ハンガリー首相候補6名が習近平へ書簡!当選したら2つの中国資本大計画を即中止

今日は先日中国重点大学の一つ復旦大学設立に税金を投入しようとして市民による大規模デモが起きたハンガリーのニュースとなります。まずは台湾最大の新聞社自由時報の記事を和訳しました。

ハンガリーの首都ブダペストで先月、中国復旦大学の分校を当市に建設することに抗議する大規模デモが行われたが、北京と密接な関係を持っているとみられているオルバーン・ヴィクトル首相は現在最も厳しい立場に立たされている。現地時間火曜(6/22)に、来年オルバーン首相と総理の座をかけて争うであろう6名は、もしこのうちの1人が当選したら、中国復旦大学分校設立とブダペスト・ベオグラード間鉄道を含む2つの大型中国資本プロジェクトを即刻中止するという主旨の書簡を共同で書き習近平国家主席に出たと宣言した。

《ロイター》の報道では、長期間にわたり分裂していたハンガリーの野党は、来年予定されている選挙で、オルバーン首相に対抗する候補1人を立てる計画であり、これはオルバーン政権11年以来最も厳しい挑戦になると予想されている。オールバーン首相は自身を「非自由主義者」と呼んでおり、彼が執政している間、ロシアと中国との密接な関係構築を行なったために西側盟友は激怒している。

オルバーン首相と北京とで交わされた共同プロジェクト内で最も注目されたものに、ブダペストに上海復旦大学分校を設立する事と、中国企業にハンガリー・セルビア間の鉄道路線建設をさせる事である。

6名の候補は、習近平へ宛てた書簡の中で、彼らは来年の選挙に於いて、どの候補者が当選しようと有権者の明確な意思を尊重し、当選後この2つの大プロジェクトを即刻中止することに合意したと明らかにした。カラーチョニュ・ゲルゲイ ブダペスト市長、左翼自由民主連盟のクララ・ドブレフ候補、そして自由派のアンドラーシュ・フェケテ-ジュール氏らがFacebook上で書簡の内容を公開している。

報道では、ハンガリー政府のスポークスマンはこれについての回答は行なっていない。しかし、オルバーン政府は過去に、鉄道はハンガリーへの投資を確保しており、大学は最先端技術と専門的知識をもたらすと表明したことがある。


はい、以上が記事の和訳でした。

  先月、ブダペストで復旦大学設立に反対する大規模デモがあったことは皆さんご存じかと思いますが、そうした国民の動き、つまりは民意を汲み取って分裂していた野党が団結して中共からの侵食を食い止めようとする動きがあるということですね。正直に申しますとハンガリーの政治については殆ど知識が無いので、あくまでも自由時報の記事と、その他台湾メディアの記事に目を通して理解した程度ですが、どうも今のハンガリー首相が強引に中共との共同プロジェクトを進めようとしているようで、色々と法案を通している模様です。こうした動きをきちんと国民が関心を持って見つめているからこそ、大紀元のソースで申し訳ないのですが、国民の8割が反対しているという危機感をもっていることです。ですので、多くの日本人にも中共の浸透工作に気が付いてほしいと思っている訳であります。

  ちなみに記事内にあったブダペスト・ベオグラード間鉄道は、東ヨーロッパにおける一帯一路の大規模プロジェクトの一つであり、全長350キロメートル、時速200キロで走行し3時間以内で結び、また既存路線、単線を複線化させるプロジェクトで、中国鉄路国際公司と中国交通建設集団有限公司が母体となって進められます。

  2013年に李克強首相とハンガリー、セルビア首脳が共同声明を出す国際的なプロジェクトである為、大きな力が作用していると考えられるので、ハンガリー首相選挙がどうなるか注目ですね。

左からセルビアのイビツァ首相(当時)・ダチッチ氏、中国・李克強氏、ハンガリーのオルバーン首相

また来年2022年は、台湾では地方統一選挙、フィリピンでも大統領選があってこちらも注目しなくてはなりませんね。あっ、2022年はもう一つ隣国の大統領選もありましたが、あそこは誰がトップになっても変わらないだろうと思っているので正直どうでもいいやと思っております。 いずれにしても一帯一路のヤバさに気が付いた東ヨーロッパの国民が増えてきている事は、自由民主の国にいる日本人、台湾人にもプラスになることだと私は考えますし、日本でも中国の浸透に気が付く人が増えればいいなぁと思った次第でございます。

2021年6月25日 編集・翻訳(八度妖)

同じ内容を動画でも配信しております

チャイナクオリティ:ダム崩壊 10万人弱が避難 ウズベキスタン


  ウズベキスタン東部にあるダムが1日決壊する事故が発生し、田畑や1000人以上の民家に大きな被害をもたらした。ウズベキスタンとカザフスタン当局は合計で10万人弱に対して避難命令を出した。(アナドル通信社情報)

  AFP通信、ラジオ・フリー・ヨーロッパの報道によると、ウズベキスタン東部のサルダバダムが1日未明に決壊する事故が発生し、政府は7万に対して避難命令を出した。この決壊により洪水が発生し50人以上がけがをし病院で治療を受けている。

  カザフスタンのトカエフ(Kassym-Jomart Tokayev)大統領は2日Twitterで、ウズベキスタン国境に隣接するカザフスタンの10の村に対して「深刻な洪水被害」を受けるため、カザフスタン当局が避難命令を出したとツイートした。

  ウズベキスタン当局も2日未明、「政府の過失」と建設過程に問題が無いか刑事調査をおこなうと発表した。

  サルダバダムは2010年、当時首相であり、現在ウズベキスタンの大統領であるシャヴカト・ミルズィヤエフ氏が建設を開始し、2017年に完成した。


はい、記事の和訳は以上となります。

  さて、ダムが完成してからわずか3年で決壊してしまうダム。どこの國が造ったのでしょうか?直近でダムが決壊した所と言えば、ラオスのセピエン・セナムノイダムの補助ダムが決壊し死者42名・行方不明者少なくとも1100名が出たという大惨事がありましたね。あのダムは、某半島南部のSK建設だとされていますが、今回のウズベキスタンのダム決壊は、台湾メディアによると、半島ではなく、中共が建設したものと言われております。
ウズベキスタンは一帯一路で中共とべったりくっついている国家であり、また歴史的に見ても古代シルクロードの重要拠点に位置する国家であります。そのウズベキスタンで中共によって建設されたダムが、運用後わずか3年で決壊という出来事でございました。先ほどもニュース記事でお伝えしたようにこの決壊により7万人が避難しなければならない状態に陥り、10個の村が水没すると言われております。別の台湾メディアでは20あまりの村が水没するとも言っておりました。っちょっと情報が錯綜しているようですが、日本ではまったくと言っていいほど報道されていませんね。

  さて、中国が建設したこの欠陥工事ですが、2010年に着工し、予定では2022年、今年完成する予定だったのですが、なぜか分かりませんが完成予定よりも5年も早い2017年に完成しました。恐らく日本人の感覚からしたらこれほどの大事業にも関わらず12年かかる計画が約半分の時間で済む、となったら逆に不安になると思いますよね。さすがチャイナクオリティ。やはり運用開始からたった3年で決壊ということになりましたね。恐らくウズベキスタン人の払った税金でこれらが建設されたのだと思いますが、彼らにかかわると酷い目に遭うという典型的な例ですよね。

  さて、決壊した原因はというと、決壊する前まで連日大雨が続いており、その雨量に耐えられなかったと伝えられております。
また、これに巻き込まれたのはお隣のカザフスタン。サルダバダムの下流に位置する村に住んでいる住民3万人に対しても避難命令を出しております。つまりウズベキスタンとカザフスタン合わせて10万人が避難しなければならない状況に陥ったということになります。

  今は世界的に武漢肺炎が流行して大変な時期に、チャイナクオリティ―で建設されたダムが決壊し、大きな被害を出したという点で少なくとも中国に脅威を感じているカザフスタンでは反中の機運が高まっているのかもしれませんね。一方ウズベキスタン側は中共とズブズブの関係だとのことなので、推測で申し訳ないのですが、もしかしたら、この決壊と中共との関連性を国民に知らせていないかもしれません。


  もう一つ、ダム建設で痛い目にあった国が南米エクアドルです。彼らも一帯一路に協力的な国で、エクアドル国内に7つのダムを建設するのに中共に依頼してしまいました。そしてそのうちの1つのダム、コカコドシンクレアダムは建設前には多くの地質学者が活火山の近くに建設することは大きな問題があると警告していたにも関わらず、その警告を無視して建てられたため、2016年に完成したのですが、2018年の調査ではすでに7648か所のヒビが見つかっているという事です。

  ちなみにこのダムや高速道路、灌漑工事、学校建設、その他の6つのダムを建設するのに190億ドル、約1兆9000億円もの大金を借りて作られました。さすがにエクアドル国民はこれに怒り、当時この建設プロジェクトにかかわった殆どの官僚が拘禁または有罪判決を受けておりますが、借りた金は返さなければなりません。これだけの巨額の借金をエクアドルはどう返済するのか?という点ですが、中共はしたたかですね。エクアドルには石油があり、それを市場価格の80%オフで中共が買い取るという形にして、中共はその手に入れた石油を市場流通価格で他国に売るって外貨を稼いでいるようです。いずれにしても中共はエクアドルという国家そのものを実質乗っ取ったと言われております。この影響でエクアドルは現在危機的な財政難に陥っているという事です。

2020年5月6日 編集・翻訳(八度 妖)

やはり中共とは距離を置くのがこれからの国際社会の流れになるのかもしれませんね。私は中共情報が毎日大量に入ってきており中共の極悪ぶりを十分に知っているため、距離を置くというよりも関係を断ち切ってしまえ、というくらいのかなり極端な考え方ですので、なかなか一般の人には受入れてもらえないと思いますが、日本も中共と距離を置くべきだと思います。お隣同士のよしみなんだからなんて考えは捨てた方が良いと思っております。