別のウイルス株候補があること暴露 閻氏:次はエボラ強力版かも

武漢肺炎(新型コロナウイルス,COVID-19)が世界中で猛威を振るう中、米国へ逃亡中の中国ウイルス学者の閻麗夢(Li-Meng Yan)が先日インタビューを受けた際にウイルス実験室では1種類のウイルスを作るだけではなく、他のウイルス株の候補があり、「次回はエボラウイルスの強化版かもしれない」と述べた。

字幕には「永遠に完全に同一のウイルス株だけ(試験するわけ)ではない」と書かれている

  閻麗夢氏は《ロンドンリアル》(London Real)というTV番組のインタビューを受け、その中でワクチン開発が成功するかと問われ、彼女はワクチンは(今回の武漢肺炎ウイルスに対して)万能ではないと考えていると述べた。その理由として、一種の変異するウイルスで、世界中で急速に広がっており、広がるたびに変異しているためであるとした。これは全世界で急速に変異しながら広がるインフルエンザと同じで、通用型ワクチンの開発・製造が必要とされているかの所以である。しかしインフルエンザワクチンという点においては、時には(摂取した)40%ほどの人に効果が現れないことがある

  閻氏は過去にSARSウイルスワクチンを研究開発していた際に、非常に深刻な問題があることを見つけたと指摘。例えば抗体への依存性を増強させると、免疫システムの記憶に欠陥が起こる等、人体に長時間かけて免疫を獲得させることが出来ない。現在の武漢肺炎ウイルスはSARSウイルスの強化版であり、「これは実験室内から出てきたウイルスであり、ウイルス実験室は製紙工場のように、単一品種だけを作っている訳ではない」と述べた。

  閻氏は、ウイルス実験では試験とその結果に基づいており、「つまりは、どんなウイルスに従事していたかに関わらず、一種類のウイルス株だけ(試験するわけ)ではない。他にも候補となるウイルス株が存在し、必要であれば何度でも試す」と強調した。そして「武漢肺炎ウイルスやコロナウイルスだけじゃない、次はもしかしたらエボラウイルスの強化版だってあり得る」と述べた

2020年10月2日 編集・翻訳(八度 妖)

Web管理者の感想

  この閻麗夢(Li-Meng Yan)氏は、2020年4月下旬に香港から米国へ逃亡し、同年7月10日に米国FOXニュースのインタビューで、武漢肺炎ウイルスが人工ウイルスであることを暴露したウイルス研究者(学者)である。台湾を含む中国語圏のメディアではかなりセンセーショナルに報じられ、続報も結構出ていたのですが、日本だけは、言葉の壁なのか、単に興味がないのか、それとも信憑性に欠けるのか分からないが、あまり報道されていなかった印象がある。

  いずれにしても「エボラの強化版」というショッキングなフレーズはあくまでも「仮」や「可能性」の話であり、必要以上に怖がる必要がないことは伝えたい

武漢肺炎が収まらない中、中国でまたアフリカ豚熱が大流行

  武漢肺炎流行がまだ収まらない中、中国でアフリカ豚熱流行が再度拡大している。今年に入って6度目のアフリカ豚熱が発生しているが、3月に集中して発生している。その中で内モンゴル自治区のオルドス市では、養豚場を検査した所、省外から運ばれた豚200匹を発見し、そのうち92等がアフリカ豚熱に感染し死亡していることが分かった。

  中国農業農村部が30日に出した公告では、内モンゴル自治区の動物疫病予防制御センターにより、オルドス市オクト旗にある某養豚所で200匹の子豚が外部の省から運び込まれて、そのうちの92匹がアフリカ豚熱に感染されていることを確認されたことを発表している。

  それ以外に、3月12日、13日、28日にも、四川省で4件で発生し、河南省でも1件発生しているが、いずれも省外から違法に運び込まれた豚からアフリカ豚熱の感染を確認している。

感染症流行発生後、農業農村部から現地に派遣された人員は流行対策監督と流行病学調査を行い、現在緊急体制を発動し、封鎖、撲殺、無害化処理、消毒などの措置を取っている。

2020年3月31日 編集・翻訳(八度 妖)

米国武漢ウイルス学者が暗殺 華僑犯人の身分明かされる

米国ペンシルバニア州で華僑医学研究者の劉兵(Bing Liu)氏は、武漢肺炎のウイルス研究に関する「非常に重大な発見をした」とされている。(ピッツバーグ大学公式サイト写真使用)
米国ペンシルバニア州で華僑医学研究者の劉兵(Bing Liu)氏は、武漢肺炎のウイルス研究に関する「非常に重大な発見をした」とされている。(ピッツバーグ大学公式サイト写真使用)

米国ペンシルバニア州の華僑医学研究員 劉兵(Bing Liu)氏が、武漢肺炎(新型コロナウイルス疾病、COVID-19とも言う)に関するウイルス研究にて「非常に重大な発見をした」とされたが、その後すぐに殺害されてしまった。現地警察の発表によると殺害に及んだとされる華僑の男 顧浩(Hao Gu, ローマ字から漢字を当てる)容疑者(46歳)は、銃を発砲して劉兵氏を殺害し、その後車内で自殺を図ったとされている。

総合メディアの報道によると、37歳の劉兵氏はペンシルバニア州ロス・タウンシップ(Ross Township)の自宅で、東部、頸部と体に致命傷となる銃を撃たれた。それ以外に、華僑男性 顧浩 の死体が近くの車の中で見つかった。

警察は初動の調査で、顧浩が劉兵氏に銃を発砲した後に、車内で頭部を撃ち死亡したことを発見した。2人はお互いに面識があり、詳しく調べた結果これは暗殺と自殺であり、その他に容疑者が逃走した形跡がないとされている。警察は今回の殺人事件の動機について発表することを拒んでいるが、劉兵氏が住んでいた別荘には荒らされた形跡がなく、また強引に侵入した形跡もなかった。当時劉兵氏の妻は家にいなかった。

ピッツバーグ大学医学院の計算生物学部のイベット・バハール(Ivet Bahar)主任は、劉兵氏は非常に優秀な華僑で、非常に努力して研究しており、最近武漢肺炎に関する面白い実験結果を得られ、疫病と関係するものであると述べた。また実験室の研究員たちは在宅で研究をしており、毎日劉兵氏と連絡を取り合っていたが、劉兵氏は常日頃電子メールへの返信は非常に迅速なのだが、先週末何通かの電子メールを送ったが返事がなかった。

バハール主任は、彼女が先週末劉兵氏の妻と電話で話したが、すでに劉兵氏が殺害に遭ったことを聞いた。バハール主任は劉兵氏から身の回りの危険を感じているとの報告を受けていなかった。劉兵氏は一人っ子で両親は中国に住んでおり、また子供はいなかった。

現在劉兵氏がどのような研究計画を行なっていたかは明らかになっていないが、ピッツバーグ大学医学院研究員は4月EbioMedicine誌で発表される論文の審査を行なっており、武漢肺炎ウイルスワクチンがマウス実験で有効性が証明された可能性があると指摘している。米国連邦政府の認可を得られると、彼らはこのワクチンを PittCoVacc と命名し人体実験を開始しようと計画している。

劉兵氏は2012年シンガポール大学で博士号を取得した後に、米国カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の計算機科学科で著名なエドムンド・クラーク教授の下で研究を行なっていた。劉兵氏はその後、ピッツバーグへ引っ越し、研究者の身分でバハール実験室に参加し、最近は助教授へと昇格していた。また2018年には中国で講演も行ったことがある。

2020年5月12日 編集・翻訳(八度 妖)

考察

時間があればこの事件についての考察を書くつもり。Twitterで更新をお知らせしますので、フォローお願いします。

中国粗悪品続く!英国購入の300台の人工呼吸器 医師が「深刻な警告」を発す

  武漢肺炎の感染が世界的に拡大・蔓延している中、多くの国家が中国から防疫物資を購入し、品質の問題が出ている。外国メディアによると、英国は中国から300台の人工呼吸器を購入したが、医師界の人物は、もしこの人工呼吸器を使用すると、患者に対して重大な傷害を負わせる可能性があり、最悪の場合は市に至るとが深刻な警告を発した。
※敢えて誤った字を記載しております

 《NBC》の報道では先月4日(2020/4/4)、英国は中国から300台の人工呼吸器を購入し当時の役人は中国に対して感謝の意を伝えたが、図らずも9日後、医師グループと医療管理者たちが深刻な警告を発した。彼らは政府役人に送った手紙の中に、受け取った250台の人工呼吸器は中国の主要メーカーの一つ北京Aeonmed有限公司が製造したシャングリラ510型であると伝えた。

北京Aeonmed有限公司製 シャングリラ510型

  医師界の人物は手紙の中で、もしこれらの人工呼吸器を使用するともしこの人工呼吸器を使用すると、患者に対して重大な傷害を負わせる可能性があり、最悪の場合は市に至るため、重症患者に守るために返品するか交換するしてほしいと書かれていた。
※敢えて誤った字を記載しております


  医師たちはまた人工呼吸器の酸素提供は「不安定且つ頼れるものではない」、基本的な部分ですらまともに製造されておらず、また正常に洗浄もできず、酸素チューブもEU規格に符合しないと批判している。中国製の人工呼吸器の品質に大きな問題がある事以外にも、彼らは英国の医療従事者がこれら(中国製の)設備に不慣れなこともあり、現状危機の中にあっても使用するのはふさわしくないと述べている。

2020年5月2日 編集・翻訳(八度 妖)

これらニュースを読むと、食糧はもちろん、医療物資、生活必需品などは輸入に頼らず自国で生産するような体制を取らなければならないと感じました。昔から米国は日本に対して「コメ」の市場開放を求めていたと記憶しておりますが、これは「安さ」に釣られて開放してはいけない分野であると思います。

現在世界中が武漢ウイルスの感染拡大に躍起になっておりますが、中国が1、2月に世界中で医療物資を買い占め、現在世界中で医療物資の不足しております。そして現在中国は世界中の食糧を買い占め始めているというニュースが出ているので、恐らく食糧争奪戦が始まるのかもしれません。すべてのモノを自国で生産するのは、難しい事と効率が悪いので、外国から輸入する必要がありますが、今回の武漢肺炎によって、少なくとも「中国共産党政権下の中国」での製造はやめる事を検討すべきだと思います。

武漢肺炎》日本で偽「台湾製」マスク出現 中国製のパチモン且つ防疫効果無し

「Made In Taiwan」と刻印されているが、どうやら中国深圳などで生産されたマスクのようだ

日本での武漢肺炎流行は収まっておらず、多くの日本人が数少ないマスクを買い求めているが、あるネット民が「Made in Taiwan」と刻印されているが実際は中国製のマスクが市場に出回っていることを発見した。そしてこれら台湾製と偽っているマスクは医療用レベルのマスクではなく、なんら防疫効果がないため、ネット民は日本国民に注意を促している。


最近日本にいる台湾人やネット民が日本で「Made in Taiwan」と刻印された台湾から輸入されたマスクが数多く出回っていることを発見したが、これらマスクの生産地には中国と書いてあり、また検品証明書も中国で発行されたものである。また現在台湾は6月下旬まではマスクの輸出を禁止しており、先日日本に贈られた200万枚のマスクは「寄付」であり、第一線に立っている医療従事者向けに提供されたものであるため、これらマスクは台湾製でないことは明らかである。

これ以外に、これら「中国製マスク」は医療用マスクではないため防疫効果が有しておらず、花粉やほこりを防ぐことしかできない。この情報を多くの人に知ってもらえれば、騙される人が少なくなるであろう。


以下はこの情報を発見した人のTwitterのツイートである。

注意

セブンイレブンが販売しているマスクは「台湾製」と書かれているが、こちらは正真正銘の台湾製である。しかし2020年4月現在、入手できない状態である。

2020年4月24日 編集・翻訳(八度 妖)

台湾 マスク1000万枚を欧米等へ寄付

2020年4月1日総統府敞庁談話

2020年4月1日 台湾総統府で蔡英文総統が行なった演説の内容の日本語訳全文となります。

国民同胞の皆様、ライブ中継をご覧の皆様、そして、この場にいるメディアの皆様、こんにちは!

武漢肺炎の脅威に直面し、国民全員の努力の下で国内の流行は最もうまく抑え込めています。
また国際社会からも注目され、認められました。
我々もまた、過去マスクの輸入国だった台湾が世界第二位のマスク生産国になった事を見てきました。
マスクの生産量も絶えず増加しており、国内への供給は十分となっております。
ですから、我々は来週木曜から国民は14日毎に、成人は9枚のマスクの購入、または子供は10枚の購入が可能になりました。

我々は国外にいる台湾国民に最良の防疫ができるようマスクを国外へ送る規定も制定しました。
我々は国内の防疫能力を継続して向上させております。
しかし我々は全ての国民に呼びかけます。
国際的な感染流行がもし有効的に抑え込めなくなった場合、全体的な流行は永遠に収束しなくなります。
台湾も危険な情況である事には変わりありません。
感染流行は世界規模になっており、各国の感染の流行状況は相互に影響し合います。
我々が国内の防疫をきっちり行なっただけでは、パンデミックを食い止めることができません。
国際社会のそれぞれのメンバーが力を合わせ、共同でこの挑戦を克服しなければなりません。
しばらく前に我々は国家チームを立ち上げました。
この期間に我々は世界的なキャンペーンを立ち上げ、他国と共にゾーンディフェンスを行ない全面的に疫病に対抗しなければなりません。

現在、スクリーニングであろうとワクチン、ワクチン、または薬品の研究開発、それと防疫物資の先手先手の対策は、多くの国家が積極的に台湾との協力を求めています。
我々と米国、EU及びチェコは現在、防疫戦略や目下の研究成果の共有について話し合っています。
我々と豪州及び米国は、防疫物資の相互援助も行なっております。
国交のある国に対しては、我々は役立てられるよう現地の購買方法に合わせて必要な医療物資も提供しています。
この期間、我々は多くの新聞報道を見てきました。
ある国では医療体系が深刻な影響を受け医療従事者が生命の危険を冒して患者を助けようとし、しかし、医療物資が不足しているため助けられず、更には、それにより大量の感染者が出ています。

今日私は国際社会に訴えます。
台湾は積極的に各国との防疫対策の協力を強化します。
各国が感染流行拡大に臨んでいる緊急の強力が必要なこの時、人道的思慮に基づき、台湾は絶対に高みの見物であってはなりません。
我々はマスク、薬品、技術の3項目を国際社会に提供することを惜しみません。

第一に
マスクの支援ですが現在台湾は一日に1300万枚のマスクを生産できます。
並びにその生産量は更に増加しており、もうすぐ1500万枚に達します。
この段階で我々は1000万枚のマスクを寄付します。
それは1日の生産量に迫る枚数です。
感染流行が深刻な国家の医療従事者を支援します。
その後我々は国内生産量を見ながら国際社会へ更に多く支援してまいります。

第二に
薬品の支援ですが、ある国家の臨床研究ではキニーネが軽症患者の治療に役立つと考えられています。
そのため政府は製薬会社にキニーネの増産を要請しています。
必要な国家に対して適宜支援してまいります。

第三に
技術支援ですが、我々は目下国内で利用しているビッグデータ分析「電子検疫システム」を共有し必要な国家に感染者の接触履歴を正確に追跡できるようにし、有効な感染症流行調査が行えるようにし、感染症流行の拡散を防止します。
我々の公私立病院はテレビ会議を通して我々の防疫経験と技術を助けが必要な国家に提供し続けています。

私は強調いたします。
これら協力が成し遂げられるのが前提で台湾には「堅強な実力」があり政府にも「行動あってもまだ余力」があります。
台湾国内の感染流行が抑え込みが出来て、物資の準備も万全であって初めて我々は他の国家と協力して人道的支援が提供できるようになります。
その他の医療物資は国内の需給バランスが取れた後に次々と国際協力をしていきます。
如何なる国家でも医療体系が一旦崩壊すると、その影響は1つの国家が陥落するだけではなく、全世界の感染症流行が悪化することを意味します。
それ故に台湾は国際社会の一員としてこの責任を自他のために、負うことを望みます。
我々は皆さんにお見せしています、Taiwan can helpだけでなく、更には Taiwan is helping であることを。
我々は全世界が感染症流行という挑戦に望んでいる下で、台湾は世界と提携して防疫を行なう不可欠な一員でなければなりません。

(ここから英語によるスピーチ)

数か月前から我々は全世界の無数の勇敢な医療従事者の犠牲の奉献を見てきました。
それは世界の公民として我々は彼らを最大の支持する責任を負っています。
我々は協力を強化しなければなりません。
それはつまり我々は経験と物資の共有と共同で治療とワクチンの研究開発を意味します。一国だけでパンデミックを食い止めることはできません。
そして台湾は我々の役割を果たす準備ができています。
将来、我々は武漢肺炎で最も大きな被害を受けた盟友と国家に、余剰マスクと物資を寄付します。
これらの物資は、生命を救うために日夜働いている最前線の医療従事者に提供します。

(英語によるスピーチ終わり)

危急に臨んでいるこの時、世界の各国が団結して相互支援的な面で力を合わせてウイルスに対抗すべきです。
この防疫作戦という場において台湾は重要な影響力を発揮し、国際社会と手を取り難関を乗り越えることを望みます。
皆さん、ありがとうございました。

2020年4月2日 編集・翻訳(八度妖)

武漢肺炎》バーバリー縫製工場改造 防護服、マスク生産

新型コロナウイルス疾病(COVID-19、以下武漢肺炎と言う)の流行が継続して拡大している中、英国では1日に259名がこの疫病のために亡くなり、死者合計1028名にもなった。英国当局は現在積極的に流行拡大の抑え込みを行なっており、ボランティアによる救援活動も急速に増えている。また知名なファッションブランドのバーバリーも服の生産を停止し、防護服とマスクの生産を行なうと発表した。

綜合メディアの報道では、バーバリーはヨークシャー郡にある縫製工場を手術で使われるマスクと防護服を生産するラインへと改造し、10万枚の医療用マスクを医療機関に提供するのと同時にオックスフォード大学のワクチン研究開発に資金援助すると報じた。

流行を抑え込むために、ロンドンはエクセル展覧会センターに、臨時病院である「ナイチンゲール病院(NHS Nightingale Hospital)」を開設し、800名弱が医療任務に対するボランティア支援に申し込んでいる。またスコットランド政府は刑期間近の囚人を早期釈放を検討していると報じた。

2020年3月29日 編集・翻訳(八度妖)

以下、サイト管理者の感想
 SHARPもマスクの生産を開始したというニュースが流れたが、英国のBurberryも縫製ラインをマスクと防護服の生産に充てるようにしたというニュース。恐らく日本政府もアパレルなど縫製工場に厚労省などがマスク生産の依頼をしているであろうと思う。こういう医療に物資を提供する会社の従業員が武漢肺炎に感染しないことを祈るばかりである。

ちなみに台湾ではTTL(Taiwan Tobacco and Liquor Corporation)が生産ラインのすべてを消毒用エタノール生産に充てている。ただ、TTLは国営企業のため、日本と単純比較はできないことに注意いただきたい。

武漢肺炎×防疫宣伝指導 陳時中指揮官

私は中央感染症指揮センター指揮官の陳時中です。
台湾の先手先手の防疫対策は、武漢肺炎の海外からの流入と社会的感染のリスクを低下させております。
政府と足並みを揃えさえすれば、私たちは自信を持って疫病との戦いに勝てます。
先手先手の対策を通して、感染症流行の監視を強化し、水際での検疫管制を強化して皆様の故郷の安全を守ります。

充実した防疫資源の確保するために同時に医療整備を強化し防疫物資を充実させ並びに社会の防疫対策をしっかりと実施しリスクの高い人の追跡管理を強化します。

それ以外に、継続して民衆とのコミュニケーションを強化します。
デマを根絶しパニックを抑えます。
武漢肺炎予防には皆様が団結し故郷を守ることが必要です。
政府と共同で防疫を行ない苦難を共にしている国民一人一人に感謝いたします。

2020年3月23日 編集・翻訳(八度妖)

武漢肺炎》バッキンガム宮殿職員感染 英国女王ウィンザー城へ退避

   中国武漢で新型コロナウィルス疾病(COVID-19、以下武漢肺炎と言う)の流行が拡大している中、イギリスバッキンガム宮殿は今日22日、1名の職員がウイルス検査を行った結果陽性であり、感染していることを発表した。英国情報は先日既にウィンザー城へ退避しているが、当該職員が女王と接触したか否かはまだ明らかにされていない。

   外国メディアの報道では、英国バッキンガム宮殿で初の武漢肺炎感染者が出た。一人の職員が先週から関連の症状が出始めており、検査を行った所武漢肺炎であることが分かった。当該職員に接触した人は既に在宅隔離を行なっている。女王は感染が確定した後に、19日ウィンザー城(Windsor Castle)へ退避しており、現在健康状況は良好であると報じている。

   ある消息筋の話では、女王がウィンザー城へ向かう前に、この職員の検査結果が陽性であったと述べている。そして、バッキンガム宮殿内には500人の職員がおり、恐らく一定の影響があると見られている。バッキンガム宮殿のスポークスマンは、この職員に対するコメントは控えている。またバッキンガム宮殿は適切な指導及び内部プロセスにより、関係している職員全てに必要な行動を取ることさせている。

今年93歳になられるエリザベス2世英女王は先日国民に向けて、英国人民は武漢肺炎流行の危機の中団結することを強く呼びかけ、最前線の医療従事者、科学者を激励し、一人一人が将来数か月以内に重要な役割を担うようになると強調した。

英国は現在22日18時半時点で累計感染者5067名、死者234名となっている。

2020年3月22日 編集・翻訳(八度妖)

武漢肺炎》中国会議「リーダー全員はマスクせず」 ネット民:どれだけ肝っ玉がデカいのか?

蘇州市は20日常務委員会を開く。写真のとおり、場内の全ての人はマスクをしていない(蘇州日報微博より)

   武漢肺炎の感染流行が持続して続いているが、中国江蘇省南京、蘇州、常州各地で官職の「全員がマスクせずに会議に参加」する場面を公開した。これに対し、中国メディアは「生活が元に戻り自信を取り戻した」様子を表していると報道した。一方別の面では、多くの中国ネット民が「これは良い例だ(棒読み)」、「どれだけ肝っ玉がデカいのか?」と嫌味を述べていた。

   中国メディアの報道では、南京市政府は19日に開かれた新聞発布会で、スポークスマンはメディアの前でマスクを外し、当時記者の質問に対して、司会者は「感染症流行は変化しており全体的状況を見ると、今日の発布会から、参加者はマスクを着用しなくて良いと判断する」と率直に語った。

   類似の状況は蘇州、常州などの地でも発生しており、その中でも蘇州市常務委員会は20日に開かれた会議では、写真が示すように場内の数十人税院がマスクを着用せずに会議に参加していることが見られる。投稿には場内は風通しが良いことが書かれていた。

   報道では、感染症流行は現在国内において抑え込みに成功しており、江蘇省全域及び蘇州の感染症流行によるリスクは低減しており、「リーダーはマスクを外して会議に参加する科学的根拠は十分にあると考えて良い」と報じている。官職は会議が始まる前からマスクを着用しておらず、同時に「生活は普段通りに戻り、自信を取り戻した」と付け加えた。

   しかし、この報道に対して、多くの中国ネット民が心配しながら「国外からの流入は関係ないのか?」、「明日誰かが発熱して陽性だったら、完全にGame Overだね」、「お医者さんに少しは休んでもらおう」、「これは自ら進んで毀滅する最良の方法だ」、「リーダーがマスクを外して士気を鼓舞する。そして民衆もマスクを外して感染症が更に流行する」と次々と書き込んだ。

2020年3月21日 編集・翻訳(八度妖)

以下はサイト管理者の感想
   こういう投稿をして、あたかも武漢肺炎蔓延が収束したかのように見せかける中国プロパガンダの良い例ですね。
果たして、本当にマスクをせずに、会議室のような場所で大勢の人が集まって議論することができるのでしょうか?私個人的にはネット民が指摘したように、この投稿やそれに関わる報道を信じてマスクを外す民衆が増えて、武漢ウイルスの流行が再度増えると考えます。そして、恐らく日本の大手メディア、つまりはマスコミはここぞとばかりに「中国はすでに流行が収束している/収束に向かっている」と大々的に報道すると思われます。そうでもしないと、あとから中共様に、取材許可を出さない、滞在ビザを剥奪などのイジメを受けてしまいますからね(笑)