台湾は本当に尖閣諸島の領有権を主張しているのか?

前回は「日本食品輸入禁止」について解説いたしましたが、今回は尖閣諸島の領有権主張に解説したいと思います。ただ、その前提条件として台湾の戦後の流れを把握することが必要なのですが、まず結論としては、領有権を主張しているのが中華民国であり、台湾自体は領有権を主張しておらず、李登輝元総統のように領有権は日本にあり、漁業権だけ共有したいという立場であるという事です。

言いたいこととしては、台湾と中華民国は違うものだという事であり、まずはこの違いを簡単に述べたいと思います。

大東亜戦争終結後、日本は台湾を手放す形となり、多くの日本人が台湾を中国へ返還したと勘違いしておりますが、そもそも、これが間違え。日本は返還したのではなく、一切の権利を放棄しただけであります。日本はあくまでも連合国軍の一員であった中華民国、当時はまだ南京に首都がある中華民国ですね。その中華民国に台湾での管轄権を渡したわけであります。その後1949年の国共内戦に敗れた中華民国が台湾に亡命して、これが今に至るまで続いています。

  分かりやすく言うと南樺太や千島列島のような、本来ならば地図でいう白い地域、つまりは帰属未確定地域になるわけですが、その辺の事情が分からない人からすると、台湾は中国の一部だという人もいれば、台湾は中華民国という国だという人も出てくるわけです。今でこそ蔡英文総統率いる民進党が国を運営していますが、20数年前までは、自由選挙も無い中国国民党が勝手に台湾人を支配する国、中華民国は台湾にいる亡命政府なのであります。

  では、今度はネイティブ台湾人の視点から見てみましょう。多くの人が生まれた時から大日本帝国の臣民として育ってきたのですが、1945年にいきなり戦勝国の中華民国が台湾人の意志も聞かずに支配し始めたわけであります。ネイティブ台湾人の立場からしたら、日本の終戦によって、一部は中華民国に属する事を歓迎した訳ですが、一部は台湾国建国をめざしていました。日本が戦争に負けて、台湾をどうするかを決める際に、連合軍が中華民国に管轄権を委ねました。しかし、その管轄権行使は常識では考えられないような越権行為が行われ、実質台湾を不法に統治している形となり、台湾人の不満が高まり228事件が起き、そして徹底的な言論弾圧と情報統制によって「台湾は中華民国の一部である」と台湾国民を洗脳していったわけであります。つまりは台湾人の考え方を中国人に変えていったわけであります。その影響で台湾人の中でも「台湾イコール中華民国」と言う人もいますが、今、台湾人が「台湾は台湾だ」と言えるようになったのはほんの20数年前からであることを踏まえなければなりません。そして洗脳されなかった、もしくは洗脳から解放されたネイティブ台湾人にとっては、多くの日本人が台湾の国旗と思いこんでいる青天白日満地紅の旗は勿論、「中華民国」という国号すら嫌悪感を抱いており、そんな彼らが最終的に望むことは「台湾国」の樹立であること覚えていてください。

一旦まとめますと、

中華民国=中国から来た亡命政府とその亡命政府を支持する国民党党員と支持者

台湾=中国とは関係のない実質国家として成り立っている地域とそこに住む中国人ではない人々

となります。


さて、突然ですが質問です。中華民国は元々どこにあったでしょうか?
答えは今の中国ですね。現在確かに中華民国は尖閣諸島の領有権を主張していますが、先ほど述べた中華民国=台湾ではないということが理解できれば、台湾が尖閣の領有権を主張している訳ではなく、中華民国、中国が領有権を主張しているということが分かると思います。
そうすると、あれ?蔡英文総統も公の場で領有権を主張していたような気がする、という人がいると思います。

2020年6月の発言です。台湾の領土とは言っていません。あくまでも中華民国が領有権を主張しているんですよ、私は中華民国の総統ですから、立場上、領有権が中華民国にあると言うしかないんですよ、という意味にも捉えることができます。
特に蔡英文総統は、2016年に総統に就任してから国民に何かを伝える時には「中華民国」を極力使わないようにしております。

  次に、総統選のディベートでもライバルの国民党の候補が「蔡英文総統は就任以来「中華民国」と言わず、「この国家」とばかり言っている」と主張するくらい「中華民国」という呼び方に注意を払っています。

  また、どうしても使わなければならないときは「中華民国 台湾」と言うようにしています。つまりは、中華民国と台湾を区別していこうという主張が読み取れるわけで、もし蔡総統が「領有権は中華民国台湾にある」と発言したのであれば、虎視眈々と尖閣諸島を狙っていると読み取ることができ注意が必要になります。

ただ、2016年総統に就任する前には「民進党の立場としては、釣魚島は台湾に属する」と発言しておりますし、2009年、民進党の主席の時に日本へやってきてインタビューを受けた際に「法律的見解に基づき、政治的主張をするのであれば、私は台湾のものだと考えます」と答えておりますが、あくまでも一個人の考えで、総統に就任してからは、特に2期目に関しては尖閣諸島は中華民国の領土だとは言ったものの、台湾の領土だと言っていないと記憶しております。つまりは、中華民国イコール中国や中国国民党が尖閣諸島の領有権を主張しているのであって、蔡英文政権は特段能動的に主張している訳ではないということであります。10月10日の国慶節の演説は、中華民国総統にとって所信表明演説とも言えるくらい重みのある演説なのですが、馬英九前総統は事あるごとに尖閣諸島は中華民国のものだ!という主張を演説の中に盛り込んでおりましたが、蔡総統は私の記憶の限りでは尖閣の「せ」、釣魚島の「ち」の字も触れていなかったと記憶しております。

  もちろん日本側も常に主張していく必要があると思いますが、わざわざ粗探しのように「過去に台湾の領土だと言った」と引き出すのではなく、昔から蔡総統は「平和的解決をしていくべきだ」と主張しているので、それに合わせて日本は日本なりの主張をしつづけ、話し合いをすれば、どこかのゴロツキ国家とは違うのだから、円満に解決できると私は考えております。

  究極的な解決方法としては、李登輝元総統の考えを汲む組織主導による台湾国の建国を日本が支持する事だと思います。ただ、実際に今の状態から台湾国を建国する事は難しいですから、現実味があるものとしては、日本と中華民国が国交を結ぶか、中華民国の国号を台湾国と変更して国交を結ぶことになるかと思いますが、その際に条約に盛り込むという方向で外交的交渉が行われると思いますが、双方恐らくなかなか譲れない厳しい交渉になると思います。
ただ、いずれにしても私は日本と台湾は家族のような切っても切れない関係だと思っております。どんなに仲が良くても喧嘩はするはずですし、意見が違ってくることだってあります。視聴者の皆様も兄弟げんか、親子喧嘩をしたことがあるはずです。しかし日本と台湾は家族なのですから、逆に尖閣諸島の問題を通して、「雨降って地固まる」ではないですが、日台の絆が深くなる可能性もあると私は信じていますので、中共という巨大な敵を目の前にしている間は、わざわざ日台の対立をあおるような発言は慎んでほしいですね。

文章内の蔡英文総統の発言がこの動画内に収録されております。

関連コンテンツ

1.福島県など5県の食品輸入の禁止
2.尖閣諸島領有権の主張
3.中華マフィア青幇(チンパン)
4.親中の台湾半導体業界

立法院で通過 中華航空、パスポートの名前を正すことの推進を要求

こんなパスポートが見られる日が近いかも

  立法院臨時国会は今日パスポートと中華航空の名前を正す決議案を民進党の人数多数で、民進党の案で通過させた。民進党の提案要求は交通部(国交省に相当)は積極的に中華航空の国際的認識度に関する政策を打ち出すべきであり、更には中国籍航空会社と間違われないような短中長期の施策を立案検討するべきことである。一方パスポートの記載名を正す案について、民進党派我が国パスポートの「台湾」、「TAIWAN」を具体的にどのように認識度を挙げるかを立案し、研究することである。それは自国民の尊厳を守り、海外旅行において利便性と安全を確保するために必要であるからだ。

  中国武漢肺炎が世界中で広がっている中、我が国の状況は完全に制御されており、余力をマスクや各種医療物資を国際社会に援助することに向けているが、その際(物資を運ぶ)中華航空機機体に「CHINA AIRLINES」等の記載があることから、幾度となく国際社会から我が国が中国と同一だと誤認されるケースがある。これ以外に、我が国パスポートの表面には英語で「REPUBLIC OF CHINA」と「CHINA」の文字が記載されているため、多くの台湾国民が国籍を中国と誤認されるケースが多々ある。


2020年7月22日 編集・翻訳(八度 妖)

Webサイト管理者感想

  速報であるため、和訳に誤りがあるかもしれませんが、いずれにしても台湾を家族の一員だと思っている私としては、非常に喜ばしいニュースでありました。確かに中華航空は、名前が紛らわしいですよね。中国側の航空会社がエア・チャイナ、台湾側がチャイナ・エアラインですから。これではせっかく品質の高いマスクや医療物資を支援しても、事情の分からない外国の現地の人から見たら「CHINA」という文字が書かれている訳なので、台湾人が望むような評価を得られませんからね。

  恐らく中国も台湾も事情が分からない人の感覚は、日本人でもわかりやすく例えるならば、カリブ海のドミニカ共和国とドミニカ国が違う国だというような感覚なのではないでしょうか?カリブ海にある一つの国だけどよく分からない、でもドミニカって書いてあるから、それを覚えておこう、というような感じでしょうかね。それを例えばTAIWAN AIRLINESに名前を変更すれば、台湾と言う名前を知ってもらう事ができるし、中国とは異なるという事も理解してもらいやすいと思います。

  また、パスポートについても同様で、入国審査は中華人民共和国と中華民国の違いが分かっているケースが多いと思いますが、ホテルやその他観光やビジネスでパスポートの提示が必要になる場面においては、台湾人が誤認されやすいのは事実です。それは日本においても同じですね。ここ数年改善されたとはいえ、未だに緑のパスポート持っているのに白い目で見られることが偶にありますね。やっぱりCHINAはイメージが良くないのかもしれませんね。

さて、トゲのあることは終わりにして、ちょっとここで台湾についての情報を1つ。私のチャンネルをご覧になっている方は優秀な方が多いので、釈迦に説法になってしまうかもしれません。

  中華民国は台湾を省としておりましたが、実は今、台湾省というものは存在しておりません。昔の自動車やバイクのナンバープレートには台北市、台湾省というような形で発行されておりましたが、現在はその区分すら載せずに、英数字のみで発行しております。これはなぜかというと1997年の憲法改正において、中華民国にとっての「台湾省」という制度をなくしたからであります。つまり現在中華民国憲法下で「台湾省」というものが存在していないのであります。

  ちなみに、中華民国は日本が戦後GHQに支配されていたように、戦後から現在に至るまで台湾を支配している管轄権を行使している国だと思っており、台湾人にとっての本当の国はまだ建国されていないと考えております。これについては過去に動画を作っておりますので、そちらをご覧いただければと存じます。
いずれにしても今回のニュースは、台湾という国の建国に大きな一歩とは言えないものの、着実に一歩進んだものだと考えております。

ドミニカ国とドミニカ共和国も似たような名前
YouTubeではこのニュース以外にも「台湾省」についても述べています。