ビル・ゲイツがオミクロン出現を予言

1999年に発売されたアクションアドベンチャーゲーム「オミクロン:ザ・ノーマッド・ソウル」(原題:Omikron :The Nomad Soul)。歌手のデビッド・ボウイさんも参加したという事で絵欧米では注目されておりましたが、日本での発売はなかったようです。

ゲーム内でデビッド・ボウイさんはこう語り掛けます。

『オミクロンの民よ。目覚めよ! 腐敗した政府はコントロールするために、あなた達を眠らせているのだ。彼らは、あなた方を悪魔に操られる人形に変えてしまった。今こそ目覚めよ… 』
この世が悪魔に支配されていることに氣付いている人には、何か感じるものがあるのではないでしょうか…

こうした内容のゲームであるが故に、

マイクロソフトのゲーム機からこのようなゲームが発売されていた、と言う事は、ビル・ゲイツ氏はオミクロン株の出現を預言していた!

というようなデマが中国語圏で流れているようです。(日本語では未確認)

但し

このゲームはWindowsとセガ社のDreamcast向けのゲームであり、またソフト開発メーカーも「Quantic Dream」というフランスのメーカーであるため、マイクロソフトとは関係ない

オミクロンはゲーム内の都市名であり、今回注目されている武漢肺炎ウイルスとは関係ない

ということより、ちょっと調べれば分かる内容なので、この情報の発信者は冗談半分で発信したけど、早とちりをした人が拡散してしまった。もしくはビル・ゲイツ氏に関する陰謀論があるが故に、何も調べずに情報を発信してしまった。
というパターンが考えられます。いずれにしても、陰謀論好きの人の心を掴むのには、意外と簡単にできるのだと感じました。

2022年1月6日 編集(八度妖)