台湾師範大学関係者1年3か月失踪。国台弁が「国家安全を理由」に拘束

台湾師範大学国際人事発展研究所の副教授であった施正屏氏

※記事は2019年11月13日のものとなります。

台湾師範大学国際人事発展研究所の副教授であった施正屏氏は2018年8月に中国で失踪し、現在に至るまで1年3か月経っている。中国国台弁(対台湾窓口機関)の馬曉光スポークスマンは今日(11/13)の記者会見で、当事者は国家安全を脅かす活動をした疑いで、中国当局によって拘束されたことを発表した。

  台湾メディアが国台弁の記者会見で、施さんは昨年8月大陸で失踪し、現在北京で拘束されているのでは?と質問した。以前「蔡金樹」さんと「李孟居」さんらが行方不明になっていたことを含み、国台弁はこれらの人たちがどんな具体的な罪を犯したのかも何も述べていない。両岸双方の交渉窓口は現在機能しておらず、彼らの家族は一体全体何が起こったのか具体的な状況を知ることが出来ない状態である。

  これについて、馬曉光は「我々は国家安全に危害を与える犯罪活動を厳しく取り締まり、3つの事件(施、蔡、李氏)は当事者が中国で国家安全に危害を与える活動をした関係で大陸の関連当局に法的手続きを行なっていると述べた。このことから、関連当局はこの事件については厳格に対処しており、また彼らの家族には既に拘束されている旨は通知してあり、法律規定により彼らの合法的権利は保障されているとのことだ。

(中略)

  56歳になる施さんは定年退職後、台湾政治大学のEMBAカリキュラムを受けたこともあり、またその後中国国営企業「華夏グループ」の経済学者を担任しており、台湾中国間をよく行き来していた。彼は過去に、国民党本土派(台湾を本土とする会派)であったこともあり、陳水扁元総統の時代には、駐米農業食糧貿易の代表を務めていたが、蔡政権では特に重用されることはなかった。また「旺旺グループのメディア」では蔡政権を批判する多くの記事を書いていた。

  統計によると、蔡政権が2016年5月に政権についてから、海峡交流基金会(対中交渉窓口)が受理した中国での失踪事件は149件あり、そのうち101件が行方を掴むことが出来ているが、48件は「音信不通」である。9月に公布された「音信不通」は67件であったが、ここ1か月強のうちに19人が見つかり、そして中国に拘束されておらず無事に帰国していることを確認している。

2020年6月29日編集・翻訳 (八度 妖)

積極的なEU取り込み ポンペオ国務長官:中国への対抗は全世界がやるべきこと

米国が最近反中意識が高まっており、更には欧州連合(EU)加盟国と共に積極的に中国に対抗しようとしている。ポンペオ米国務長官は、EUと米国は中共に対する共通認識を持つことにより、はじめて北京経済覇権に対する有効的な戦略を打ち出せると呼びかけた。

  外国メディアの報道では、ポンペオ国務長官は現地時間25日にドイツにある米国ジャーマン・マーシャル財団とのビデオ会議の談話の中で、「中国に対抗するのは米国だけのことでなく、全世界がやるべきことである」と強調した。またEUと中国の対話は必要であり、これは米国の利益を守るだけではなく、中国によるEU経済への侵害からも守ることができると述べた。

  ポンペオ国務長官は、今月EU外務・安全保障政策上級代表のジョセップ・ボレル氏と中国について会談する予定で、EU首脳との対談で「行動を起こすための促進剤」になれることを望むとも述べた。

  EUでは先日中国が行なっている略奪的な貿易行為と知的財産権の窃取等に対して懸念を表していたが、米国と一緒に中国との貿易戦争をする意思はない模様だ。

2020年6月26日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
米国がEUを巻き込んで中国に対抗するよう呼びかけたのは、反中・反共の私にとってはグッドニュースだ。日本政府も中国にある生産拠点を日本へ回帰または東南アジアなどへ移転するよう促す約2000億円の予算を確保したと聞いているが、経済界はどのような対応をするのか気になる所だ。
ところで、最近国際情勢のニュースに関して、日本語のニュースを見なくなったために、専門用語を知らないことが多い。翻訳の際には、単語を調べるためにネット接続が不可欠なのは、本当は話したくない部分である。

中共、やっぱり人質外交していたことが確定。カナダは断固拒否

今日は中共について、「やっぱりな」と思うニュースがありましたので、日本のニュースと台湾のニュースを取り上げたいと思います。
まずは日本のニュースから

中国のカナダ人起訴に遺憾 トルドー首相、解放を要求

  中国当局がカナダ人2人をスパイ罪で起訴したことを受け、カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は19日、遺憾を表明し、2人の釈放を改めて求めた。
中国当局は2018年、カナダ人の元外交官マイケル・コブリグ(Michael Kovrig)氏と実業家マイケル・スペーバー(Michael Spavor)氏を拘束。カナダ当局はこの9日前、米国の令状に基づいて中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟 最高財務責任者(CFO)を逮捕しており、カナダ人2人の拘束は中国による報復と広くみられている。

以下省略

はい、以上が日本のYahooでも報じられたニュースでございます。ニュースにもあるようにこの中共によるカナダ人2人逮捕は、報復とみられると伝えておりますが、私のチャンネルを登録されている方は、私と同じ考えかと思います。報復とみられるじゃなくて、確実に抱腹だろう、って。

さて6月26日深夜に台湾のメディアをみていたところ、衝撃的なニュースが飛び込んできたので和訳したいと思います。毎度お馴染み自由時報より

孟晩舟釈放とカナダ国民2人を引き換え トルドー首相拒絶

  カナダのトルドー首相は25日、カナダ裁判所が中国ファーウェイ幹部孟晩舟氏の中国への引き渡しをすることにより、中国側が逮捕しているカナダ国民のマイケル・コブリグ(Michael Kovrig)氏とマイケル・スペーバー(Michael Spavor)氏の釈放を交換条件とすることを厳正に拒否することを公表した。

  首相は、もし首相が孟晩舟事件の引き渡し判決を中止するよう介入したら、今後海外にいる更に多くのカナダ人が逮捕されるリスクを受けてしまい、カナダ政府に対する圧力をかける切欠を作ってしまう、という点を強調した。

  19名のカナダ元国会議員と外交官がトルドー首相にあてた書簡で、オタワにいる孟晩舟氏の身柄引き渡しを中止するよう求めていたが、トルドー首相は既述のような対応を取った。首相は、このような交換条件は目先の利益だけであって、毎年海外に在住していたり、旅行へ行く数百万人のカナダ人を危険な目に晒すことになると考えている。首相は、外国政府の政治的圧力またはカナダ国民の任意の逮捕によって、カナダ司法制度に影響を与えるべきではないと強調した。


はい、以上が記事の和訳でした。

  トルドー首相は中共の圧力に屈しないという姿勢を感じられるニュースでした。日本の場合だったらどうなのでしょかね。素人考えなのですが、おそらく水面下で判決が出る前に両政府ともが何らかの交渉を行なって妥協点を探るということをやっているのかと思います。
例えば昨年北海道大学の教授が北京で講演を行なって、北京当局に身柄を拘束されたというニュースがありましたが、あれも実は水面下でこのような条件を出していると私は考えます。ちなみに台湾も中国に行って身柄を拘束されるケースが多く発生しており、昨年末時点では30人か40人くらいの拘束されていたと記憶しております。

2016年5月以降、中国に身柄を拘束されたであろう件数が149件。そのうち101件の消息は分かっているが、48人は2019年11月現在でも消息が掴めていない
注意(「消息が掴めた≠自由の身になった」なので、消息が掴めても拘留されてるケースも多々あると推測される)

  今回の中国でのカナダ人のスパイ容疑による逮捕が正当なものなのか不当なものなのかは、ニュースからは読み取れませんでしたが、いずれにしてもこれで中共が自分に有利な条件を引き出したいときに、交換条件を出してくる国だということがはっきりしましたね。そうなると私は、最近秦の始皇帝をテーマとしたアニメのキングダムを見て、色々とそういう歴史を肌で感じたいという気持ちがありますが、それ以上に中国になんか怖くて行けないという気持ちでございます。今後の人生で中国へ行ける機会が訪れるのか?考えても仕方ないですね。中国よりも魅力的な所はたくさんあるので、気にする必要はなかったですね。

2020年6月26日 編集・翻訳(八度 妖)

YouTubeでもほぼ同じ内容を話しています。

軍事動向》米日31機の軍用機による「象の行進」演習 強力な同盟関係を見せつける

23日青森県三沢基地で行われた「象の行進(Elephant Walk)」の様子

  米国空軍と日本航空自衛隊が23日青森県三沢基地で通称「象の行進(Elephant Walk)」と呼ばれる飛行演習を行なった。この演習には31機の軍用機が参加し、航空分野における強力な同盟関係を見せつけるとともに、米日が初めて三澤基地において合同演習訓練である象の行進をおこなった。

  米軍のニュース投稿によると、三澤基地に駐留している米軍第35戦闘機聯隊はこの演習訓練に参加し、聯隊指揮官のクリストファー・ストルーヴ(Kristopher Struve)大佐は、海軍の同僚と航空自衛隊の盟友に感謝の意を表しており、彼らがいなければ、三澤空軍基地は戦力にならないと述べた。第35戦闘機聯隊のスタッドリー(Brannan Studley)少佐は、この演習は空軍の5つの核となる任務(制空権、情報監視偵察、指揮管制等)をカバーしていると述べた。

  ニュース投稿によると、今回の演習は第35戦闘機聯隊の12基のF-16、日本航空自衛隊の12基のF-35A及び米国海軍の2機のEA-18G「グラウラー(Growler)」電子戦機、1機のC-12輸送機、1機のP-8A海上哨戒機、更には沖縄県嘉手納空軍基地から来た2機のMC-130J輸送機を含む合計31機の軍用機が参加した。また航空自衛隊の1機のCH-47ヘリコプタは撮影を担当していた。

  ニュース投稿では、今回の演習訓練に動員されたのは三澤基地の多くの部門と人員であり、第35戦闘機聯隊は盟友の参加に感謝の意を表しており、これは人々が驚く戦力であり、アジア太平洋が危機に陥っても、時局の情勢をしっかりと守ることを表している。

2020年6月25日 編集・和訳(八度 妖)

※台湾メディアの記事を和訳したため、本来は「日米」という日本語になるのですが、なるべく現地の表現に近づけたいため「米日」と表記しております。

全部奴らのせい!中国外交部:中印衝突の責任は完全に我々ではない

中印国境で深刻な衝突が発生し、印度民衆が習近平総書記の肖像を毀損させている

  中国とインドが今月、ザ・ギャロワン川付近国境付近で深刻な衝突が発生し、多数の死傷者を出したが、双方は解決のための話し合いを行なっている。中国外交部は、衝突の原因はインド部隊が不法に越境し、最初に攻撃的な挑発を行なったためであり、責任は中国側には一切ないことを強調した。

  外国メディアの報道によると、中国外交部スポークスマンの趙立堅氏は、インド当局は今年4月国境線に架かる橋を修繕しつつ、国境防衛部隊を5月に中国領土へ侵入させ、悪意ある挑発をして揉め事を起こそうとしていたが、中国は何度も厳重な抗議をしており、国境管理をきちんとするよう求めていたと述べた。、

  趙氏は、外交の介入と軍事圧力の下で、インド側は越境した人員の撤退と越境した施設の撤去をすることになっていたが、6月15日の時点で再度越境し中国側の駐留用テントを破壊し、並びに双方が交渉中に、中国兵士たちを攻撃したために、暴力的な衝突に発展し、死傷者を出したと述べている。またインド軍は中印協定と国際関係の基本準則に違反しており、やり方も非常に悪質で、中国には一切の責任がないとも述べた。

  趙氏は、現在双方がこの事態に対して緊張を和らげる措置を取ることに合意しており、インドに対して、約束を遵守し、共通意識を着実に実行し、国境の平和と安定を取り戻す努力をするよう呼び掛けた。

2020年6月25日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
これは台湾大手新聞社の記事の和訳だが、その記事への書き込みを見ると、「中国お得意の責任転嫁が炸裂!」などと、恐らく私の視聴者様と同じ感覚を持っているようでした。ちなみに、「責任転嫁」という中国語ですが、最近は「甩鍋(shuǎi guō/ㄕㄨㄞˇ ㄍㄨㄛ)」という単語が最近使われるようになりました。私が中国語を習っていた時には聞いたことがないものでしたが、(そもそも私が知っている単語数が少ないですけど)、日本に長く住んでいる台湾人に聞いたところ、その人も最近この単語を聞いたと言っていたので新しい言葉なのだと思う。「甩」は振り回す、振るという意味なので、鍋を振り回すという意味になるのだが、なぜそれが「責任を押し付ける」という意味になったかは想像できない。

世界で4か国目に発見 台湾初の新興伝染病テンブスウイルス

台湾衛生福利部疾病管理署は今日国内北部、中部の蚊の体内に人畜共通の新興伝染病のテンブスウイルスが発見されたと発表

台湾衛生福利部疾病管理署(日本の厚労省に相当)は今日(24日)、国内北部、中部の蚊の体内に人畜共通の新興伝染病のテンブスウイルス(Tembusu Virus,TMUV)が発見されたと発表した。これはマレーシア、中国、タイに続く世界で4番目のウイルスが見つかった国である。研究結果は既に国際学術雑誌「Viruses」に掲載されているが、台湾国内で人への感染は確認されていない。

  衛生福利部疾病管理署の検査及びワクチン研究製造センター病気媒介ウイルス及びリケッチア実験室研究院の舒佩芸(ジョ・ハイウン)氏は、疾病管理署で2005年から病気媒介の蚊を観測する計画を開始し、並びに同時にテンブスウイルスの検査を行なっていたが、この種のウイルスに気が付かず、昨年北部の湿地にいる蚊(Culex annulus)及び中部養豚所付近のアカイエカ(Culex tritaeniorhynchus)の体内に存在していることを確認した。これは国家が有しているウィルス株とは異なるもので、一種の新型ウイルス株であることが分かった。

  舒佩芸氏は、昨年に発見したものの、これは昨年初めて出現したとは言えず、それよりも前に既に存在した可能性があると指摘している。ただ数量も多くなく、結局ある程度の密度に達した時に初めて検知できるものであり、推測では少なくとも2010年以降に出現したと思われる。それはその年、中国では疫病が深刻であり、慎重に調査した結果、症状が日本脳炎または鳥インフルエンザのように鳥経由で伝播した可能性があるとしている。

  舒佩芸氏は、テンブスウイルス株は1955年に初めてマレーシアで発見され、台湾のウイルス株はマレーシアのものと非常に類似している。海外経験から見ると、マレー氏はの養鶏所でこのウイルスが見つかり、鶏に脳炎を起こし深刻な症状を発症している。また中国では東部、南部の養家鴨場で発見され、9割以上のアヒルが感染し発病していることを確認し、また産卵率の低下及び死亡率が5%~40%にも上っている。

  舒佩芸氏は、テンブスウイルスは人畜共通の新興疾病であり、マレーシアでは家禽場の牧畜業者から抗体があることが分かり、中国での鼻咽頭拭い液検査ではある人は陽性反応が出ていることから、人類にも感染することを表していると述べている。

しかし、舒佩芸氏は、台湾ではテンブスウイルスが発見された後、更に詳しく現地付近の野鳥、鶏、鴨、ガチョウなどの家禽を観察したところ、特に異常が無かったと述べている。150~200件の報告された日本脳炎の症状検体を調べても、テンブスウイルスに感染している者はなかった。したがって、台湾で発見された新型のテンブスウイルスが人に感染するかは現段階では科学的な証拠がない状態である。

2020年6月25日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想

YouTubeでこういった話題を取り上げると、殆どの場合「広告掲載不適切な動画」と判定され、所謂「広告規制」状態になるので、動画ではニュースの読み上げだけにしました。

気になる所としては、過去に蚊を媒介して人間にもこのウイルスが体内に入っている事例が確認されたという点でしょうか。ただ、台湾では少なくとも2010年頃にこのウイルスが入ってきていると推測されているにも関わらず、野鳥や家畜にそのような症状がみられないということなので、必要以上に怖がることは無いと思います。しかし、これは医療知識のない私の感想なので、参考程度にしていただけると幸いです。

YouTubeでも類似の内容を公開しております

米F16の台湾売却に中国不満 ポンペオ国務長官:対台湾軍事装備売却は完全に適切

23日に北京当局が米国の台湾への武器売却に不満を持っていることを公表したポンペオ米国務長官

  米中外交のトップによる会談が先日行われたが、ポンペオ米国務長官が23日、北京当局は米国の台湾へのF16戦闘機売却に不満を持っていると述べた。しかしポンペオ長官は台湾への軍事装備売却は完全に適切であり、米国の過去の政府が行なってきた方針と変わらないと強調した。

  マイク・ポンペオ国務長官は17日、楊潔篪 中国中央外事工作委員会弁公室主任とハワイで行われた非公開会議を行なったが、ポンペオ長官は23日テレビ局のインタビューを受けた際に、先日の楊潔篪氏との会談では多くの軍事活動についての議題が上がったが、北京当局は米国海軍がインド太平洋エリアに於いて自由航行権を行使している事に対し不満を持っているが、米政府は将来的にもこれを続けていくことを明らかにしたと述べた。台湾に対する議題については、北京当局は米国がF-16戦闘機を台湾に売却することへの不満を表したが、ポンペオ長官は台湾への軍事装備売却は完全に適切であり、米国の過去の政府が行なってきた方針と変わらないと強調した。

  ポンペオ氏は、トランプ大統領が現在行なっている選挙活動と過去2年半に行われた対策は、米国人民の自由の享受、安全と繁栄、中共の脅威を受けないためにやっていると述べた。

2020年6月24日 編集・翻訳(八度 妖)

軍事動向》中国Y-9情報収集機が日本海を飛行 日本戦闘機がスクランブル

中国解放軍の「Y-9(運9)」情報収集機1機が日本海上空を飛行

  中国が最近連日、台湾付近に軍用機を飛ばして領空を脅かしているが、東シナ海及び日本海においても同様の行動を起こしている。人民解放軍「Y-9(運9)」情報収集機が昨日(22日)日本海一帯を飛行し、日本防衛省が戦闘機を緊急発進させ対応した。

  防防衛省統合幕僚監部の資料では、「Y-9」情報収集機は東シナ海を出発し、対馬と九州の間の空域を通過し、日本海へ向けて飛行した。一方日本側は戦闘機を緊急発進して対応した。その後Y-9は元々通過したルートを通り、東シナ海へ戻っていった。

  これ以外に、中国海軍潜水艦が18日~20日の間に鹿児島県奄美黄島周辺の海域を通過し、海上自衛隊はこれに対して護衛艦と対潜哨戒機を出動させ追跡していた。当該潜水艦は20日に当該海域を離脱した。

2020年6月23日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
  スクランブル発進したニュースを台湾のニュースを読んで初めて知った。これは、台湾が如何に中共の動きに注視していることが分かる一方、日本は如何に平和ボケしているのか、マスコミがわざと報道しないのかは分からないが、これでは国防意識を高めるのは難しいと思う。それだけ日本が平和であるという証拠なのかもしれないが、果たしてこれで良いのであろうか。

北京実家が警察に突入される 王丹:「習近平ヤメロ」の圧力が確実に存在している

王丹氏は実家が習近平の御挨拶を受けたという事より、習近平降ろしという圧力が確実に存在していることが分かると考えている。

  公の場で「習近平下台(ヤメロ)」を提唱している人物らが最近大量に逮捕されており、国際社会の関心を集めている。中国民主化運動家の王丹氏はFacebookで、北京の実家が6月4日前夜に中国警察の訪問を受け、彼の姉に対して警告を行なうとともに、王丹氏の海外で習近平批判を止めるよう求めた。王丹はこれは習近平降ろしと言う事態に直面していることを意味し、だからこそ、このような行動を取っていると考えている。

  王丹氏は、1989年から約20年間、中国警察が北京の実家を訪問し彼の家族を脅してきたことは既に見慣れた光景ではあったが、ここ6~7年は静観する方針であった。特に昨年の天安門事件30周年の時にも誰も訪問しなかったが、今年の6月4日の前夜に、中国警察は動きを見せた。これは天安門事件を気にしているのではなく何か別の事情があることを見ることが出来る。

  王丹氏の考えでは、今回の警告は天安門事件と関係なく、実際は彼が海外に於いて何度も習近平打倒運動をしていることと関連しているとしている。それは同じような運動を行なっている山東省の詩人魯揚 氏も捕まっていることから、この関連性を証明できる。

  王丹氏は、中共は本当に「習近平ヤメロ」という運動を非常に気にし始めていると考えている。なぜなら、彼が今まで海外で様々な活動を何度も行なっていたが、中国政府は気にする様子はなかったが、「習近平ヤメロ」という運動に関しては、中国当局は動かずにはいられないようだ。その原因として、習近平は確実に「ヤメロ」というリスクの下に晒されているため、習近平とその手先はこれらの運動、たとえそれが海外であっても、を気にする所以である。もし習近平の現在のポジションが安泰という事であれば、このような海外での動きに手を出さない、出す必要が無いと判断するはずである。

2020年6月22日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
記事内にあるように、今までは王丹氏について、気にはしているものの、ここ数年、何か行動を起こそうとしなかった北京当局が、王丹氏の実家に圧力をかけたという事は、やはりニュースなどで伝えられているように習近平・李克強間の内部闘争が激化していることも原因なのかもしれない。ということは、「習近平ヤメロ」というフレーズは習近平体制を崩壊させるには都合の良いフレーズという事かもしれない。ただ、私個人としては、習近平が倒れても中国共産党が残り、独裁体制であることには違いないので、あまり意味が無いと思う。
それにしても今の中国は、武漢肺炎、米中摩擦、印中の緊張、東シナ海での争議、経済不調、蛾の幼虫による被害、バッタによる食糧危機の可能性など様々な問題を抱えているなかで、更に党内の権力闘争となると内部から崩壊していくのでは?と思うこの頃である。

北京で新たに9名感染 10日間で236名、全員入院

北京での感染第二波の発生源と言われる「新発地農産品卸売市場」

  中国の首都北京で武漢肺炎(新型コロナウイルス、COVID-19とも言う)の第2波が広がっている。昨日(21日)新たに9名の感染を確認し、そのうち5名が無症状感染者であり、9名以外に更に2名が感染の疑いがある状態である。11日から始まった感染拡大は10日間で236名の「国内」感染であり、現在236名全員が病院に入院し観察状態である。またこれとは別に22名の無症状感染者も隔離されてる。

  北京市衛生健康委員の今日の報告では、北京で昨日新たに9名の感染、2名の感染の疑い、5名が無症状感染者で、すべてが国内感染(市中感染)であると述べた。感染地である「新発地卸売市場」のある豊台区、「玉泉東市場」のある海淀は新たな感染者が最も多い地区で、豊台が5名、海淀が2名であり、それ以外は西城区、朝陽区が各一名である。感染拡大の第二波が始まってから北京では10日間で市中感染が合計236名となり、全員が入院している。

  これ以外に、河北省も昨日2名の新規感染者があると発表し、2名とも北京と関係があると述べている。現在河北省は18名を感染者としてカウントされており、北京での感染拡大以降、最も(北京から)影響を受けている省である。

2020年6月22日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者感想
第二波の発生源である「新発地卸売市場」では、前にもブログに書きましたが、輸入物のサーモンにウイルスが付着していたことから、サーモンが感染源だと北京当局は発表しましたが、流石にこれは「責任転嫁」に無理があったのか中国海関総署衛生検疫司副司長の宋月謙氏が6月19日、感染源がサーモンであることを否定する会見を行なっておりました。
いずれにしても驚きなのが、政治の中枢である北京での感染を隠蔽せずに公表したことに驚き。ただ、公表したという事は恐らく隠蔽できないくらい武漢ウイルスが拡大しているという事の表れであり、10日間で236名とあるが、恐らくそれ以上の感染者が出ていると私は考えています。(あくまでも素人の見解)