中共が「平和統一」を推進 新たな任務の対象が国内外の台湾人にまで広げられる

  中共中央委員会は今日(5日)新たに「中国共産党統一戦線工作条例」の修正版を発布した。この修正版の対台湾統一戦線工作には「台湾での愛国統一の力を発展・強化させる」、「絶え間なく祖国平和統一プロセスを推進する」等の新たな任務が追加され、団結する対象も国内外の台湾人へと広げられた。

  海外統一戦線任務には更に多くの事が加えられた。例えば「思想的・政治的指導の強化」、「華僑と留学生の祖国に対する熱愛及び中国共産党、中国式社会主義への理解・承諾の増進」、「台湾独立等の分裂勢力の抑制、国家の核心的利益の保護」及び「中国と外国の友好の懸け橋に結び付く行動を促進し、良好な国際環境を構築」等がある

  旧版の中共統一戦線工作条例は、2015年5月に「試行」的名義で実施された。それから5年8か月後を隔てた今、新版では「試行」の文字が削除され、若干の変更と追加が行われた。その中で台湾と海外に対する統一戦線任務においては、変更・追加の度合いが非常に明らかである。

  旧版条例内の台湾に対する統一戦線任務は「中央が貫徹して執行する対台湾工作の大政方針は、『一つの中国』の原則の堅持、台湾独立という分断活動への反対、広範囲に渡る台湾同胞の団結、両岸関係の平和的発展のための政治的、経済的、文化的、社会的基盤の更なる強化、中華民族の偉大な復興の実現というプロセスの中で祖国統一と言う大業の達成」である。

  新版条例内の台湾に対する統一戦線任務は「中央が貫徹して執行する対台湾工作の大政方針は、『一つの中国』の原則の堅持、広範囲に渡る国内外の台湾同胞の団結、台湾での愛国統一の力の発展・強化、台湾独立という分断活動への反対、絶え間ない祖国平和統一プロセスの推進、心を一つにした中華民族の偉大な復興の実現」である。

  2つを比べてみると、新版の方に「台湾での愛国統一の力の発展・強化」、「絶え間ない祖国平和統一プロセスの推進」及び団結する対象を「国内外」の台湾民衆へと拡大した事が付け加えられたが、「両岸関係の平和的発展のための政治的、経済的、文化的、社会的基盤の更なる強化」という部分が削除された

  海外統一戦線任務においては、旧版条例は「華僑の心の凝集、華僑の知恵の集結、華僑の力の発揮、華僑の利益保護、帰国した華僑とその家族による祖国の現代建設と平和的統一と言う大業への尽力、全世界での独立反対・統一促進活動の推進、優れた中華文化の継承と宣伝、中国人民と世界各国人民との友好増進」であった。

  一方新版は「思想的・政治的指導の強化、華僑と華僑と海外へ留学した人員などの祖国に対する熱愛及び中国共産党、中国式社会主義への理解・承諾の増進。優れた中華文化の継承と宣伝、中国と外国の文化交流の促進。華僑が我が国改革開放と社会主義の現代化建設に参与することの奨励と民族復興という偉業への融合。台湾独立等の分裂勢力の抑制、国家の核心的利益の保護。中国と外国の友好の懸け橋に結び付く行動の促進と良好な国際環境の構築」である。

  比較すると多くの項目が追加されたが、「華僑の心の凝集、華僑の知恵の集結、華僑の力の発揮、華僑の利益保護」等の語が削除されている。

YouTubeではこれについて台湾独立派からの視点も交えて解説しています。

2021年1月6日 編集・翻訳(八度妖)

スパイ?中国共産党員のいる日系企業リスト

2020年12月12日に英国及び豪州メディアが中国共産党党員195万人分の名簿が漏洩したというニュースが報道されましたが、その名簿を入手したので見てみたところ、多くの日本企業内に党員がいることが分かりましたので、名簿内の情報をここで公開したいと思います。

注意点:あくまでも漏洩されたと言われるデータベースの中から日本企業と思われる情報を抜き出しただけであり、情報内容が正しいか否かについて、党員がスパイ活動しているかは不明です。

↑ ↑ ↑
画像をクリックすると
スプレッドシートへ飛びます

CSVファイルはここから

TSVファイルはここから

※ダウンロードしてCSV、TSVファイルをそのままExcelで開こうとすると「文字コード」の関係で文字化けする可能性が高いです。一旦CSVファイルを右クリックして、メモ帳で開き、名前を付けて保存を実行する際に、画面下部の「文字コード:UTF8(BOM付)」に変更してから保存してExcelで開くと文字化けしないと思います。


調べて欲しい企業名がありましたら、コメント欄にコメントを残していただくか、Twitter @asianews_ch へDM下さい。もしヒットした場合は上記スプレッドシートへ反映させます。

中国で使用されている漢字は「簡体字」と言われるもので、台湾や香港で使われている漢字は「繁体字」と言われます。中国現地の社名を簡体字にしてからお知らせいただくとありがたいです。簡体字への変換については 以下のページをご利用ください。

日本の漢字を簡・繁体字へ変換するサイト
https://www.jcinfo.net/ja/tools/kanji


更新履歴

12/18  シャープ 126名追加(日本企業と言って良いか不明だが、元日本企業ということで・・・)
12/18  NTT 34名追加
12/18  ヤマハ発動機研究開発 13名追加
12/18  リコー 121名 追加
12/18  ニプロ 6名追加
12/18  ナブテスコ 10名追加
12/18  帝人 17名追加

12/19  小糸 145名追加(参考サイト https://www.marklines.com/cn/top500/koito-manufacturing)
314名の可能性もあるが、小糸商務、小糸離退、小糸人事、小糸新工廠等の為除外
12/19  古賀電機 5名追加

12/21  キヤノン 28名追加
12/21  エプソン 4名追加
12/21 京セラ 47名追加
12/21 菱商(三菱商事系) 10名追加

12/22 氏名の一部を公開
12/22 資生堂 31名追加
12/22 コーセー5名追加
12/22 東レ 19名追加
12/22 東洋電装 28名追加
12/22 ブリヂストン 8名追加
12/22 藤倉 66名追加(グループ会社に藤倉航装あり)

12/23 ソニー 5名追加
12/23 いすゞ自動車 6名追加
12/23 スバル 14名追加
12/23 IHIインフラシステム 15名追加
12/23 本田技研 16名追加
12/23 ミネベアミツミ 6名追加
12/23 愛知製鋼 55名追加
12/23 協和発酵 16名追加

12/24 モリタ製作所 1名追加

12/29 TSIホールディングス 5名追加 沿革に「2007年上海東京時装商貿有限公司設立」と記載有

検索してヒットしなかった企業名(五十音順)

艾杰 (IIJ)
艾欧 (アイ・オー・データ)
信响通信 (アイコム – 無線)
旭化成
旭履鞋业 (アサヒコーポレーション – 靴)
麻生
安满能 (アマノ)
安立 (アンリツ)
石播,石川岛 (IHI系)
出光
艾杰旭 (AGC – 旧 旭硝子)
NHK (日本广播协会)
都客梦 (NTTドコモ)
宜丽客 (エレコム)
欧智卡 (大塚商会)
岡本
沖电气
奥林巴斯 (オリンパス)
卡西欧 (カシオ)
加藤
凯迩必 (KYB カヤバ工業)
菊水 (菊水電子工業)
极商,极东 (極東貿易)
可乐丽 (クラレ)
凯讯 (KDDI)
神钢 (神戸製鋼所系)
五洋
南通开发区太阳电子,三昆电子 (サン電子)
山业 (サンワサプライ)
捷太格特 (ジェイテクト)
重松
島津
饰梦乐 (しまむら)
日联海洋,中钢海洋,大立钢製品 (ジャパン マリンユナイテッド)
信越
新明和
住精 (住友精化)
精工 (セイコー) 多くヒットするが日系ではない模様
软银,软件银行 (ソフトバンク)
第一实业 (第一実業)
大賽璐 (ダイセル)
太阳膜结构 (太陽工業)
太阳诱电 (太陽誘電)
武田
多田野 (タダノ)
电溶 (電溶工業) 別会社のDenyoも「电溶」と訳されることも有り
透康 (トーカン)
东装 (トーソー)
东电化 (TDK)
东电电子,东电半导体,东电光电 (東京エレクトロン系)
华桑电子 (東京エレクトロンデバイス系)
东涇 (東京計器)
通伊欧轮胎 (東洋ゴム)
东洋纺 (東洋紡)
东苏克 (トスコ – 繊維製品)
中岛 (中島プロペラ等)
恩佳升 (長野日本無線の子会社)
尼康 (ニコン)
日油
似鳥 (ニトリ)
宝来光学,化药,化耀国际 (日本化薬)
日航
日本工营 (日本工営)
日制钢,日钢 (日本製鋼所) 「日钢」は「日照鋼鉄集団」の可能性があるため排除
结雅希 (日本無線)
白十字
帕索纳 (パソナ)
美禄可,巴法絡,巴比禄 (バッファロー)
不二越,建越,那智,耐锯 (不二越)
富留得客 (ブルドックソース)
丰和 (豊和)
丸红
美多绿 (ミドリ安全) ※「绿安物业」がヒットしたが企業HPに当該社名記載無いため除外
村田
明电舍 (明電舎)
森尾
安田
洋马 (ヤンマー)
日铝全综 (UACJ金属加工)
尤尼吉可 (ユニチカ)
优科豪马 (横浜ゴム)
丽格 (リーガル-靴)
理音科技 (リオン)
理研计器
渡边  (渡辺)

注:「ヒットしない=安心」ではなく、党員2%の中にはいないということです
注2:そもそも中国に現地法人の無いっぽい企業は検索対象外としています(このリストは中国現地にいる党員がメインであるため)


三菱、三井、明治、川崎等大雑把な分け方していないのは、グループ分けが難しいからです。川崎を例に挙げると95名中、川崎重工が70名、川崎汽船が11名、川崎食品が6名、新川崎食品が8名となっており、川崎と言っても軍需関係の川崎重工から食品の川崎食品まで多岐にわたり線引きが難しいからと、この分類に時間を割く事ができないからです。

※リスト内の情報に誤りがあればご連絡ください。 pak.too.iau@gmail.com