石原莞爾閣下の映像及び肉声 貴重映像を更にカラー化

私の趣味で申し訳ないのだが、いつも運用しているYouTubeチャンネルとは別に白黒映像をカラー化するチャンネルを運営している。そこには、様々な白黒映像をカラー化した映像を公開しているのだが、その中でいくつか反響の大きかったものを時々紹介していきたい。

まずは、「戦争の神」と呼ばれた石原莞爾閣下が晩年地元の山形で療養中に行われたインタビューの様子。人によっては、このインタビューは石原閣下の遺言であるとも言われる程、歴史好きにとっては貴重な映像である。その映像をカラー化してみた。

これは昭和23年11月23日に東亜連盟協会代表(当時)であった木村武雄氏と、同 幹部の和田勤氏が石原莞爾氏と対談した様子であり、石原莞爾氏の遺言とも言われている

石原閣下の話す日本語には庄内訛りがあるものの、それが私にとっては非常に魅力的に聞こえる。話はそれてしまうが、方言は年を取れば取るほど魅力的に感じるようになった。

編集 八度妖