もし三峡ダムが決壊したら?シミュレーション動画

  画質が悪くて大変申し訳ないのだが、中国で三峡ダムが決壊したらどうなるのか?という動画が公開されていたので、日本語字幕を付けて動画としてYouTubeにアップロードした。まずは百聞は一見に如かず、動画をご覧いただきたい。

画質が悪くて申し訳ないです

   また画面右上の各都市のデータが非常に小さく読みにくいかもしれないので、表にした。

  このデータはあくまでも「雨季ではない場合に決壊した際の予測」となりますが、動画最後にもあったように、もし決壊するのであれば、時期は雨季、日本の梅雨の時期と同じ、つまり現在この文章を書いている頃になる。つまりご覧いただいたシミュレーションよりも被害が甚大になるということになる。このシミュレーションでは、南京で既に洪水被害は収束するとあったが、雨季であれば、そうはいかないだろう。またこのシミュレーション動画を制作したのは中国人であろうから、そうなると、被害を控えめに描かないと、当局からお咎めがあると考える。私個人の勘で申し訳ないが、恐らく決壊したら、このシミュレーション以上の被害が出ると考える。

2020年7月24日 翻訳(八度 妖)

中国官報が認めた!三峡ダム「変位、染み出し、変形」有り

  数日前に、中国国営通信社の「新華社」が三峡ダムの歪みを認めた、というニュースがありましたので、まずはそのニュースを和訳したものを紹介し、そして、実際はどうなっているかをお伝えしようと思います。

結果は

「どうなっているか結局は分からない」

では、さっそく記事の和訳となります。

中国長江流域が最近洪水による災害が続いているが、三峡ダム決壊が再度世界中の注目を浴びている。今年の長江第二号洪水は7月17日に長江上流で発生しているが、三峡ダムに流入する水量は雨季に入ってから最高値を記録している。中国官製メディアは、三峡ダムでは変位、変形が発生していることを珍しく認めた。

  《新華社》の18日の報道では、豪雨を受けた影響で、「長江2020年第2号洪水」を17日に長江上流に対して発令し、三峡ダムに流入する水量が急激に増加しており、18日8時の段階では毎秒6万1000㎥になっている。これは今年の雨季以来、最大の数値である。またダムからの放水量は毎秒3万3000㎥で、洪水調整の割合(流入と放流)が45%を超え、流入の方が上回っているため、三峡ダムの水位はとうとう160.1mにまで達成し、危険水位を15mも超過している状態である。

  報道の中で、三峡ダム運営部門による観測記録には、三峡ダムで「変位、染み出し、変形等」が発生していることが分かる記録があったと述べた。

  但し、報道では具体的な変位、染み出し、変形の数値を出しておらず、ただ単に「正常範囲内」と述べるに過ぎず、またダムの構築物の各項目の安全指数はどれも安定している」ことを強調している。

  昨年以来、中国国内のSNSで三峡ダムが大きく変形している画像が流れ、民衆の三峡ダム決壊の噂が広まっている。先日中国メディアは「三峡ダムはよく頑張った。もう責めるのをやめよう」という見出しを出し、三峡ダムの水位状況を伝えていたが、中国ネット民は、三峡ダムが既に「終了」したことを意味しているのか?と驚きを隠せなかった。


はい、以上が記事の和訳でした。

  新聞記事だけを見ると、やはり三峡ダムは今にも決壊するくらい歪んでいるのではないか?と思ってしまうのですが、グニャグニャに歪んでいない可能性が高いことは、以前の動画でご紹介いたしました。

  あれはGoogle Map、Goolge Earthにデータを取り込む際の歪みであって、Google MapやGoogle Earthだけの画像を以ってグニャグニャだと判断することは、情報として正しくない可能性があります。恐らく初めて私のブログを読む方もいると思いますが、Google Earthの画像だけで、グニャグニャと歪んでいると判断するのであれば、米国フーバーダム、福島と新潟の県境にある奥只見(おくただみ)ダム、瀬戸大橋、台湾桃園空港滑走路の歪みも認めなければなりません。

  では、今度は先ほどの記事にもあったように「中国官製メディア、イコール中国政府が歪みや変形、水の染み出しも認めたんだぞ!」とおっしゃるかと思います。では、具体的な数値はありますでしょうか?最近私も三峡ダム関連の動画を見ておりますが、「中国政府が歪みを認めた」と述べる動画はあっても、具体的にどのくらいの数値が歪んでいるかに言及している動画は見当たりませんでした。ということで、ネットで調べてみたところ、次のような数字でした。

  これは中国電力発展促進会という中国国電集団公司の関連会社のWebサイトに書かれていたものですが、上下垂直方向に1.45mm~26.69mm、水平方向に1.82mm~28.70mm動いているとのことで、それを想定した設計がなされているという説明を、色々な情報を端折って「中国政府も歪みを認めた」というふうに解釈されたのだと思います。

  確かに中国国電集団公司は国営企業であると思われますし、仮に民間企業だとしても前回の動画でご紹介したように、中国では民間企業であったとしても社長のすげ替えることのできる「党委員会書記」というポストを設置することを求められるので、実質中国に存在するすべての企業が国営であることは間違いありません。つまり国営企業イコール中国政府という解釈ができます。その中国国電集団公司が垂直に1.45mm~26.69㎜、水平に1.82mm~28.70mm動いているというデータを出しているので、イコール政府が歪んでいる・動いていると認めたという事ができます。今回の新華社の記事にある「変位、変形があった」は恐らくこの数値なのではないかと思います。

中国には民間企業がないことを説明しています

  まぁ、実際にこの数値が日本の基準に照らし合わせて正常値なのか異常なのか分かりませんし、もし新華社が得た数値が正常値であったとしても、そもそも中共が出した数値ですので、改ざんされていることもあり得ますし、鵜呑みにはできないことには変わりありません。

  あと私はコンクリートの専門家ではないのでよく分からないのですが、コンクリートって熱などで膨張したりすると聞いたことがあります。そして、日本のダムも歪みがあるみたいです。というのも、共和電業という会社のWebサイトを見るとダムのひずみを計測する機器が販売されていますし、ひずみがあるような図も載っていました。恐らく本当に数ミリという単位でひずみがあるのだと推測されます。土木の専門家の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

日本のダムでもひずみが起きているようだ(不確定要素)

  また、水が染み出してくることについては、独立行政法人水資源機構のWebサイトに、「三角堰:ダム本体の内部には、染み出してくる水の量を測るための設備です。」とあるように水が染み出してくることがあるようですので、新華社による「水が染み出したことも認めた」イコール「三峡ダムは欠陥により水が染み出している」と判断するのは短絡的だと考えます。どのくらいの水の量が染み出しているのか?という具体的な数値を以って初めて、欠陥なのか、異常なのか、正常なのかを判断すべきだと思います。ただ、その数値をどうやって知ることが出来るのか?と言う部分がないので、結局はこれだけあれこれ述べても結論が出ないのであります。

  いずれにしても、私は決して三峡ダムはまっすぐで安全です。ということを言いたいのではなく、見聞きする情報が本当に正しいかどうか、調べることが大切だということを言いたのであります。そして、ちょっとでも疑問を呈しただけで、お前は中共の手先だな、と仰る方が偶にお見掛けします。しかしそれは、逆に中共の情報作戦にやられてしまう可能性がある、ということをお伝えしたいのであります。恐らく私のことを中共の手先だ、と仰る方たちは、「中共が倒れればよい」という願望があって、その願望が強すぎるために、見聞きした情報を自分の願望に沿ったものだけを信じて、願望に沿わないものは聞き入れないという状態なのかもしれません。ですので私はなるべく願望という視線で情報を判別しないように心がけておりますが、私は弱い人間であり、分かっているにも関わらず、こういう事をしてしまうので、絶対に自分が正しいということをお伝えしたいわけではありません。自分への戒めを込めてブログに書いているあります。

  またこれに絡んで、と言ったらよいのでしょうか、Twitter、FacebookなどのSNSでは、日本の保守と言われる人たちが様々な情報に振り回されて保守同士でいがみ合っているのを目にしますが、それでは中共の思う壺。多少の意見の違い、見解の違いがあったとしても、我々の共通の敵は中共であるという意識を持たなければならないと思います。というのも最近尖閣の近くにおけるけしからんニュースが連日ネットでは伝えられておりますが、これに絡んで、海上保安庁のこのデータを用いて「台湾漁船も尖閣に侵入している」「蔡英文総統も領有権を主張している」。だから台湾もけしからん!という論調が徐々に増えております。これは一言で申し上げると「日台分断を図る工作」だと考えております。

このグラフはあくまでも退去警告数であって「領海侵犯」の数ではないことを知ってほしい

  私なりの表現で例えると、塹壕の中に大和君と高砂君が並んで、中共という巨大な敵を迎え撃つ状態において、大和君が高砂君に対して「おい、お前の腕が俺に当たってるぞ、ふざけんな!」と言っているようなものだと思います。

イメージとしてはこんな感じ

  しかも台湾は民間漁船、中国は公船、つまりは軍隊と同レベルの船があの海域に入ってきているわけです。しかも日本と台湾は漁業協定を結んでおり、日本当局の指示に従わない場合のみ「領海侵犯」と看做されるわけであり、この海上保安庁のデータは、領海侵犯になる前の「退去警告」の数であり、推測で申し訳ないのですが、退去警告を聞いて、素直に領海から離脱しているものと考えられます。ですので、この中共の脅威が日に日に増している中で、台湾はけしからん!と抗議の声をあげるのはちょっとあまり宜しくないと思うこの頃でございます。また、蔡英文総統は、話の通じる相手だと思います。中共の脅威が収まったら、蔡総統と日本政府は話し合いの場を設けてみれば良いかと思います。ちなみに、この尖閣については、以前の動画でも紹介しておりますので、お時間のある時にご覧いただければと存じます。

台湾漁船と中国公船を比較すること自体ナンセンス

  最後に、今はGoogle翻訳を開いて、URLを入力すると、文章をコピーしなくてもURLをコピー・アンド・ペーストするだけで、そのWebサイト自体を翻訳してくれます。私は中国語に関してはある程度の能力はあるのですが、英語についてはあまり得意ではありません。しかし、英語の情報には非常に価値の高い情報が多く存在しておりますので、先ほど紹介したようなURLをGoogle翻訳に貼り付けて、そのサイト全体を翻訳するというやり方で情報を得ております。まぁ、翻訳精度の問題がありますが、ある程度は内容が掴めるので、ちょっとでもおかしいなと思ったら自分で調べる癖をつければ良いと思います。また偉そうなことを言ってやがる、とお思いになるかもしれませんが、これもある台湾人がしゃべっていたことをそのまま伝えているだけであります。

こんな感じでURLを張り付けるとサイト全体を翻訳してくれます

2020年7月21日 編集・翻訳(八度 妖)

YouTubeでも配信しております

ダムの水をせき止めインド・東南アジアを苦しめる中共政府

今日は水源の問題について、お話ししたいと思います。

  日本のマスコミはあまり報道しませんが、YouTubeやTwitter等ので情報収集している方であればご存じの事かと思いますが、北海道を中心として日本の土地が次々と外国資本、特にパンダの国の資本によって多くの土地が買収されるという状態かと思います。その中には離島や農地、森林、そして水源地も含まれていますよね。水源がどのくらい大切であるかと言うことが分かる事象がインドで発生しておりますので、ご紹介したいと思います。

さて、インドに流れる川、と言ったら何が浮かび上がるでしょうか。

そうですね、ガンジス川ですね。これはインドを代表する川と言えますね。

ではもう一つ大きな川が流れておりますが、ご存じでしょうか。それはブラマプトラ川、バングラディシュではジョムナ川と呼ばれている川ですね。

  この2つの川の上流はどこかというと、チベットなんですね。地図を見ていただければわかるとおり、チベットはインドの水源となる土地なんですよね。では、何が問題かというと、まずはブラマプトラ川についてですが、上流はチベットを流れるヤルンツァンポ川で、そしてインド東部を流れ、最終的にはバングラディシュを通ってインド洋に流れていきます。現在このヤルンツァンポ川で中共はダムを作って運用を開始しております。ではなぜダムが問題かという点です。
過去の事例を見ながら、説明したいと思います。

インドシナ半島に流れる有名な川と言えばなんでしょうか?

  はい、メコン川ですね。メコン川の上流は西蔵であって、それから雲南省、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを通って南シナ海へと流れていくインドシナ半島で一番大きな川です。そんな川の上流にあたる雲南省に「小湾ダム」と言われる巨大なダムが完成し、2020年1月から運用開始されました。

中共はダムではなく巨大な発電所だといい訳をしておりますが、どう見てもダムですね。

ということで、ダムを作ったためにメコン川下流では深刻な水不足が起こっている訳であります。今年二月のニュースという事でちょっと古いですが、ナショナルジオグラフィックでも報じされております。

ナショナルグラフィックでも報道されている
水不足になっているのが分かる

  もちろん、気候的な要因もあるかと思いますが、それ以外にも各国が自分の所に水を貯めておきたいこともあり、雲南省で水を調整していることも影響していると言われております。最近は大雨なので、貯めるというよりも放水をしていると考えられるのでメコン川の水不足は解消されたと思われますが。
他にもラオス付近にもダムがあったりしているので、すべてがあの国のせいとは言えませんが、この「小湾ダム」の影響が大きいと台湾メディアでは言われております。

  さて、話をインドに戻すと、先ほど述べたインド東部を流れるブラマプトラ川ですが、インド東部をアッサム地方と言えば皆様も馴染みがあるのではないでしょうか?はい、紅茶で有名ですよね。

赤枠の中心くらいが「アッサム」地方

  それでお茶の栽培で何が大切かと言うと豊富な水、となるわけですが、このブラマプトラ川上流であるヤルンツァンポ川には蔵木水力発電所があるんですよね。これもまた水力発電所であって西蔵の人々に電力を供給しているという聞こえが良い言い方をしておりますが、結局はこの蔵木水力発電所、どうみてもダムなんですよね。

  ただ規模的には貯水量は8660万立方メートル㎥と、三峡ダムの393億立方メートルよりも、そして黒部ダムよりも全然小さいので、下流の地域には大きな影響を与えないと言っているどころか、逆に下流のインドがギャーギャー騒ぎすぎだ、と逆切れする始末でございます。更には、2014年に運用が開始されましたが、建設前から色々とインドと中共双方が協議して、お互いに不利のないように水を共有しましょうと言う約束をして、運用開始直後はうまくやっていたようなのですが、最近では、まったく上流のあの国が水を共有しようという動きがなく、下流ではかんばつが起き始めていると報道されておりました。(東森新聞より)

ダムにしか見えない蔵木水力発電所

  更には、インド人の命の川というべきガンジス川。この上流のネパールにおいて、中共資本(中国葛洲坝集团)によるダム建設が行なわれている訳であり、ガンジス川の水量をもあの国に握られている状態でありますから、インド政府としても国民の命に直結する問題でとても見過せない訳でございます。

25億ドル(約2500億円)を投じて、中共資本によるダム建設が再開された

  またこれらダムに関する中共発表のデータを見る限り、水力発電のために建設したという規模なので、現在分かっているデータでは三峡ダムよりは小さいのですが、最大容量をどのくらいにしているのか?などは不透明な部分もありますし、現在運用されているダム以外の場所にも次々とダムを建設する予定だと言われております。実際にメコン川上流の小弯ダム以外にも目視確認しただけで5つありました。ですので、人間が生きるために必要な水をインドにとっての敵国に握られているというのは非常に厄介な問題であります。

  しかも、ダムは放水を自由に行えるわけで、水位が高くなったら放流するという運用ですよね。今三峡ダムでこっそりと放流しているという情報が流れている訳ですが、先ほど述べたメコン川上流の小湾ダム、ブラマプトラ川上流の藏木ダムでも同じようなことをするのは目に見えていると思われます。

  どういう事かと言うと、水を放つと下流の生活エリアが浸水する被害が出てしまうわけですよね。どれだけの甚大な被害が出るかは想像に難くないと思います。
つまりは、水をせき止めるのも、放流するのもすべてが中共様のご機嫌次第、と言う状態になってしまう訳で、インドとしてはこれを何とか解決したいと思っているようです。現在国境付近で色々といざこざがあるようですが、台湾メディアの一つ東森新聞、国民党寄りのメディアなんですが、インドと武力的衝突が起きる原因はこの水源ではないかと推測されております。


では、冒頭に述べたように日本でも水源地を含む広大な土地が外国資本によって買収されております。

  土地を買収しただけでは直ちに影響が出てくるわけではないのですが、あの外国で生まれ育った人の気質を考えると、買収された土地=自分の土地だから何でも自由にやり放題、と言う考えがあるので、例えばキノコ狩りや山菜取りなどを許していた所有者から外国人所有者に渡ってしまうと、

私の土地だから、勝手に入っていけないアルヨ!

というような形で全面的な立ち入りを禁止されてしまいます。そうすることで、完全なプライベートな土地ができて、またそういう人たちの気質を考えると、「治外法権」的な場所が出来上がり、現地の行政はその土地で何が行なわれているかを調査することが困難になってしまうと思います。

  これは何を意味するかと言うと、広大な土地を確保して、住宅、水源、そして水力発電所、更には農地まで備えれば、とりあえずは自給自足が出来るわけで、そこを自分たちだけの小国を作り上げることができる可能性を秘めている訳でございます。そういう状態が何年か続いた後に、勝手に独立宣言またはあの国への所属を表明する可能性だってあります。ちょっと考えすぎかもしれませんし、この辺は確証を得ている訳ではないので、私個人の推測となってしまいますが、アジアでの覇権を握りたいあの国は、こういうことも統一戦線工作部を通して行なっているのかもしれません。

※統一戦線工作部とは?→ 海外における浸透工作を指令する機関

  一応日本には大正14年に制定された「外国人土地法」というものが存在しておりますが、この法律に基づく政令運用に関して何も制定されていないため、現在日本国憲法下では意味をなさない法律であります。
  いずれにしても、私としては、日本人はあの国では土地を購入することができないのに、あの国の人たちは日本で土地を購入できるという点で納得がいかないし、先ほど述べたような危険性もはらんでいるので、早くこういう所を法整備してもらいたいと思っております。

2020年7月1日 編集(八度 妖)

YouTubeでも配信中

豪雨災害拡大!中国24省、800万人以上が被災、7300家屋が倒壊

広西桂林の被災の様子

中国では連日豪雨が続き災害が発生している。中国当局が15日発表した統計では、中国広東、広西、湖南、江西、貴州、重慶などを含む南西部24省(自治区、直轄市)で852万人が被災し、7300戸余りの家屋が倒壊し、62万ヘクタールの農地にも被害が出ている。直接的な経済損失は206.7億人民元(約3000億円)にも上ると考えられる。

これと同時に雲南省では旱魃が発生しており、今年初には雨量が極めて少なかったため耕作が始められなかっただけでなく、生活に必要な水も不足している。政府は干ばつ対策のために急遽1億人民元(約15億円)を使い救援を展開し、既に半分以上の6000万元(約9億円)を緊急救助として使ったが、民衆の水の確保には程遠い状態である。

中国の豪雨は止むことが無く、中国中央気象台は黄淮(こうわい)南部、江淮北部、江漢大部分、四川北東部と中部、重慶北部と南東部、陝西南東部、貴州中西部と北東部、湖南北西部、雲南西部等の地域で大雨警報を発しており、そのうち江蘇北部、湖北西部、重慶北部などは更に強い雨への警戒が発布されている。

中国緊急事態管理省は、警戒する地域は、山西、上海、江蘇、安徽、河南、湖北、湖南、四川、重慶、貴州、陝西、甘粛等を含む省である。


はい、以上が記事の和訳でした。

地名だけでは、なかなか分かりずらいので、地図を用いながら説明したいと思います。今回の大雨警報が発布されているのはこの辺の地域でございます。

赤枠の部分が大雨警報が出された地域

そして雨を海まで運ぶのがアジアで最長の川である長江。その途中に三峡ダムがあり、場所は大体この辺でございます。三峡ダムは世界でも有数の大国である中華人民共和国の威信をかけた国家プロジェクトの一つとして建設されましたので、連日の大雨くらいでは何ともないと考えられます。ただ、三峡ダムより上流にある支流がこんな感じになっているんですよね。

大雑把ですが、三峡ダムより上流にある支流の川

そして、今回連日大雨警報が発せられた地域を重ね合わせるとこうなるんです。大雨が一気に三峡ダムに向けて流れていくと思いますが、なんせ国家プロジェクトですから、少しくらいヒビが入っていても持ちこたえられると思います。別に中国を褒めるわけではないのですが、最近分かったのは、どうやら三峡ダムの建造物は1970年代にウイグルのロプノールでの核爆弾の実験を行なった際についでにダムの強度を試すテストも行われており、7回の核爆発にも耐えられたようです※1。これは、米国や中華民国がミサイルや戦闘機なので三峡ダムを攻撃することを見越してのテストだとも言われております。いずれにしても、国のプロジェクトということで結構頑丈に作られているようです。まぁ、核爆発の威力と水の威力は異なると思いますけど。

”発電送電量は中国の半分 三峡ダム「7度の核実験で強度試験」核の爆発でも倒壊せず”という台湾メディアのキャプチャ

ちなみにこの長雨で貴州の龍塘ダムという所も決壊しておりますが、政府は決壊していないと発表しておりますが、SNSで決壊した様子の動画がアップされたりしておりますので、やはりダムの品質は国家プロジェクトとは言え、不安になる気持ちはあるかと思います。

また衛星写真でダムが歪んでいてもうすぐ決壊するのでは?という情報も出回っておりますが、私個人的にはこの説はあまり信じておりません。上空からの撮影された写真を地図用のアプリに取り込む際の歪みだと考えられるからです。もし上空写真ではない歪みが確認できる写真があれば、お知らせください。

とは言うものの、現実的にはウズベキスタンでは手抜き工事によって水害が発生したりしておりますが、仮に三峡ダムが決壊しないにしても、この大雨は中国に大きな経済損失をもたらす可能性があります。それは、国の威信がかかっている三峡ダムを守るために、上流から流れてきた水がある程度まで溜まってきて、これ以上持ちこたえられないとなった場合に、警告なしにダムの水を大量に放流して、その結果下流の川の水かさが増して、長江デルタ地帯などが水浸しになる可能性がある、ということです。下流には、農地もあり、工業地帯もあり、最終的には経済都市の上海にまで影響が及ぶかもしれないくらいのリスクに発展する可能性があるのでございます。いずれにしても今回の豪雨がもっと続くようであれば、中国政府は国の威信を守るために、想定している水位に満たなくても予告なしに大量の水を放出すると考えられます。

2009年にダムが完成してから11年が経って初めての華南、華中地域に記録的な大雨が続いている状態です。ダムはためるだけが仕事ではなく水量の調整も行わなければならないので、先ほど述べたように原爆の爆発に7回も耐えられるハードウェアを持っていたとしても運用と言うソフトウェア面で中国らしさが出てしまえば、いずれにしても下流に大きな損害が出る可能性がありそうですね。

素人の予想で何の役にも立たないですが簡単にまとめますと、三峡ダムはGoogleマップのような歪みとこの大雨では決壊しない可能性が高い。しかし、水位が増して水を放流した結果、下流の農地、工業地帯、生活圏に何らかの影響が出る可能性がある、というかんじですかね。
はい、本日は以上となります。

2020年6月18日 編集・翻訳(八度 妖)

※1. 勘違いしやすいのですが、核実験はウイグルのロプノールという場所で1970年代に行われたのであり、三峡ダムで行われたわけではありません。また、この実験で使われた構造物を三峡ダムまで運んだわけではありません。実験に耐えた構造物の設計と同じものを三峡ダムでも構築した形となります。

YouTubeでもご覧いただけます