる日本人を騙しているわけでありますから。その理由についてはまた改めて考察したいと思います。

ちなみにこの「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」ですが、元々1000億円以上あった予算に追加として900億円の予算が組まれたのであり、先月、予算の使い道の第一弾が決まりました。

東京エレクトロン社、キヤノン社、SCREEN社(及びその関連会社)に決まったというニュースがありました。つまりは、この予算すべてがTSMCまたは外資に使われることではないということがお分かりいただけたでしょうか。

能天気に海外からのビジネスの話に乗るのはいけませんが、かと言って疑い過ぎて、本来味方かもしれない相手までも「不要だ!」という可能性があることにも目を向けるべきだと私は考えます。なお、TSMCが中共とズブズブの関係かどうかは確証は持てませんが、可能性は低いと私は考えます。

最近TwitterやYouTubeなどの言論を見ると、TSMCが危ないから日本誘致はヤメロ、という声が大きくなっているように感じます。理想論としては私もJapan as Number one というように日本企業最強という状態がくればいいと思いますが、今まで日本政府が半導体業界をないがしろにしてきたツケをすぐに回復できるのであれば、誘致は不要なのかもしれませんが、何周も周回遅れになっている状態なのですから、野球の助っ人外国人選手のようにTSMCを誘致するのはありだと私は考えます。なぜなら、例えが古いかもしれませんが、ランディー・バース選手一人で阪神を日本一に導いたのではなく、掛布・岡田選手や他の選手もいたから日本一になれたのであり、半導体業界も同じようにTSMCだけでシェア世界一になったのではなく、信越化学やSCREENなど数多くの企業がいるから世界一になることができているのであります。

しかし半導体業界は非常に複雑なので、深田萌絵さんのように単純化して分かりやすく説明する事も大切ですが、主義主張が入っているような場合は気を付けるべきだと私は考えます。

最後に、日本の国益になることを考えるにあたり、日本の安全保障が関わって来ると思います。台湾を中共にとられてしまったら、日本の安全がどれだけ脅かされるかお判りでしょうか?そうならないためにも、TSMCが中共とズブズブだという主張を一歩下がって、冷静に情報を分析する事が必要だと思います。

2021年4月19日 編集(八度妖)


2021年4月30日追記

色々と情報を調べていたら、TSMC社が2月9日に

すべて自身で完全子会社を設立する事を決定した

という公式リリースを出していました。また工場ではなく「研究開発拠点」ということですので、日本の半導体製造メーカーの脅威になるようなことは少なそうですね。

https://pr.tsmc.com/japanese/news/2786

2021年5月31日追記

5/31に経産省がtsmcジャパンと20社・機関とともに共同で研究開発することに基金を出すことが決まりました。

深田萌絵氏はどこにいるのか?ライブ映像より検証

これはあくまでも個人の推測であるため、推理小説のような「謎解き」だと思ってご覧いただければ幸いである。

2021年4月4日に米国へ行き裁判を行なってくると述べた愛国者の深田萌絵さんだが、一部の人から日本にいるのでは疑惑があったので、私なりに検証してみた。結果としては

全く分からない

となってしまう。


疑問1.本当に空港にいたのか?

これは、4月4日12時54分に空港であろう場所でライブ配信をおこなっていたので、空港にいたのは確実と考える。

背後にBR198便(台北-成田)が映っており、この日は予定時刻13時15分よりも早い12時48分に到着した。ゲートに向かっている所から、12時50分過ぎからライブが始まったと推測される

場所は風景より旧管制塔の並びから第一ターミナルと分かる。また動画冒頭のEVA航空が見えることより、EVA航空は34番ゲート到着の為、第4サテライトにいると断定できる。

成田空港公式Webサイトより

念のため、Google Earthで現場を見ると、SMBCの看板のついたボーディングブリッジが見える事より、47番ゲート付近でのライブ配信と考えられる。

Google Earthより

疑問2.国内線に乗ったのでは?

第1ターミナルから出発する国内線はピーチ航空なのだが、こちらの搭乗ゲートは第5サテライトからなので、第4サテライトで撮影するのは不自然である。もちろん偽装工作をするために、わざわざ第4サテライトにまで足を運び、ライブ配信を行なった可能性も否めない。


疑問3.どの便に乗ったのか?

調べたことは2021年4月4日の第一ターミナルから出発する便である。ライブ配信は日本時間の13時ちょっと前から始まっており、7分ちょっとの長さである。また冒頭にEVA航空が34番ゲートに向かっている様子も映っている事より深田氏が登場する便を13時以降として、3時間もサテライトで待つことは無いと判断し、13時~16時までのフライトを調べてみた。以下が当日の第一ターミナルを出発する便の一覧である。

1便、1便解説を交えながら可能性を探っていこうと思う。

NRT-MMB(成田-女満別) MM593 13時06分発(定刻12:55) Gate A

→ライブ終了が13時前後のようなので、定刻12時55分では、ファイナルコールされているので女満別行ではないようだ


NRT-ICN(成田-仁川) OZ101 13時28分発(定刻13:20) Gate31

→47番ゲート付近にいたことと、搭乗案内開始時刻が恐らく13時00分くらいなのと、ゲートが31番であり、移動時間を考えるとこの便の可能性は低いと考える


NRT-KMI(成田-宮崎) MM553 13時29分(定刻13:15) Gate H

→定刻13時15分であれば、13時ちょっと過ぎには搭乗ゲート Hまで行かなければならないことを考えると、宮崎行ではないと考えるのが自然だと思う。


NRT-ISG(成田-石垣島) ノーコールサインPeach機体 13:49分(定刻13:25)Gate不明

→ノーコールサインであるため、どのゲートから出発なのか分からない。この便の可能性もあるが、13時25分定刻ということを考えるとこの便の可能性は低いと考える。


NRT-VVO(成田-ウラジオ) SU5481 14時07分(定刻14:05) Gate22

→ウラジオストック!ロシア時刻も14時5分出発予定なので余裕があるのだが、北ウイング第2サテライトのGate22であるため、わざわざ真逆の第4サテライトまで来てライブ配信する可能性は低いと考える為、この便の可能性は低いと考える。


NRT-PVG(成田-上海浦東) NH959 14:11分(定刻14:00) Gate37

→時刻、ゲートの場所といって47番ゲートから近いので、この可能性が高いと思われる。37番ゲート付近からの風景は空港に見えないこともあるので、空港が見える近くの47番ゲートに移動した可能性がある

37番ゲート付近からの風景。非常に殺風景であるため、わざわざ47番ゲートに移動してライブ配信した可能性が高い。

NRT-OKA(成田-那覇)MM505 14:33(定刻14:00) Gate A

→既述のように第5サテライトからの搭乗なのだが、時間的にはたっぷりあるのでこの便の可能性もあるが、わざわざ撮影のために第四サテライトへ来るのであろうか。


NRT-TPE(成田-台北) BR197 14時37分(定刻14:15) Gate34

→こちらも時刻、ゲートの場所から考えると可能性があるが、台湾は厳格な入国後の隔離生活があるため、この便に乗る可能性は低いと考えるが、乗り換えで米国へ渡った可能性もある。


NRT-ICN(成田-仁川)KE704 14:49(定刻14:55) Gate24

→時刻も14時55分出発予定なのでかなり余裕があるのだが、北ウイング第2サテライトのGate24であるため、わざわざ真逆の第4サテライトまで来てライブ配信する可能性は低いと考える為、この便の可能性は低いと考える。


NRT-FUK(成田-福岡)MM525 15:11(定刻14:55) GateD
NRT-CTS(成田-千歳)MM579 15:24(定刻15:00) GateF
NRT-KIX(成田-関空)MM316 15:31(定刻15:00) GateB
NRT-OKA(成田-那覇)MM507 15:37(定刻15:30) 不明

→13時過ぎにライブ配信が終わったことを考えると、その後2時間も時間を弄ぶほど、深田さんは暇人ではないだろうから、これらの国内線に乗った可能性は低いと考えるのと、既述の通り出発ゲートは第5サテライトであるため、わざわざ第四サテライトまで来て撮影するのであろうか。ただ、時間と場所を計算しながら配信しているのであれば、関西空港行きが一番乗った可能性が高いと思う。その方が実家にも寄れるし、コストもそれほどかからないためである。


ということで、4月4日13時~16時に第一ターミナルから出発する米国への直行便がないため

1.経由便を利用した

2.国内線に乗った

の2つの可能性が考えられる。

結局は1と2のどちらにのったのか?は分からずじまいだったが、もしライブ配信の場所からだけで便を特定するのであれば、NH959便の上海行かBR197便の台北行に乗った可能性が高い。彼女が経営している会社Revatronは中共企業のテンセントとも戦略的パートナーシップ契約を締結するなど、中国とビジネスをしていることを考えると、もしかしたら中国に向かったのかもしれないが、まったく確証を持てる情報ではないので、推測の域から脱することもできないし、そもそも上海浦東空港で米国行きの便へと乗り換え(トランジット)する可能性もある。

いずれにしても謎の多い女性であり、ファンはもちろん、アンチの人たちをも楽しませる一流のエンターテイナーなのかもしれない。

2021年4月14日 編集(八度 妖)

台湾は監視社会ではない。「電子フェンス」とは?

  今日はちょっと技術的なお話とさせていただきます。武漢肺炎、日本では新型コロナウイルスと言われていますが、武漢肺炎対策がしっかりできた台湾ですが、多くの人が誤解を招いている部分があるので、説明させていただきます。


台湾の防疫システム


台湾で市中感染が殆どなかった原因として一つは水際対策がきっちりしていたという事が挙げられますが、水際対策だけではどうしてもすり抜けが起きてしまいます。それを防ぐために作られたのが位置特定システムで、感染者が市内に出てしまった場合、感染者と濃厚接触に該当する人に対してショートメッセージを送信して自主健康管理を促すという仕組みです。

ただ多くの人が誤解しているのですが、この位置特定システムですが、GPSを使っていると思われますが、実はそんなことはなくGPS機能をオフにしていても特定できますし、台湾ではほぼ見かける事の無くなりましたが、日本ではまだ使われているガラケーと呼ばれるスマホではない電話専用の携帯端末でも位置を特定する事が可能なのです。

これは携帯電話会社が設置している基地局と携帯電話端末との間で行われる電波の送受信情報を利用した位置特定システムであります。そのため、GPS機能を利用したものと比べて実際にいる位置との誤差が数十メートルもあり、悪い言い方で言うと大雑把にしか分からないということになり、自宅での隔離をおこなっている人が自宅を出たと判定されることもあるのですが、ガラケーでも特定できるということと、携帯の電源を切ったりフライトモードのように電波を発信しない状態になった場合には、電源を切ったことを検知できるというメリットがあります。通常、自宅隔離期間中にこっそりと抜け出そうとする人は、この仕組みを知っていれば、携帯電話を持ち出してこっそりと出歩くなんてことはしないはずです。携帯電話なんて電源を入れなければただの金属とプラスチックの塊に過ぎませんからね。そして、「あっ、電池が無くなっていたのに気が付かなかった」とか「携帯がなっているのに気が付かなかった」という言い訳をさせないために、自宅の自治会の人が1日何回か電話をかけて電話が通じるか、電話のそばにいるか?を確認することを行なっているため、携帯電話を持たずに外出することは殆どありません。というか自宅隔離期間中は外出を一切してはいけないんですけどね。

  そして、外出を抑制している一番の要因は、位置特定システムではなく罰金が重いという点もあると思いますが・・・・。いずれにしても、感染者、海外からの帰国者は隔離ホテルでの滞在または自宅での隔離という水際対策とこの位置特定システムの仕組みにより2週間は市内を出歩く事ができず、市中感染を抑える事に成功したのであります。

なお途中、だいぶ情報を省略しておりますので、あくまでも概念的な意味での説明であること予めご了承ください。

電子フェンス2.0について

さて、2021年1月から電子フェンス2.0という枠組みで運用された市中感染拡大を抑える仕組みですが、昨年までは、その監視対象が感染者と海外から帰国した人たちのみだったのですが、今年からは濃厚接触者、つまりは自主的に健康管理に気を付けなければならない人に範囲が拡げられ、またコンサートなどの大勢の人が密接に集まるような場所へ訪れる事も禁止されました。そのため、1月上旬に行われたメイデイという有名な音楽アーティストのコンサートに濃厚接触者7名が参加して見つかってしまったというニュースがありましたが、これが電子フェンス2.0の仕組みで検知できたということであります。ただ、携帯電話と基地局の電波の送受信情報だけでは、先ほど述べたように誤判定を起こすことがあるので、台北当局はコンサートチケット販売時に身分証明番号との紐づけを行なう仕組みを採用し、入場の際に身分証明書との照合を行う仕組みも取り入れたために、安全にコンサートが行う事ができたのであります。

中共 天網工程と台湾 電子フェンスの違い

ただ、台湾のニュースが少ない中、SNSでは台湾へのイメージを下げようとしている工作なのか分かりませんが、この電子フェンス2.0が中共の人民監視システム「天網工程」と同じだ!なんて発言がチラホラ見かけるようになりましたので、私が簡単ではありますが、説明したいと思います。

この表をご覧いただければわかる通り、台湾の監視対象はあくまでも新型コロナの感染者であって、一般市民はまったく対象となっていない点、そして先ほども述べましたが、位置を特定するのは携帯電話と基地局との電波の送受信情報から割り出す為、大まかにしか分からないという点であります。つまりは、携帯電話の電源さえ切っていれば、位置を特定されることはありません。

なお日本でも行方不明者を特定する時などに、この技術は使われていますし、NTT docomoのケータイお探しサービスなんかもこの技術を使っております。ですので、この電子フェンスの仕組みを以って「台湾は監視社会だ」という論調は日本人の台湾に対するイメージを落とすための工作なのでは?と思ってしまう訳であります。

一方中国の天網は?というと、こちらは、町中いたるところに設置されている監視カメラの映像からAI顔認証技術を用いて身分を特定して、居場所を突き止めるという仕組みであるため、例え携帯電話の電源を切ったとしても、街中の監視カメラの映像から身元が割り出されるし、更にはビルのような高さがある場所においてさえ、条件によっては何階にいるのか?すら分かるのであります。例えば私が悪人だとしたら、追跡されないためにすることと言えば携帯電話の電波を切ることになると思いますが、この中国の天網工程であれば、捕まってしまうということですね。そして何より、中国という政府は、国民によって選ばれた政治家が国家運営をしている訳ではないという点が大きな違いかと思います。

プライバシーに関する懸念

ただ、やっぱり個人情報やプライバシーに関して意識の高い台湾人は、電子フェンスが中国の天網とは違うことは分かっているものの、個人情報の漏洩や行動範囲を監視されることを懸念する声が上がっているのは事実であります。現在は、武漢肺炎拡大を抑えるために使われている電子フェンスの技術ですが、これを警察や軍隊、公務員などが使うことにより、国民のプライバシーや人権を侵害する可能性も秘めている訳であるし、実際に先ほど述べたメイデイという音楽アーティストのコンサートでは、従業員が個人情報を漏洩させたという事件もおきておりますので、懸念する声があがるのは当然かと思います。

しかし、これは自動車や包丁のように、使い方が正しければ非常に便利だけど、使い方を誤ると重大な事故にもつながるのと同じで、台湾の電子フェンスもそうですし、中共の天網工程も、そして日本のケータイお探しサービスだって、使い方次第でプライバシーを侵害することもできるし、国民に安心を与える事が出来ることもできるので、国民は公的機関をしっかりと監視していくことが大事だと思った次第であります。

最後に

台湾の「電子フェンス」が使っている技術は、別に格段に優れている訳ではなく、日本の見守りサービスやケータイお探しサービスでも使われている技術と同じ原理だという事ですし、監視対象があくまでも武漢肺炎を拡大させないために指定された人のみという点であります。これを中共の誰でも彼でも追跡可能で、共産党様に逆らう奴はとっちめてやる、なんて仕組みで無い事、覚えておいてください。そして台湾は決して監視社会ではないということも覚えておいてください。

「誰でも追跡可能」とあるが、既述のように電源を切った場合には為す術がないのであるし、日本にもこの技術はあるのを深田氏は知らないのであろうか?
台湾は監視社会ではないし、オードリー・タン(唐鳳)氏はマルクスの本を読んだだけであり、決してマルクス主義者ではありません。というか、アナーキスト(無政府主義者)なのである。

はい、本日は以上となります。今後ますます日台分断活動が増えると思いますので、なるべく情報を更新していこうと思いますので、ブックマークしていただければと存じます。

2021年3月24日 編集(八度 妖)

中華統一促進党とは?泡沫政治団体です

また深田萌絵 氏が台湾に対するイメージを落とすミスリード的な事を言っている。まずは以下のツイートをご覧いただきたい。

前段の沖縄独立運動に、指定暴力団局流会と中華統一促進党、そして中国共産党が絡んでいるのは事実である。

しかし、台湾において「中華統一促進党」は泡沫政治団体で、極少数の人の支持しかない集団でもあり、国民党支持者からも忌み嫌われている団体である。しかも、党首は台湾最大ヤクザの1つ「竹聯幫(ちくれんほう)」の親分「張安楽」氏である。例えるならば1990年代の「真理教」が日本を代表する政党の1つで、且つ「麻原彰晃が〇〇と会談」というニュースをとりあげているようなものである。普通の台湾人の感覚からすると「何言ってんだ、この深田って人は?」となる。

またこのブログの最後に、「中華統一促進党」や「張安楽」氏についてのツイートをいくつかピックアップしたので併せてご覧いただきたい。

なお、中共は様々な手法で、台湾のみならず沖縄も日本から引き離そうと工作しているのは皆さんご存じかと思うので、小さな動きにも目を光らせる事は大切であることもお分かりかと思う。

が、


台湾パイナップルも良いけど、台湾ライチも美味しいですよ


過去の深田氏の台湾に対する発言を鑑みると、このツイートやYouTube動画は事実を知るという意味では役に立つかもしれないが、マスゴミと同じように印象操作的に台湾のイメージを貶めるため意図も入っていると判断するのが妥当かと思う。

中華統一促進党のCMがYouTubeに保存されているが、これを見れば、かなりのヤヴァい政治団体(もはや政党とは呼べない)であることがお分かりいただけると思う。


https://twitter.com/Formosanhistory/status/1374147898309365762

2021年3月24日 編集(八度妖)

深田萌絵氏の台湾デマ (1) 蔡総統が青幇に加入

 深田萌絵 氏という著名人が度々台湾に関するデマを流しているので、このブログで指摘していこうと思います。今回は第一段として以下のデマを取り上げます。



蔡英文台湾新総統が、これまで台湾と中華人民共和国は別の国だとしてきたのに対して、総統選挙で勝利を収めてから暫くしてから手の平を返した態度を取り始めたことに台湾民進党支持者は不満を抱えている。しかも、あろうことか国民党の支持母体であり台湾人を虐殺した228事件の犯人である青幇に、蔡英文が加入したらしい様子が台湾人の苛立ちを更に高めたようだ。

「深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ 」2017年4月23日の投稿から引用

http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3798.html

如何でしょうか?台湾のことをよく理解している人であれば、この文章がまったくのデタラメであることが分かるどころか、蔡英文総統(に対する個人的な好き嫌いがあったとしても)へ対する名誉棄損とも言える発言であり、あきれてものが言えないでしょう。

以下は台湾についてあまり詳しくないという方のために深田萌絵 氏のこの発言を指摘していこうと思います。

まず
台湾と中華人民共和国は別の国だとしてきたのに対して、総統選挙で勝利を収めてから暫くしてから手の平を返した態度を取り始めた

とありますが、蔡英文総統は総統就任前から2021年3月現在まで一貫して台湾と中華人民共和国とは別の国だという主張をし続けています。深田氏の言う「手のひらを返した態度」とはいつの発言なのか、説明がほしいものであります。私の記憶には限りがあるので、民進党寄りの自由時報、国民党寄りの聯合報の過去の記事(2016/5~2017/4を対象期間として)を調べたのですが、それらしい記事は一つも出てきませんでした※1。
ただ、民進党支持者が蔡英文総統に対して不満があるのは事実なのですが、その不満は国内政策に対するものであり、決して対中政策に関しての不満ではない事を強調したいと思います。

※1 出典リンク
自由時報→結果0件
聯合報→結果0件
中国時報はデマを垂れ流す親中メディアであり、且つDB検索精度が悪いので除外


次に
>国民党の支持母体であり台湾人を虐殺した228事件の犯人である青幇に、蔡英文が加入したらしい

とありますが、青幇(チンパン)という組織は台湾では既に「中華安清総会」※2というNGOになっており、秘密結社や中華マフィアという位置づけとは程遠いのが現状なのです。一国の首長が、もはや風前の灯となっている「中華安清総会」に加入するでしょうか?もし、仮に加入したのであれば、四六時中蔡英文総統の失点を探している親中メディアの中国時報や親国民党メディアの聯合報がここぞとばかりに報道するでしょうが、それが一切ないということは深田氏のブログにある「青幇に加入した」はデマであると判断できます。
  なお、台湾メディアは、日本のメディアのように各社一斉に報道しない、ということはしません。どのメディアも他社をすっぱ抜いてスクープを出したいと思っているため、「蔡総統に忖度して加入についての報道を控えている」ということはあり得ない事なのです。日本の状況を台湾に当てはめて、台湾事情を語るのはナンセンスであります。

※2 出典 新聞雲

蔡英文総統は反対勢力から博士号詐称しただの、収入が怪しいだの根拠なき批判を受けているがいつも冷静に対応している。

因みに
台湾人の苛立ちを更に高めたようだ

とありますが、そもそも加入したというニュースが無いわけですから、どこの台湾人が苛立ったのか知りたいものであります。恐らく台湾にも陰謀論的なものがあり、それを信じる極々少数(恐らく数人~数十人レベルの話)が苛立ったのかもしれませんが、それをあたかも台湾の輿論として「苛立った」と書くあたり、非常にミスリードな投稿である事は間違いありません。

そして最後に、ブログ後段に
蒋介石銅像は各大学や地方に設置され、通り過ぎる際に敬礼しなければ『不敬罪』で逮捕されることもあり、銅像近くに思想監視員もいる。

とありますが、数十年前はそうだったかもしれませんが、今、思想監視なんてものは一切ありませんし、台湾観光をした人であれば、分かると思いますが、蒋介石が祀られている(祀るよう強制された)中正紀念堂で、不敬罪で捕まっているところをみたことがありますでしょうか?もしそんな逮捕劇があれば、今や1人1台が当たり前になっているスマホで撮影され、YouTubeやSNSなどで拡散されているはずですが、そんな動画は1つもみたことがないですよね?つまり台湾は完全な言論の自由、思想の自由が保障されている民主主義国家になっているわけであります。
但し、不敬罪自体は存在しており、昨年お亡くなりになった李登輝元総統の遺影に赤いペンキをかけた女性タレントが「礼拝所不敬の罪」で捕まったことはニュースにもなったので、記憶にあるかと思います。

万が一、敬礼しないが故に不敬罪で捕まったというニュースがあれば、コメント欄に記入するなど、お知らせいただければと存じます。

なお、この引用した記事が2017年4月であり、この4年間の間で色々と台湾の事を学び、考え方が変わったかもしれないので、あまり過去のことを掘り返すな!過去の粗探しをするのは左翼的手法だからヤメレ!と言われるかもしれません。ただ、一言、言いたい事としては21年3月になっても深田氏の蔡英文総統への根拠なき批判は続いているということですから、恐らく引用した内容も取り消すつもりは彼女にはないでしょう。

では、近いうちに「深田萌絵氏の台湾デマ(2)」を作成します。お楽しみに!

2021年3月22日 編集(八度妖)

TSMCがSMICと資本関係にあるというデマ

  今日はTSMCに絡む噂について、誤った情報がネット社会に出回っているようですので、簡単に解説してまいりたいと思います。


  ネット社会ではTSMCをファーウェイのフロント企業だ、とか、TSMCと中国半導体製造会社SMICはズブズブの関係だとか、TSMCは日本の産業を潰そうとしている、みたいな空気が流れ始めているからです。ただ、私はTSMCを擁護したいと思っている訳ではなく、根拠のない情報でTSMCを悪く言うのは宜しくないと思っているだけであります。もちろん、TSMCが本当に日本を潰そうとしている客観的な証拠があれば、私も「ふざけるな!TSMCに気をつけろ!」と主張するつもりですが、今の所そういう情報は、台湾の親中メディア、国民党寄りのメディアのニュースをみても無さそうです。

なお、TSMCはやり手の会社創業者や経営陣、そして社員も台湾のエリート大学卒業生しか採用しないという企業であるため、友達・仲間的な雰囲気で手を組む相手ではないことは確かです。まぁ、そもそも経済界はお金に関する競争社会なのですから、国内の企業同士で手を組む場合でも盲目的に相手を信用するということはあり得ないのですけどね。

さて、ではネットで流れている情報は?というと、これです。

TSMCは大陸からきた浙江人の会社で、解放軍とのつながりでトランプに制裁されたSMIC社の株主でもある。
米上院議員やビッグテックは台湾半導体企業を批判し、日本の半導体製造装置を守らなければならないとしてるのに?

もう一つ

TSMCとSMICは関係ないとおっしゃる方がいるので、資本関係を持ったニュースを一つどうぞ。

ということで、

2010年の英語のニュース

を用いて、説明されています。日進月歩のIT業界で11年前のニュースを根拠にするってセンスには呆れてしまいます。

この時に確かにTSMCはSMICの株式の10%を取得しており、事実であることには間違いありません。そして、某張名人は、このニュースを元にTSMCはSMICと資本関係を持っていると主張をしている訳ですが、2つほど説明不足があります。

1つ目は、なぜ10%の株式を取得したか?と部分

TSMCは営業機密をSMICに盗まれて、裁判が行われその結果として賠償金の一部としてSMICの株をTSMCに譲渡するしたという事に触れていません。つまりは、この10%の株はSMICの将来性を見込んで取得した訳ではなく、賠償金の肩代わりとして取得した訳なのであります。

2つ目は、11年前のニュースなのだから現在どうなっているのか?という部分。

2020年時点では株式を売却して0.2%しか保有しておりません。
2010年時点ではSMICの10%の株を有する主要株主だったTSMCですが、適宜その株を売却して、現在はたったの0.2%にまで比率が下がっている訳ですから、経営に口出すとかそういうレベルで無い事はお分かりいただけると思いますし、今後残りのすべてを売却する可能性だって考えられるわけです。そもそもが先ほど述べた通り賠償金の肩代わりとして取得した株式でありますから。つまりは、株式取得することで、TSMCがSMICの経営に口出すという意図がなかったということが読み取れると思います。

そういう点に全く触れずに、
TSMCはSMICの株式を10%も持っている、SMICは解放軍とズブズブの関係だ、つまりTSMCは解放軍の為に半導体をせっせと作っている、という主張はいささか無理矢理かなぁと思います。

もちろん、私は一般人ですので実際に裏でどうなっているかは分かりませんが、某著名人も諜報機関並みの情報力を持っていると思えませんので、確実ではない情報を用いて、不安を煽るのは宜しくないと考えます。


ちなみにTSMCもSMICも上場企業ですので、財務諸表を見れば、資本関係についてある程度は分かります。ですので、これら著名人は財務諸表を読まない人たちをターゲットにして「台湾企業も怪しい!」と思わせようとしている現状に私は危惧しているわけであります。
もちろんTSMCは日本の企業ではないので、日本の為に良いことしてくれる!なんて馬鹿げた期待はしてはいけないのは言わずもがなですが。

いずれにしても、中共という大きな敵がいる状況下に、戦友とも言える台湾を必要以上に悪く言うことは日台分断にもつながりかねないので、根拠に乏しい情報を元にした批判は特に控えるべきですし、台湾に対して疑心暗鬼になるのは宜しくないかと思います。もちろん、多少疑うのは構いません。疑心暗鬼になるなと言っている訳です。
私は常日頃申しておりますが、日本と台湾は兄弟や家族のような存在だと思っております。ですが、実際の兄弟関係を見ても分かるように、「おい、お前の銀行の通帳とハンコを黙って貸してくれ」と兄弟に言われて、「はいはい、良いですよ~」なんて渡す人はいないと思います。日台関係も同じです。多くの人がこの銀行の通帳の例のように盲目的に台湾を信じるという人はいないと思いますが、重箱の隅をつつくような事例を取り出して、台湾に警戒せよ、とか、台湾は怪しい、と情報を発信する事は、中共の脅威がなくなるまではやらない方が良いと思うこの頃です。
いつも私の動画を視聴してくださる方は知ってらっしゃると思いますが、疑心暗鬼になることで得をするのがどこの国なのか、多くの人に知っていただきたいものです。

最後に私はかなり台湾贔屓の人間ですので、無意識のうちに多少誇張している部分があるかもしれません。ですので、なるべく中立な情報を知りたいと思う方は、私の話を聞いて、「あれ?」と感じることがあれば、そこから何割かを差し引いた感じが丁度良いのかもしれませんね。

YouTubeでも同じ内容を上げています

2021年3月8日 編集(八度妖)

深田萌絵氏、日台分断工作に加担

まずはこの動画の6分頃をご覧ください。

「台湾公船が頻繁に領海侵犯をしている」と明言する深田萌絵氏

結構台湾の漁船がね、まぁ、沖縄の周辺で漁をしたり尖閣に来たりってことがあって、そん時に台湾は、まぁあの、台湾の海上警察に、まぁ、漁船を守らせながら、こう漁をしてたりしてですね、頻繁に領海侵犯してるんですよね。

これは保守派と言われる著名人の深田萌絵さんのYouTube動画のセリフで、それを真似したものなのですが、これは中共が望む日台分断に加担することにつながるので、看過できないと思い動画にしました。
「台湾に警戒せよ」とか「台湾は一枚岩ではないので注意が必要だ」というレベルであれば、一部の日本人はお花畑であるため、親日国だから信頼して良し、と考える人がいるので、目を瞑っても良いかなぁ、やはり反論しようかなと迷うレベルなのですが、今回は「領海侵犯」とはっきりと述べていたので反論動画となりました。


本人に日台分断という望みがあるのかは不明ですが、登録者十数万人、SNSのフォロワーも数万人と大きな影響力を持つ彼女が、「無害通航権」という権利が認められている海の世界に対して「領海侵犯」という言葉を使ったことは、「台湾のイメージを悪くしよう」という意図があって発言したとしか考えられません。もし、そうでなければ、訂正の動画を出すべきだと考えます。

では、なぜ「領海侵犯」という言葉が問題なのか?についてですが、
領海侵犯とは、法律で定められている言葉ではないにせよ、領海侵犯という言葉は非常に深刻な言葉であります。これから簡単にどれだけ深刻な言葉なのかを説明し抵抗と思います。

海は人類の長い歴史の中で、国を跨いで人々が交易を行なっていたため、人類共通の財産と考える思想があります。そのため、陸地から12カイリ(22.2キロ)までを領海と定義していますが、その領海を軍艦や公船が単純に通航しても直ちに国際法に触れるような行為とはみなされません。また、領海内に入ることについても事前に通告したりする必要もありません。これを「無害通航権」と言って、世界各国で共通した権利となっております。

では、どんな時に領海侵犯なのか?というと、
通常領海内に軍艦等が入って来ると、沿岸国の海軍や海上警察が「ここは領海内だから直ちに出ていくように!」というような退去命令を出します。その退去命令を無視し続けて領海内に存在する場合に初めて領海侵犯と言えるわけです。
その他として、「無害通航権」が適用されるには沿岸国の平和・秩序・安全を害さないことが条件となるため、領海内またはそのちょっと手前の接続水域などで艦砲射撃を行なったりして、領海内に入ってきた場合は、領海侵犯と看做されるわけです。

ちなみに領海という言葉とともによく聞く言葉として「接続水域」というものがありますが、これは下の図のように陸地から24海里(44.4キロ)以内の範囲であり、中国公船が接続水域に入って来ただけでも、扱いは小さいもののニュースになっていますよね?台湾公船が接続水域に入ってきたというニュース、聞いたことがありますでしょうか?2012年、日台の間に尖閣問題を引き起こした馬英九政権時に公船が領海侵犯をしたというニュースがあったのは知っています。その背後に中共がいたのかどうかは不明ですが、中共傀儡企業の旺旺集団が漁師に金銭を与えたり、燃料を提供したりと関与していたことを見ると、中国共産党と中国国民党はその頃から国共合作で日本と台湾を分断させようとしている事が垣間見ることができます。


さて、話はそれてしまいましたが、領空や領土に関しては一歩でも1ミリでも入ってきたらそれは「侵犯」といえるのですが、海に関しては、先ほど述べたように海は人類共通の財産という考え方がベースとなっているため、すぐに領海侵犯とはならないであります。

昨年から連日、中国の公船、つまりは海警局の軍艦が尖閣諸島へ領海侵犯しているというニュースがありますが、あれは海上保安庁などが退去警告を出したうえで、それでも退去しないから「領海侵犯」と看做しているわけですが、台湾公船に関しては、現在の蔡英文政権も尖閣諸島に関して消極的な対応をしているため、台湾公船をわざわざ尖閣諸島の領海へ入れさせるというような指示は出していないと考えられますし、海上保安庁からも台湾公船が領海内に入ってきたという情報も2月24日現在確認出来ておりません。

つまり、台湾公船が領海内、またはその更に外側の接続水域にも入ってきていないのに「領海侵犯だ」と断言することは、台湾の事が分からないから、保守と言われる著名人の話を信じようとする人たちに対して「台湾はケシカラン」というイメージを植え付けることを目的とした発言と捉えられても当然なのです。もし深田萌絵さんに、「台湾に対するイメージを悪くしよう」という意識がなくて「領海侵犯」と発言したのであれば、ぜひ訂正動画、またはその動画の概要欄で説明するべきだと思います。もしそれをしないのであれば、確信犯的に「領海侵犯」と発言して日台分断を図ろうとしていると判断しても良いと思います。
もし深田萌絵さんのファンの方が見ていらっしゃったら、深田萌絵さんに「領海侵犯」の定義を調べてもらい、更に台湾公船が領海内に入ったという事実の有無を確認するよう伝えていただけますでしょうか?

あと、よく「尖閣諸島に台湾漁船がうろついて漁をしているからケシカラン」という声も聴きますが、日本と台湾の間には日台漁業協定があり、台湾漁船は一部を除いた尖閣周辺で協定で定められた範囲で漁ができる、ということも覚えておいてください。ただ、この日台漁業協定ですが、この日台漁業協定の裏では漁場を台湾の漁師に奪われたと思う沖縄の漁師の犠牲があるということも覚えておかなければなりません。しかし、そうした犠牲があったからこそ、台湾は事実上「尖閣は日本の統治下にある」ということを認めた形となり、蔡英文政権は国内からの反発を抑えつつ、日台との間の腫物に触れないような対応をしているわけであります。まぁ、棚上げしているとも言えますが。
この辺については、私よりも更に台湾の専門家でもある永山英樹さんも述べております。


あと注意しなければならないのは、
日本側としては「日台漁業協定を結んだんだから、それは台湾が尖閣は日本が統治していると認めた事なんだよね」と主張したとしても、現在は野党であるものの、中国国民党の存在を忘れてはいけません。
やはり元々は中国から来た人間ですので、サラミスライス的な動きをしてきています。まずは日台漁業協定で漁業権を認めさせて、次に領土の領有を主張するという動きです。これは中国もよくやる戦術ですよね。中国国民党も中国共産党も同じ穴の狢、要求をどんどんエスカレートさせる集団であるということ、覚えて行かなくてはなりません。
ということで、ちゃんと法律や協定に則って国家運営をしている民進党または李登輝元総統の理念に基づいた台湾独立・建国を目指す政党を支持していくことこそ、日本が取るべき道だと私は思っているわけです。

最後に、毎度で恐縮ですが、台湾という国を親日国なのだから無条件で信頼してもいい、というのはやってはいけないことですが、だからと言って台湾を未確定の情報でおとしめようとするのは絶対にやってはいけません。これをやって喜ぶのは誰ですか?中国共産党が喜ぶような言動を、今の時期やってはいけないと私は強く思うのであります。

2021年2月24日 編集(八度妖)