本当?経産省主導でソニーと台湾TSMCが半導体合弁構想、熊本に1兆円新工場

今日は日刊工業新聞でtsmcとソニーが合弁で半導体工場を建設するという話がありましたので、取り上げてみたいと思います。ではまずは、記事から。

経済産業省主導によりソニーグループと半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が合弁で熊本県に半導体工場を建設する構想が浮上した。経産省が仲介役となり、関係者の調整を進める。前工程中心で総投資額1兆円以上を見込む。ただ、誘致実現には欧米に見劣りする補助金など支援策の大幅拡充が不可欠。国を挙げた半導体サプライチェーン(供給網)再構築への本気度が問われている。

以下省略

日刊工業新聞 2021年5月27日

 

  はい、ということで、つくばでの研究開発センター構想のニュースが1月に出て以来、約半年ぶりのtsmc日本展開に関する新たなニュースですね。つくばの件では日本政府、特に経産省が助成金900億円捻出か?というようなデマが流れておりましたが、今回も流れるんでしょうかね?

ちなみに半導体専門家の服部毅先生のTweetを見ると

とあるようにこの合弁工場というのも希望が入っているっぽいニュースのようですね。こういう話は陰謀論に利用されやすいので、私は今回の日刊工業新聞のこの記事はまったく参考にするつもりはありません。というのも、このニュースが出た後に台湾最大の新聞社自由時報の記事を読んだら、「tsmcはマーケット関連の噂は論じない」と回答とありましたから。

また、tsmcの公式ウェブサイトの会社紹介、日本語もあります。会社紹介にも海外工場はすべて完全子会社であると書かれておりますし、台湾メディアの報道でも資金的にも技術的にも合弁で行うメリットが無いと述べている所もあるので、今回の日刊工業新聞の記事は参考にはいたしません。

ちなみに私は、1月7日に「TSMC日本新工場設立の可能性は低い」という動画を配信しましたが、これは外れでしたね。言い訳としては、設立したのは工場ではなく、研究センターですので、合っていると言えばあっているのかもしれませんが、私は「tsmcは合弁で海外進出は無い。だから進出する時は政治的な動きがあると思う」と述べていました。研究開発センター設立も完全に自己資金だけで行うため、こういう部分を含めて、予想が外れたということになりますね。

所詮素人の八度妖の予想なんです・・・・ゴメンナサイ

で、今回の「ソニーとの合弁はない」というのは当たるのでしょうかね。半年後位にはたぶん結果が出ていると思います。経産省の考えている事は私にはまったく理解できないのですが、台湾メディアのtsmcに関する記事を読んでいる限りでは、合弁はない、というのが私の予測となります。皆様はこの日刊工業新聞の記事、どうなると思いますでしょうか?

ちなみにtsmcなのですが、皆さんコメントする時にどう書いていますか?
私は以前はTSMCと大文字で書いていたし、今主流メディアも大文字で書いている事が多いですよね。そしてTSMCの公式ウェブサイトにも大文字でTSMCと書いてあるのですが、ロゴを見てみると小文字のtsmcなんですよね。どちらが正しいのか、分かりませんが、私は最近では小文字のtsmcを使うように心がけておりますが、どうしても大文字で書いてしまう事が多いんですよね。

では、なぜ小文字で書こうとすることを心掛けるようになったのか?というと、TSMC は Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyの頭文字で、「T」は台湾を意味するものであるのですが、小文字のt は「頭一つ抜きんでる」という意味が込められていると言われております。確かに、大文字のTだと「頭一つ抜きんでている」状態ではないですよね。なるほど、という噂ですね。ちなみにtsmcの外向けの文章はすべて大文字で記載されておりますが、こういう噂がある為なのか分かりませんが、社内文章では小文字のtsmcを使う社員もいるようです。


あと、台湾最大の電子掲示板PTTでは、面白い書き込みがありました。

なるほど、だからhTCは抜きんでることが出来ないんだ

最近のhTCの株価を見ると小文字のhのように下落が続いているんだね

台湾を良くしたいならTAIWANではなくtAIWANにした方がいいかも

というものがありました。まぁ、ただこれまで述べたのは公式見解ではなくてあくまでも噂レベルの話ですので、話のネタ程度にしておいてください。

ところで、企業名という点で、台湾のPCメーカーASUS(エイスース)が2012年に正式に「エイスースだ」と言及しましたよね。
それまではアスース、エイサス、エイスース、アサス、エーサスなど様々な呼び方があり、2012年よりも前は、皆さんの呼びやすい呼び方でどうぞ、というスタンスでしたが、決着がついたようですね。ちなみに私は台湾本社で働いている社員も一般の台湾人もアスースと呼んでいるので、私もアスースと呼んでおります。ただ、殆どの場合はASUSという英語読みではなく、中国語で「華碩」と呼んでおりますが・・・・・

名前ってこだわる人はこだわるし、無頓着な人はまったく無頓着なんですよね。私は自分の名前を間違えられること、まったく気にしないんですが、間違えると怒る人って結構いますよね。

おい、児嶋だよ!

みたいに(笑)
そういう人がいるし、ビジネスにおいてはそういう所で人のなりを見る人もいるみたいなので、なるべく他人の名前は気をつけて書いたり呼んだりするようにしています。
例えば、キヤノンやキユーピー、そしてYouTubeもYとTが大文字だったりしますからね。


2021年5月27日 編集(八度妖怪)